料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

カテゴリ別:菓子・おやつ

こんにちは。野菜と豆腐の料理家、江戸野陽子です。

今月は、岡山県では通算4回目となる「豆腐マイスター認定講座」が開催される予定です

岡山会場の講座は、初回からずっと私が料理講師として登壇しており、毎年、豆腐マイスターの誕生に立ち会えることがとてもうれしいです
この調子で、豆腐仲間が増えてくれたら良いなと思っています

料理講座で紹介するために、豆腐を使ったスイーツを考えているのですが、これがなかなか難しく、毎回頭を悩ませています

どうしたら豆腐だけで、おいしいスイーツが作れるものかと考え続け、もはや豆腐料理を作る上でのテーマのひとつです。


豆腐のスイーツは色々ありますが、共通して求められているのは、「お腹いっぱい食べてもヘルシーで低カロリー」ということと、「豆腐っぽさがあまり感じられないこと」ではないかと思っています

個人的な意見ではありますが、豆腐は大豆特有のクセや後味があるので、スイーツにしたときに豆腐の味が強すぎると、変わった味付けの豆腐を食べているように感じて、興ざめしてしまうことがあります

低カロリーにするのなら、生クリームやクリームチーズなどの脂肪分を加えるのは気が引けますし、甘味料も、砂糖を使うよりは甘酒やメープルシロップなどの自然甘味料が良いかもしれないと試した結果、甘さが足りず、物足りない仕上がりになることも

それなら、糖質0のエリスリトールを使おう!とも思うのですが、コストが高くなってしまい、気軽に作るスイーツにはもったいない……。

そんなことをグルグルと考えていたら、制限だらけで窮屈だなぁと思うようになり、最近は割り切ることにしました。

そう、スイーツは甘くておいしいのが一番yes
スイーツであることを大事にしよう!と決めて、色々と試作している今日この頃です

そこで今回は、豆腐だけで作ることにこだわった「豆腐のレアチーズ風ムース」をご紹介します。

使う豆腐は、絹ごしか充てん豆腐なら、どんな豆腐でもOK。
コンビニエンスストアで手に入る、お手ごろ価格の豆腐でもおいしく作れますよ

気になる豆腐の味は、少し加えるハチミツで和らぎます。
十分に水切りした豆腐を、ミキサーでしっかり撹拌して、他の材料と混ぜ合わせて下さいね。


ムースの甘さは控えめにしてヘルシーに、フルーツソースを添えることで、甘さと味わいをプラス
レシピではマンゴーソースですが、ブルーベリージャムなど市販のジャムを少量の水で溶いた物をかけてもおいしいです。

ぜひ作ってみて下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で豆腐のレアチーズ風ムースのレシピをチェック!

江戸野 陽子先生

こんにちは。野菜と豆腐の料理家、江戸野陽子です。

6月に入って、じめじめとした蒸し暑い日が増えてきましたね
汗ばむような季節になると、作りたくなる物が2つあります

ひとつは、収穫したての梅を加工した「梅干しと梅ジュース」。余裕があれば梅ジャムも。
私が住んでいる地域は、梅がたくさん採れるので、できる限り地元産の梅を仕込んでいます

そしてもうひとつはパン」です


私のパン作りに対する意欲には波があり、ここ2年程はその波が引いていましたが、今年4月頃からパン熱が再燃

春はまだ気温が低く、パン生地をこねたら、オーブンの発酵機能を使わなければ生地は膨らみません

しかし、夏も間近になってくると話は別
暖かい室内の温度で、パン生地の発酵が可能なのですyes

イースト入りのパン生地は、どうせなら自然な温度で発酵させ(育て)たいと思っています。(私だけかも知れませんが…

そんな訳で、パン作りの波に乗り、最近はもっぱら生おから入りのパンを作っています

生おからは、大豆から豆乳を搾ったあとに残る大豆の搾りかす。
たんぱく質・食物繊維・ビタミン類・イソフラボンなど、大豆特有の栄養素を豊富に含んでいます

生おからを入れることで、カロリーは抑えられてヘルシーなのに、もっちり・どっしりとした、食べ応えのあるパンに仕上がりますよ

そこで今回は、「生おからパン」基本の丸パンのレシピをご紹介しますenlightened

作るときのポイントは、生おからをほぐして、強力粉としっかり混ぜ合わせること

生おからは水分を含み、一部固まっていることがあるため、しっかりほぐして、パン生地にムラができないように気を付けます。

丸パン作りに慣れたら、具材を足したり、形を変えたりして、自分好みにアレンジして楽しんで頂けたらと思います。
ぜひ作ってみて下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で生おからパンのレシピをチェック!

江戸野 陽子先生

こんにちは。野菜と豆腐の料理家、江戸野陽子です。

最近話題になっている「糖質制限ダイエット」をご存知でしょうか?
テレビやインターネットなど、様々なメディアで取り上げられていますよね。

もともとは糖尿病の方のために考案された食事療法のひとつで、その名の通り、「糖質の摂取量」を制限します。
うまく取り入れれば、ダイエット効果が期待できるということで、注目度が高まっているようです

糖質制限の一環で、「お米の代わりに豆腐を食べています」といった声を聞くことがあり、「へぇ、お米の代わりに豆腐か。それなら、おからを使った焼き菓子(小麦粉・砂糖入り)でも低糖質になるのかな?」なんて思っていたのですが……。
それが、全然違いました


豆腐やおからが低糖質食品であるのに対し、小麦粉や砂糖は高糖質食品yes
焼き菓子におからを入れたところで、小麦粉や砂糖が入っていたら全然低糖質にならないのです。

お恥ずかしい話ではありますが、それを機に低糖質食品とそうでない物について調べるようになりました

糖質制限ダイエットを正しく知るために、まず糖質の定義を明確にしておきましょう。
糖質とは、炭水化物から食物繊維を取り除いた物のこと。

糖質の少ない代表的な食品は、肉・魚・葉物野菜・卵・大豆・豆腐など。
一方、糖質の多い代表的な食品は、米・麦・加工された肉や魚・根菜・大豆以外の豆類・芋類・果物などです。
(一部例外もあると思います。詳しく知りたい方は調べてみて下さいね!)

個人的なイメージではありますが、お腹に溜まる物は糖質が多い傾向があるようです。
糖質は、身体を機能させるのに必要なのですが、摂りすぎると肥満の元である中性脂肪になってしまいます

糖質の低い食材を積極的に食べ、高い物は避けることで、体内に余分な脂肪を蓄積させないことが糖質制限ダイエットの狙いです
日々の食事から糖質を制限するには、他にも気を付けなくてはいけないことがありますが、とりあえずここではこれくらいに。

さて、おから入りの焼き菓子に対する認識が改まったところで、低糖質にこだわったお菓子を作ってみたいと思いましたenlightened
そこで今回は、小麦粉・砂糖不使用のレシピ「おからのスフレパンケーキ」をご紹介します。

主な材料は、おから・卵・低糖質甘味料(エリスリトール)。
おからは、とても細かくて小麦粉のような形状のおからパウダーを使用します。
ただし、おからパウダーを小麦粉として使うことはできないため、分量や作り方に工夫が必要です

おからパウダーの、モソモソとした口当たりをカバーするよう、メレンゲを入れて、ふんわりスフレタイプに仕上げます。
糖質が高い砂糖は避けて、植物由来の低糖質甘味料「エリスリトール」がおすすめ。低糖質でも、十分甘くておいしいパンケーキになりますよ
これに自家製豆腐クリームとイチゴを添えて、カフェ気分で食べてみて下さいね



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でおからのスフレパンケーキのレシピをチェック!

江戸野 陽子先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

最近の韓国は、空前のカフェブーム
地方都市にもお洒落なカフェが増え、街の印象が様変わりしていますbroken heart

2000年頃に外資系のコーヒーチェーン店が韓国に進出したのをはじめ、現地資本のフランチャイズ店が広まり、近年では個人経営のカフェが増えました

その背景には、コーヒーの消費量が増えたことや、コーヒーに対する嗜好が変わったことなどがあります

農林畜産食品部が発表したデータによると、20歳以上の韓国人のコーヒー消費量は、2014年は一人当たり年間341杯、2015年は349杯、そして2016年においては428杯と年々消費量が増えているそうです。

韓国では辛い食べ物が好まれるため、飲食店で飲むコーヒーは、ミルクと砂糖入りの甘いインスタントコーヒー(専用のマシーンで淹れた物)が主流でしたが、外資系のコーヒーチェーン店の参入で、韓国の方たちの嗜好が変わりましたyes

また、韓国で大ヒットした、バリスタが主人公のドラマの影響も少なからずあると思います

コーヒーを飲むひとときに欠かせない物と言えばスイーツ
チェーン店のみならず、個人経営のカフェでもお店の特色を出そうと、スイーツの開発に熱心ですenlightened

韓国の代表的なスイーツのひとつに、ピンス(かき氷)があります。
かき氷の上に、あんときな粉をのせた物が定番ですが、Instagram(インスタグラム)の台頭もあって、旬のフルーツ、アイス、ケーキ、伝統もちなどで飾り付けた、カラフルでフォトジェニックなピンスが多くなりました
期間限定のピンスが登場するたび、流行に敏感な女性たちの間で話題になる程です


その他、2年位前に人気急上昇したレインボーケーキもフォトジェニックですね。
色鮮やかなスポンジケーキを幾層にも重ねて、大変カラフル
最初に見たときは、食べ物とは思えず置物と勘違いしましたが、実際に食べてみると、目も楽しませてくれる、おいしいケーキでした

また、一見食べ物に見えないと言えば、植木鉢プリン
容器が素焼きの植木鉢で、プリンの上に造花を飾り、土を模したココアパウダーや砕いたクッキーがふりかけてあります
これをスコップの形をしたスプーンで頂くのです。機会があったら召し上がってみて下さいね

さて本日のレシピは、韓国ならではの食材を使った「ゆず茶プリン」です。
ゆず茶の酸味とほのかな苦味が加わった、大人の味わい。
ゼラチンで固めるので、簡単に作れますよ。
トッピングをアレンジして、ぜひフォトジェニックなスイーツを作ってみて下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でゆず茶プリンのレシピをチェック!

本田 朋美先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。