料理家の先生がつづるお料理ブログ
料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

こんにちは!
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

最近、健康に良い食材として「発酵食品」が見直されていますね
発酵食品とは、微生物などを利用して食材を発酵させた加工食品で、代表的な物にしょうゆ・味噌・納豆・漬物・チーズ・ヨーグルトなどがあります。

発酵食品には、腸内環境を整える働きがあるため、便秘解消や免疫力を高める効果が期待されているのです。
その中でも、最近注目が高まっている「酒粕」「甘酒」についてご紹介します。


mail「酒粕」は、日本酒を製造する過程で「もろみ」を搾ってお酒を抽出したあとに残る白色の固形物です。
酒粕100g中に、約15gのたんぱく質、約5gの不溶性食物繊維、ビタミンB1・B2・B6、パントテン酸などを含み、健康や美容に良い効果があることが分かってきました

たんぱく質は、「レジスタントプロテイン」という消化されにくいたんぱく質で、脂質を吸着して体外に排出する働きがあり、コレステロール値低下や肥満予防などの効果が期待できます。
不溶性食物繊維は便秘の解消にとても効果があり、ビタミン類やパントテン酸は皮膚や爪、髪の細胞などの成長や再生を助けたり、老化を防止する物質の合成を促進したりといった美容効果もあるとされています。


mail「甘酒」は、大きく分けて2種類に分かれます。
酒粕を使って作る物と、米に麹菌を加えて発酵させて作る物です。


酒粕を使って作る甘酒は、酒粕に含まれる栄養素が摂れますが、甘酒と言う割には甘味が乏しく、砂糖などを足して味を調える必要があるため、カロリーの高い物が多いです
酒粕は酒造の工程でできる物なので、もちろんアルコール成分が残っています。
車を運転する方や妊娠中の方、お子様などお酒を飲めない方は控えましょう。


米に麹菌を加えて発酵させて作る甘酒は、ブドウ糖やビタミン類、アミノ酸などの体に必要な栄養素を多く含んでいます。
最近「飲む点滴」と称されて話題になっている甘酒は、こちらの米麹の甘酒です。
夏バテ防止に飲まれていたという古来の作り方と同じで、発酵の段階で自然と甘さが出るため、砂糖は不使用でカロリーも控え目です。
アルコール成分は含まないので、どなたでも飲むことができます

甘酒は市販品が増え、朝食に飲むなど摂る機会が増えているようですが、酒粕は、料理に利用すると言ってももっぱら粕汁にしか使わないというご家庭が多いようです
甘酒も酒粕も栄養価が高く、スーパーなどで1年中手に入りますので、ぜひ様々な調理法で食卓に取り入れてみて下さいね

それでは今回は、酒粕を使ったレシピ「酒粕トースト」をご紹介します。
酒粕をおいしく食べる調理法のひとつです。
カリッとするまで焼けば、アルコール成分は飛ぶのでご安心を。
朝食やおやつ、おつまみにもオススメですよ
ぜひお試し下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で酒粕トーストのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちはyes料理家のひろろこと竹内ひろみです。

料理を作るとき、皆さんはどんなことを考えながら作っていますか

栄養や食べ合わせ、おいしくなる調理方法を考えて作ることはもちろん大切ですが、料理をする上で、一番大切なことは「どんな気持ちで料理をするか」ではないでしょうか

私は、子供たちといつも、食材を生産している方や、自然の恵み、作った料理を食べてくれる人に「ありがとう」の気持ちを持って、楽しく料理をしようねと伝えています。

なんだかイライラして適当に作ったときの出来栄えや味は、相手のことを考えて心を込めて作ったときのお料理と比べてやはり、何かが違うと思います

相手のことを考えて、心を込めて作ったときの料理はでき栄えも良く、味もおいしくなるはずです

だから私は、お料理をする前に一呼吸おき、「ありがとうと色々なことに感謝して調理をスタートするようにしています。
そうすると、バタバタとせわしく料理を始めるよりも、落ち着いて手際良く、そして楽しく料理を仕上げることができるのです

とは言え、気持ちだけで料理がおいしくなれば良いのですが、ある程度の調理技術がないとおいしい料理はできないのが現状ですね。

料理をおいしく仕上げるコツは、手間をかけるところと手を抜くところのメリハリを付けること、そして調理手順です。

 


例えば、レタスのサラダを作るとき、レタスを洗って、手でちぎって作ることが多いと思います。
ちぎる大きさはそれ程きっちりそろえなくてもですが、レタスの水分を切っておかないと、せっかくのサラダが水っぽくなってしまいます。
洗ったときの水分は水切りボウルなどを使い、しっかり切っておくとレタスのパリッとした食感が楽しめますよ

また、野菜スープを作るとき、香味野菜は良い香りがするまでしっかり炒めると、味にコクが出てでき上がりの料理がぐっとおいしくなります
enlightenedカレーやシチューなどの料理を作るときに野菜を炒めるのも同じような効果があり、野菜をしっかり炒めることで野菜の風味とコクが出るので、よりおいしく仕上がります。

料理によって手間をかけるポイントが違うので、皆さんも、こんな風にしたら「おいしくできたyes「時短になったyesなどを発見しながら、料理を楽しんで下さいね


今回は「野菜シュウマイ」をご紹介します。鶏ひき肉にたっぷりと野菜を混ぜ込んだヘルシーな一品です。ニンジンにひと手間加えることで、よりお肉にニンジンの味がなじみます。
おいしさがアップするので、ぜひチャレンジして下さいね


 

レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で野菜シュウマイのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

私が初めて韓国を訪れたのは1991年。
海外旅行が趣味だったので、韓国は数ある旅先のひとつでした。

韓国で食事をしたときに、「肉と海鮮を組み合わせた料理」が豊富にあり、韓国独自の料理や味付けに興味を引かれ、これは和食にはないと気付きましたenlightened

初めて牛肉とタコの入った辛味のあるスープを口にしたとき、意外に合うものだと小さな感動を覚えたのもこの時
日本料理の中では、コレyesといった肉と海鮮を組み合わせた料理が思い浮かびません。


韓国で肉と海鮮を一緒に使う料理はそれ程歴史が深くなく、朝鮮時代後期からのようですmail
しかし、朝鮮時代の末期1800年代後半に編纂された料理本「是議全書(シイジョンソ)」に、肉と海鮮を組み合わせた宮廷料理「悦口子湯(ヨルクジャタン)」の記述があります。
悦口子湯は、現在でも宮廷料理として親しまれている神仙炉(シンソンロ)に当たる物です。


神仙炉はとても手間がかかる宮廷の鍋料理。
私が韓国で習った作り方をご紹介しますと、まず牛肉から丁寧にスープを取ります。
具にはスープを取ったゆで肉をスライスした物、小さな肉団子、白身魚や芹などの野菜で作るジョン(チヂミ)、薄皮を丁寧に取り除いたクルミやぎんなんなどが入ります。

是議全書の再現本によると、当時はさらに豪華な食材を使っていたようです。
肉類は牛肉に加えて、豚肉キジ肉と三つの内臓。
そして、海鮮はナマコやあわびも入っていました。
様々な食材が組み合わされ、複雑な味わいの鍋だと想像できますね。


その他の肉と海鮮を組み合わせた料理と言えば、韓国の南部に伝わる「三合(サマプ)」です。
三合は、発酵させたエイ、ゆで豚、熟成キムチを組み合わせた料理です。

発酵させたエイは貴重な食材で、南部地方ではお祝いの席で食べる風習があるのですが、これが鼻をつまみたくなるくらい独特な臭いを放っていて、韓国人でも苦手とする人がいる程です
もとは発酵させたエイだけを食べていましたが、肉とキムチの旨味が組み合わさることで相乗効果を生み、意外においしく食べられます。

肉と海鮮を組み合わせたことにより、料理の幅が広がって食べやすい料理になったのです。
料理の歴史を紐解いていくと、現在の形に変化した理由を知ることができて、面白いですね。

さて、本日のレシピは「イカとサムギョプサルのピリ辛炒め」です。
肉(豚肉)と海鮮(イカ)を組み合わせたスタンダードな一品。
肉と海鮮、辛さ、それぞれの旨味が組み合わさった相乗効果の味わいをぜひお試し下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でイカとサムギョプサルのピリ辛炒めのレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは、料理家の野上優佳子です。

先日、興味深い映画を観ました。
「0円キッチン」というオーストリアの映画で、テーマはフードロス(食料廃棄)。
監督でもあるDavid(ダーヴィド)さんが「食料救出人」として、ゴミ箱を改良した携帯型キッチンを、廃油で走る車に積んで、ヨーロッパ5ヵ国を回るロードムービーです。

期間は5週間、廃棄された食料だけを食べて旅をします。
大きなスーパーマーケットのゴミ箱(Davidさんにはゴミ箱ダイバーという異名もあります)からは、食べられるけれど賞味期限切れで捨てられた食材や調味料、ちょっと傷んだ野菜や果物がたくさん見つかります

一般の家庭を回って、冷蔵庫の中から「もういらない」と持ち主が思っている物をもらうシーンも。
農家の畑には、規格外で販売できない野菜
雑木林の中にある外来種の雑草
街路樹に実った収穫されない果物
漁港に水揚げされた、売り物にできない魚

食料救出人が、様々な場所で食べられるのに捨てられる運命を背負ってしまった食料を救い出し、その食材を使ってパーティーを開いたり、保存食を作ったりして物語は進みます

彼が訪れる各地には、同じようにフードロスに取り組んでいる人がいて、その人たちと出会い、一緒に料理をしたり食事をしたりして意見を交わします。
多くの人とのかかわりの中で、Davidさんは逆に課題を投げかけられ、はっとする場面も。

この映画が素晴らしいと感じたのは、観ていてとにかく「面白い」こと
フードロスという課題をエンターテインメントに仕上げることで、小難しさや堅苦しさを感じさせないところがすごく良かったです。


世界中で、生産される食料の3分の1が食べられずに廃棄されていると言われています。
フードロスは、世界が抱えるとても大きな課題であるとともに、とても身近な問題でもあります

例えば冷蔵庫を開けたとき、ずっと使わずに見て見ないふりをしている物があったとしたら、それを食べきるだけで、フードロスを解決するはじめの一歩になるのでは。
小さなことでも、何かアクションを起こすことで、問題解決の糸口が見える気がします

映画を観たあと、自宅の冷蔵庫にある食材を確認してみたら、使いかけのコチュジャンの瓶を見つけました。
賞味期限まで残りわずか
今までだったら、そのまま放っておいて、数ヵ月後に「あーあ、期限が切れちゃった」と何も思わず捨てていたかも知れません

これは間違いなく、フードロスをなくすはじめの一歩yes
という訳で、今回はこのコチュジャンを使った常備菜「ツナとダイコンのコチュジャン煮」をご紹介します。
缶詰のツナとダイコンを一緒に煮れば、おいしいピリ辛料理の完成です。
煮汁がなくなるまで煮詰めるので、お弁当のおかずにもおすすめですよ
ぜひお試しを。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でツナとダイコンのコチュジャン煮のレシピをチェック!

野上 優佳子先生

前へ メインページへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。