料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア
こんにちは。
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

昨冬に野菜が高騰したとき、家計のお助け食材として一躍注目を浴びた「豆苗(とうみょう)」。
野菜の高騰は落ち着きましたが、リーズナブル・調理がしやすい・栄養価が高いなど、様々な理由で豆苗の人気は続いているようです
そこで今回は、色々使える「豆苗」についてご紹介します。

豆苗は、カイワレダイコンやブロッコリースプラウトなどと同じ、スプラウト(種を人工的に発芽させ、新芽を食材として収穫する物)の一種で、「エンドウマメ」を発芽させた物です。


エンドウマメは、品種や収穫時期によって様々な種類に分かれています。
若いサヤごと食べる「サヤエンドウ」や「スナップエンドウ」、未成熟の実を食べる「グリーンピース」、完熟した豆は「赤エンドウ」や「青エンドウ」と呼ばれ、和菓子などに利用されます。

エンドウマメの新芽である豆苗は、上品な香りと甘みがあるのが特徴。
中国では、古くから食材として収穫され、高値で取引されていたそうです

日本に入ってきたのは、1970年代。当初は高級中華料理店でしか取り扱われていませんでしたが、1990年代半ばから、天候に左右されない屋内(工場)での水耕栽培が可能となり、リーズナブルな野菜として一般家庭の食卓にも浸透しました

豆苗は、味にクセがなく、多種多様な料理に活用しやすい野菜でもあります。

定番のサラダやおひたし、パスタやうどんなどの麺類、丼や炒飯などのご飯物、スープや味噌汁などの汁物、春巻きやかき揚などの揚物と言うように、アイディア次第でレシピは無限大yes

さらに、洋菓子や和菓子といったスイーツや、グリーンスムージーにもよく合うんですよ

そして豆苗は、「栄養価が高い」ことでも注目されていますbroken heart
豆と緑黄色野菜の特長を併せ持つ豆苗は、たんぱく質と炭水化物を比較的多く含む他、様々なビタミン類を含んでいます。

骨の形成を助けるビタミンK、抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンC、赤血球の形成を促す葉酸など、これらは健康維持に欠かせない栄養素ですenlightened

紫外線が気になるこれからの季節、ビタミン豊富な食事を摂り、身体を内側からケアすることも意識していきたいですよね
ビタミン豊富な豆苗は、美容を気にする女性にとってもうれしい食材と言えるでしょう

ご存知の方も多いかと思いますが、スプラウト商品は、「食べる」だけでなく「育てる」ことも楽しめます

豆苗は、残った根と豆を水に浸しておくと、新しい芽が伸び、一週間程度で再収穫できるのです。

育てるときの注意点は、以下の通り。

sad直射日光は避け、日の当たる室内で育てる。

wink1日1回以上水を換え、清潔な状態を保つ。

日々成長していく様子を眺めるのは楽しいですし、室内に緑があるのは気分が良いもの
お子様や家族と一緒に育てて、野菜を育てる楽しさを共有するのもおすすめですよ

さて今回のレシピは、夏バテ予防にぴったりの「夏野菜と豆苗の豚肉巻き」をご紹介します。

これから暑くなって、火を使う調理を避けたいときに重宝する電子レンジレシピ。
暑さで食欲のないときでもしっかり食べられるよう、冷たいお惣菜です。

再収穫した豆苗で、お子様と一緒に作るのも良いですね
ぜひお試し下さい。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で夏野菜と豆苗の豚肉巻きのレシピをチェック!

吉田 由子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。