料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

カテゴリ別:調理方法

こんにちは。野菜と豆腐の料理家、江戸野陽子です。

本格的な暑さの到来ですね
こう暑いと、火を使う料理をしたくないyes 食欲もない……。食べることさえ億劫と、食事をおろそかにしてしまいがちです。

しかし、そんな状態が続くと夏バテしてしまいます
暑いときこそ、しっかり食べて体力を付け、暑さに負けない体作りをしなくては

暑さが厳しい季節は、むせ返るような暑さと眩しい日差しが降り注ぐ、沖縄の料理が参考になります
中でも、手早く作れて栄養満点な「チャンプルー」がおすすめです

チャンプルーは、豆腐と野菜を中心に色々な食材を混ぜ合わせて炒める、沖縄料理の総称。
手早く強火で炒め、最後に卵でとじるのが一般的で、有名どころと言えば、ゴーヤチャンプルーですね。

他にも、もやしチャンプルー、タマナー(キャベツ)チャンプルー、豆腐チャンプルー、ソーミン(そうめん)チャンプルーなどがあります。
どれも地元の食堂のメニューや、家庭料理としておなじみです

ちなみに、「チャンプルー」と言う言葉は、沖縄の文化を指す言葉でもあるそうです。

琉球王国時代に、中国や日本、朝鮮、東南アジア諸国との交易を通じて、多種多様な文化が融合し、独自の文化へと発展したことを指して「チャンプルー文化」と言われます。

沖縄独特の文化は食だけでなく、焼き物などの工芸品、民謡とロックやレゲエなどが交じり合った音楽など、様々な物に受け継がれていますね

さて、料理のチャンプルーに欠かせないのは沖縄豆腐です。
沖縄豆腐は島豆腐とも呼ばれ、一般的な豆腐よりも、ずっしりと重みがあって固く、ほんのりとした塩気があるのが大きな特徴。

豆腐ひとつの大きさは、500〜1,000gと大きく、その大きさに驚くのではないでしょうかbroken heart
スーパーなど店頭に並ぶ物は、作り立てで温かい物が袋に入れられただけの状態で販売されるのも、沖縄豆腐ならでは。

しっかりした食感の沖縄豆腐は、調理する前に水切りする必要がなく、切ったりちぎったりしても形が崩れる程やわらかくないため、そのまま炒めるのに向いていますenlightened

沖縄豆腐はでき立ての状態で販売しているため、地元以外では手に入りにくいものの、物産展などで、真空パック詰めの物ならお目にかかれるかも知れません。


代用するなら、「堅豆腐」と呼ばれる木綿豆腐より固い豆腐や、塩で水分を出すことによって豆腐が凝縮すると言う「塩豆腐」、あるいは重石をしてしっかりと水気を切った木綿豆腐を使うと良いでしょう

さて今回は、沖縄の家庭料理では定番の「もやしチャンプルー」をご紹介します。

野菜と豆腐とお肉をざっと炒め合わせるだけの簡単レシピ
木綿豆腐はしっかり水切りして、炒めても崩れにくい下処理をして下さいね。
ぜひお試しを



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でもやしチャンプルーのレシピをチェック!

江戸野 陽子先生

こんにちは!料理家のひろろこと竹内ひろみです。

先日、手土産に自家製のパンを頂きました。
ほのかに甘く、外はカリッと中はふわふわの食感で本当においしかったです
焼きたてのパンのおいしさって格別ですね

お店で焼きたてのパンを購入するのも良いですが、お家で手作りするのもおすすめです
自分好みにアレンジでき、焼きあがってすぐのおいしさを味わえるので、我が家では、常食するパンは大体お家で作っていますyes


パン作りは、時間も手間もかかると思われがちですが、パン焼き器を活用すると、それ程苦にならずにお好みのパンを作ることができますよ
パン焼き器をお持ちの方は、ぜひ活用しましょう

パン作りで一番大変なのが、時間と力を使う生地をこねる作業。
この工程をパン焼き器の「生地作りモード」で、1次発酵まで仕上げます。

そのあとは、生地を丸めてベンチタイム(休ませる)、成型して2次発酵させ、オーブンで焼き上げて完成

全部で2時間位かかるのですが、付きっ切りの作業時間は少ないため、他の作業と並行して作れるのも簡単パン作りの魅力。
私は、夕食の後片付けをしながら、翌日の朝に食べるパンを作ることが多いです

すべての工程をパン焼き器にお任せしたパンとは、一味違うおいしさなのですyes

パン作りは、基本の配合を覚えて応用し、材料を色々替えてオリジナルのパンを作れるようになると楽しさが広がります

★基本の配合★
粉類を100%として、塩1%・イースト2%・砂糖10%・油脂10%・水分65%。

また、生地の成型のときに、ナイフ(クープ)で切り込みを入れて、マヨネーズを乗せたり、マヨネーズ+粒マスタード・カレー粉・コーン・ハムなど、少々アレンジした物を乗せたりして焼き上げると、惣菜パンになります

私の家族は、ちょっと味の付いたパンが好きなので、パン生地は基本のシンプルな物にし、トッピングを色々と変えたパンを作っています。
皆さんも色々試して、お好みのパンを作ってみて下さいね

さて今回は、「サケとグリル野菜のサンドイッチ」をご紹介します。
粉チーズを加えた衣を付けてカリッと焼いたサケと、グリルした野菜をたっぷり挟んだ食べ応えのある一品。

パンは丸パンの他、バゲットなどお好みの物にしてもおいしいですよ。
ぜひ、お試し下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でサケとグリル野菜のサンドイッチのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは。野菜と豆腐の料理家、江戸野陽子です。

「冷奴(ひややっこ)」と聞くと、冷たい豆腐にネギやショウガなどの薬味を乗せて、しょうゆをかけただけのシンプルレシピというイメージが先行しませんか?

冷奴は「調理が簡単」、「暑い季節に食べやすい」など良いイメージもありますが、「味が単調で飽きやすい」、「好き好んで食べない」など、マイナスのイメージを持つ方もいらっしゃることでしょう

しかしそんなイメージを持つのはもったいない!
冷奴は、工夫次第で主菜にも副菜にもなる一品。淡白な豆腐の味わいを活かして、和洋中どんなジャンルにもアレンジできるのですyes

薬味や調味料を乗せただけの簡単な物から、調理した肉などを乗せたボリュームたっぷりの物までアレンジは様々。
乗せる物には、ドレッシングやたれなど、やわらかい豆腐になじみやすい調味料が和えてあると良いですね

そして豆腐は、その味に合いそうな種類を選ぶのがポイント
例えば、刻んだトマトをしょうゆで和えた物を乗せるなら、プルンとした食感の豆腐が相性抜群です
トマトのフルーティーな酸味と旨みが加わって、さっぱりと頂けます。

また、白ネギとゴマ油、塩を和えれば、中華風の一品に。
こちらはしっかりとした食感の木綿豆腐に合わせたくなる味です


このように、味付けと豆腐の組み合わせを変えることで、飽きることなく楽しめる料理だと思っています

その他、盛り付けを変えて見映え良くしたり、切り方を変えて食感に変化を付けたりと、同じ材料で作っても違う料理のようにできるのも冷奴の魅力です

四角い豆腐の形を活かしたり、スプーンですくって盛り付けたり、細かく切ってみたり、冷奴は本当に奥が深いので、色々試して新しい味わいを楽しんで頂けたらと思います

さて今回は、炒めた豚肉と生野菜を乗せた「ごちそう冷奴」をご紹介します。
お酢でさっぱりと味付けた豚肉、シャキシャキ野菜、クリーミーな豆腐が合わさって、実にヘルシー!お箸が止まらないおいしさです

レシピでは絹ごし豆腐を使いましたが、お好みでしっかり食感の木綿豆腐を使っても、違うおいしさを楽しめます。
ぜひお試し下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でごちそう冷奴のレシピをチェック!

江戸野 陽子先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

先日、韓国旅行中に書店へ立ち寄ったところ、和食のレシピ本が何冊か平積みになっていました

日本旅行を楽しむ韓国人が増えたことで、日本に対する興味や理解が深まり、韓国の様々な場所で、日本文化が浸透しているのを感じます

一昔前まで、韓国のお弁当と言えば「のり巻き(キムパプ)」が主流でした。
冷めたご飯を食べる習慣が少ない中、のり巻きだけは例外だったのです。
手に持って食べやすいことや、ご飯と具材のバランスが良いことなど、お弁当の一品として愛されてきました


のり巻きの他にも、韓国のりをちぎってご飯に混ぜ込み、片手で握った「チュモクパプ」と呼ばれる、小さいフットボール状のおにぎりや、日本のおにぎりによく似た「三角キムパプ」といったおにぎりもありますが、のり巻きに比べると、チュモクパプや三角キムパプをお弁当にすることは、本当に少なかったのです

しかしここ数年、日本でSNS映えするお弁当が流行している影響を受け、韓国のお弁当文化も、著しい変化が見られるようになりました。

バラエティー豊かな具材を組み合わせたおにぎりや、キャラクターを象ったおにぎりなど。それに伴って、お弁当作りの本が増えたのですyes

2年程前からは、日本のおにぎらず(のりにご飯と好みの具を乗せ、のりの四隅を内側に折りたたむことで、握らずに成形する四角いおにぎり)が注目され、キムチ、プルコギ、ツナ、卵焼きなど、韓国ならではの具を挟んでアレンジされています。
その中でも、多く使われているのはスパムでしょうか。

韓国では、米軍が常駐するようになってから、スパムを使ったメニューが増え、スパム入りでボリュームのある「部隊チゲ」という料理は、ここから生まれました。
スパムは、普段の料理にもよく使われる食材なので、おにぎらずの具になるのも納得ですenlightened

また今年に入って、韓国屈指のリゾート地・済州島(チェジュド)で流行しているのが、円形のご飯の上に焼いたアワビを乗せた物。
サンドイッチのように作ったキムパプとともに、観光客に大人気です

韓国在住の友だちの言葉を借りると、「韓国のお弁当文化が段々と日本に近づいていて、面白みがない」そうですが、両国がお互いの長所を取り入れて、新たな食文化を築くのは良いことだと私は思います

さて今回のレシピは、「スパムのおにぎらず」をご紹介します。
ゴマ油と塩で味付けしたご飯を使うのが韓国風。
日本のおにぎらずとは、ひと味違うおいしさを楽しんで下さいね



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でスパムのおにぎらずのレシピをチェック!

本田 朋美先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。