料理家の先生がつづるお料理ブログ
料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

先生のご紹介野上 優佳子先生

幅広い世代に喜ばれて、気軽に作れる家庭料理のレシピが好評。また、企業サイトのコンテンツ企画編集や新聞などへのコラム連載など、ライターや編集者としても活動中。先生のレシピへ

  • グルコック
  • クックドア

野上 優佳子先生のブログ

こんにちは、料理家の野上優佳子です。

コシアブラ、たらの芽、ワラビなど、今が旬の山菜をあちらこちらで見かけますね
山ウドもそのひとつ
日光を当てずに栽培された軟白ウドとは違い、青々とした葉を付けています。
味は軟白ウドとほとんど変わりませんが、香りは山ウドの方がさらに爽やかなのが特徴的。

私は山菜の中でも山ウドが大好きで、その理由のひとつは「捨てるところなし」という食材として優秀なところ
それでは、部分ごとの代表的な調理法をご紹介しましょう
 

葉や穂先はてんぷらにするのに向いています。
揚げてカリッとした食感を楽しむのが最高

茎の部分は、表面の皮と内側の身に分けます。
ウドは調理している間に変色してしまうので、皮と皮をむいた茎は、アク抜きもかねてすぐに酢水に浸けると良いでしょう

皮は千切りにしてきんぴらにしたり、かき揚げの材料にしたりしてもおいしく頂けます。
皮をむいた茎は、シャキシャキした食感が魅力のひとつなので、食べやすい大きさに切って酢味噌和えや、味噌に漬け込んで風味豊かな漬物にするなど火を通さない調理法がおすすめです

また、一度に食べきれない程のウドが手に入ったときは、下処理をして冷凍保存すると良いでしょう。

下処理の方法
sadウドは適当な大きさに切り、酢を入れた湯でざっと湯がいたら、冷水に取ってアク抜きする。

wink水気をしっかり切って保存袋に入れ、冷凍する。

こうしておけば、味噌汁の具にしたり、炒め物にしたり、塩もみキュウリなどと一緒にサラダにしたりとすぐに使うことができますよ

さて今回は、ウドの皮の部分を使った「ウド皮とニンジンのきんぴら」をご紹介します。
まさに捨てるところなしのウドの皮が、おいしい副菜に変身
ごはんのおかずに、お酒のおつまみに、お弁当にもぴったり。
ぜひお試し下さいねyes
 


レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でウド皮とニンジンのきんぴらのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

前へ ブログ一覧ページへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。