料理家の先生がつづるお料理ブログ
料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

吉田 由子先生 2017/03/24

お酢のススメ

こんにちは!
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

春は、別れや出会いの季節
4月から新生活をはじめるという方も多くいらっしゃることでしょう。
周囲の環境が大きく変わる忙しいときは、疲れやストレスが溜まっていても見過ごしてしまいがちです…

そこで今回は、疲労回復を助けてくれる調味料「お酢」についてご紹介します。
 


「酢」には、原料をアルコール発酵させたあと、酢酸発酵させた「醸造酢」と、化学的に合成した酢酸に水や調味料を加えた「合成酢」があります。
食糧難の時代に合成酢は生み出されましたが、物が豊かになった現在流通しているのは、ほとんどが醸造酢です。

醸造酢は、原料の違いで穀物酢果実酢に分けられます。
穀物酢の中でも、米酢には有機酸は70種以上、アミノ酸は15種以上含まれており、健康になる効果や旨み成分の高さは、米酢がダントツです。

お酢を摂ることで得られる健康効果のひとつに、「疲労回復」があります。
疲労を感じるのは、体内の筋肉や肝臓に貯蔵されたグリコーゲンというエネルギー物質が、運動などで消費されて不足するためと言われています。

お酢の主成分である酢酸を摂ると、体内でグリコーゲンの生成を促進し、疲労回復のお手伝いをしてくれるのですenlightened
そして、お酢に含まれる酢酸やその他の有機酸のほとんどが体内でクエン酸に変化しますbroken heart

クエン酸は、胃酸の働きを助けて食欲を増進させ、たんぱく質の消化を助けてくれます。
また、血行を良くして代謝を活発にする働きや、カルシウムの吸収を助ける働きも期待でき、健康に良いことがたくさんあります

しかし、大量のお酢を一度に摂取するのは逆効果です
毎日大さじ1杯程度のお酢を摂ると良いでしょう

お酢は調味料としてだけでなく、料理をする上でも様々な効用があります。
例えば、殺菌・防腐効果で料理の保存性を高めたり、魚の生臭さを取ったり、硬い肉をやわらかくしたり、野菜の変色を防いでアクを取ったりと数え切れない程です。

穀物酢は和食に、果実酢はサラダやピクルス、煮込み料理に、バルサミコ酢はソースなどの風味付けにと、様々な調理法で食卓に取り入れてみて下さいね


今回は、手軽に野菜が摂れる作り置きおかず「春野菜のピクルス」をご紹介します。
春の味覚をあれこれピクルスにして頂くと、また違った味わいを楽しめます。
特にタケノコがオススメです
ぜひお試し下さいね



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で春野菜のピクルスのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは!料理家のひろろこと竹内ひろみです。

2月はバレンタインデー、3月はホワイトデーがあり、プレゼント用にお菓子を手作りした方もいらっしゃると思いますが、プレゼントする手作りお菓子の定番と言えば、カップケーキやマフィンなど小分けに包装しやすい焼き菓子ではないでしょうか。
レシピも、材料を混ぜて型(カップやマフィン型)に流して焼くだけの簡単な物が多く、初心者でも失敗せずにお菓子作りが楽しめます!

そんなお菓子作りに活躍するマフィン型は、ちょっと目線を変えると、実はお菓子作り以外にも使える便利な調理道具なのですyes

 


例えば、パイ生地を敷いて煮詰めたリンゴを入れ、格子状にパイ生地を乗せればアップルパイが作れますし、卵液を流して作るキッシュなどのお料理にも使えます

オーブン料理以外では、ゼリーを冷やし固め、ラップを敷いて型抜きご飯を作ったりしても良いですね
我が家では、型抜きご飯の上に卵そぼろや型抜き野菜を乗せてオリジナルの彩りご飯を作って楽しんでいます

マフィン型は家にある物で構いませんが、私は通常サイズの物よりも、小さいサイズのマフィンが作れるミニマフィン型をよく使います。
一口サイズのマフィンができるので、ちょっとした手土産やおもてなし料理を作るときに便利ですよ。
子供たちもお菓子を作るときに作りやすいサイズのようで、よくこのミニマフィン型を使っています

普段使う頻度が少ない調理道具は戸棚の奥に入れてしまい、しまったままになっていませんか?
今回ご紹介したマフィン型のように、便利に使える調理器具が戸棚の奥に眠っているかもしれません
broken heart
これを機会に収納を見直して、調理道具のしまい方もひと工夫すると良いですね


さて、今回は、便利なマフィン型を使って作る「ケークサレ」をご紹介します。

 


炒め野菜に生地を合わせ、オーブンで焼く甘くないケーキです。
パーティなど、皆が集まったときのフィンガーフードにぴったり
一口サイズで食べやすく、野菜が摂れるので、お子様のおやつにもおすすめですよ
作ってみて下さいね

 

レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でケークサレのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは、料理家の野上優佳子です

この時期にしか味わえない春の山菜が店頭に並んでいます
あれもこれもと目移りしますが、まずはフキノトウを使った甘味噌作りが我が家では毎年の恒例

ご飯のお供や、おにぎりの具、お酒のつまみにも合うおいしいおかず味噌。
私が生まれた東北地方では、フキノトウを「ばっけ」や「ばんけ」と呼び、この料理は「ばっけ味噌」という名前で親しまれています。

まだ肌寒いながらも春の気配が感じられる初春に、ふと道端などにフキノトウを見つけると、春はそこまで来ているんだなぁと実感します

春の訪れを知らせてくれるばっけ味噌、作り方はとても簡単
フキノトウを刻んで炒め、みりん・砂糖・味噌と一緒に練り上げます。
フキノトウはアクが強いため、フキノトウ独特の風味がお好きな方はそのまま、抑えめにしたい方は下ゆでしたり、水に浸けたりしてアクを抜いてから炒めると良いでしょうenlightened

津軽の味噌は米麹を使った米味噌で、色が濃い目で塩分が少し高い中辛味噌。
フキノトウと味噌の割合、味噌の種類、砂糖の加減、そしてアクの抜き加減、それぞれの家庭でお好みの配合があり、ばっけ味噌の味は違います。
たまに道の駅などで市販されている物を買うと、自分が普段作っているばっけ味噌とは味が違って、ちょっと驚くこともあります


ちなみに、この甘辛味のおかず味噌は、フキノトウに限らず、みょうがや大葉、青唐辛子などの薬味野菜がたくさん手に入ったときによく作ります。
一度作ってみて、自分好みの味噌と甘さの加減を知っておくと、ジャムのように様々なバリエーションが楽しめますので、ぜひ試してみて下さい

という訳で、今回は「ばっけ味噌」のレシピをご紹介します
アクの抜き加減、味噌や甘さの加減は、お好みに合わせて調整してみて下さいねyes
春らなではの味覚をぜひお試し下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でばっけ味噌のレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

ここ数年、仕事で韓国へ行く際に、現地で少しでも時間があれば市場や繁華街にある屋台を見て回ります
中でも食べ物の屋台は、伝統的な物やその地域に根付いたおなじみの物、目新しい物など様々で、見ているだけでも十分に楽しめますbroken heart

韓国では日常に溶け込んでいる屋台料理。
日本では、東京の新大久保にあるコリアンタウンで韓国系の屋台料理が食べられます。

先日、久しぶりに新大久保のコリアンタウンを訪れました。
一時期は訪れる人が減って閑散としていましたが、このときはブームの再来かと思う程、多くの人で賑わっていました

韓国で有名な屋台料理に、「ホットク」という日本のおやきに似た物があります。
韓国でオリジナルのホットクは、小麦粉ともち粉を練った生地で黒砂糖とシナモンパウダーのあんを包み、油たっぷりの鉄板で押し焼いた物。

韓国では、定番の甘いホットクから、チャプチェを入れたお惣菜ホットク、アイスクリームを挟んだ変り種ホットクまで種類が豊富にありますyes

日本で食べられるホットクも、様々に日本スタイルの物が登場して、あんのバリエーションが広がっています。
つい数年前までのあんは、ハチミツ、あんこ、チーズ、キムチが主流。
最近は、リンゴやイチゴなどのフルーツや、釜山(プサン)で名物のナッツ、チョコバナナ、あんこチーズといったあんのホットクが増えていました。

店員さんオススメのイチゴ入りを食べてみたところ、イチゴの程良い甘酸っぱさと、加熱されてとろみの付いた食感が絶妙
かつて日本で一世を風靡(ふうび)した、イチゴ大福をはじめて口にしたときと同じような新鮮な感動がありました


また韓国で代表的な屋台料理に、「オデン」があります。
オデンは日本の「おでん」がもとの言葉で、韓国では料理名ではなく「練り物」を指す言葉です。
現地では、油揚げのような板状のオデンを串に刺して、だし汁で煮込みます。
オデンからも魚介の味が染み出て、煮込み汁も本当においしいです

新大久保には「赤いオデン」という名の、ピリ辛味の物がありました。
赤いオデンは初体験でしたが、辛さだけでなく小エビのだしが利いておいしく、体の中から温まるのが最高でした。
特にスープがおいしくて、お代わりした程です

その他にも、トッポギ、チヂミ、唐揚げ、揚げ餃子など。
久しぶりの屋台めぐりはとても楽しかったです

それでは今回は、韓国での王道屋台料理のひとつ「ケランパン(卵パン)」をご紹介します。
ちょっと甘めの生地と丸々1個の卵がドッキングしたパンで、できたてアツアツの物を頬張ばるのがたまりません!
ホットケーキミックスを使って、簡単に作れるようアレンジしました。
魅惑の韓国屋台料理を、ぜひ一度お試し下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でケランパン(卵パン)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

前へ メインページへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。