料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2011年3月の記事

こんにちは! 料理研究家の吉田由子です。


3月も最後の週になりましたね絵文字:チューリップ
我が家は子供達が春休みに入り、バタバタとめまぐるしい日々です


毎年、この時期になると、家庭菜園を趣味とする実家の父からたくさんの「グリーンピース」を貰います。

画像

さやからポロンポロンと豆を出す作業を、のんびりと子供達とするのも楽しいものです絵文字:音符


が、気がつくとボールに大量の豆!豆!豆!絵文字:冷や汗


グリーンピースは、さやが付いたままでは1〜2日しか日持ちがしません。


熱湯でさっと塩ゆで(中火で3分程度)して、豆にしわが寄らないように、水を少しずつかけて色止めし、
冷凍用保存バッグに入れて冷凍しておくと、1ヵ月程度は保存可能
です絵文字:鉛筆


グリーンピースは、食物繊維がとても豊富です。
ビタミンB1・B2・C・ナイアシンも豊富ですので、旬のこの時期にしっかり食べたいですよね絵文字:パー


そこで、おすすめなのが「グリーンピースのポタージュスープ」です。


グリーンピースってこんなに甘みがあるの絵文字:!?と驚きますよ絵文字:ウインク

グリーンピースが苦手な方でも、とっても飲みやすいスープですので、ぜひ作ってみてくださいね絵文字:レストラン



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でグリーンピースのポタージュスープのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは!料理研究家の竹内ひろみ(ひろろ)です絵文字:笑顔
 
もうすぐ、桜の季節絵文字:桜ですね。
お弁当を持って、外ランチって本当に気持ちがいいですよね絵文字:ピカピカ

デパ地下に行くとお弁当のオンパレード絵文字:!?
ほんと、目移りしちゃってなかなか決まらず・・・で、結局いつもと同じのを選んでしまう私です絵文字:ふらふら

お弁当の定番と言えば、やっぱりおにぎり、サンドイッチ、おいなりさん絵文字:おにぎり

その中でも油揚げを使ったおいなりさんってキッズから大人まで、みんなが大好きなごはんじゃないかな?って思います。

そこで今回は油揚げのあれこれについて、ご紹介します!

画像

油揚げの原料は豆腐。これを薄くスライスして低温で揚げ、さらに高温で揚げたもの。そのため、入っている袋を見ると、油っぽさが気になる絵文字:悲しいなんてことも。

通常は、料理をする前にお揚げを盆ざるなどにのせて、熱湯をかけて油抜きをしてから使います。
このとき、ゆでてしまうとおいしさも逃げてしまうので、油分が気になってもゆでないほうが良さそう絵文字:チョキ

お値段も、高いものから安いものとけっこう値段の幅がありますが、ちょっとお値段が高いものを購入したときは、油抜きをしない調理方法をおすすめします絵文字:笑顔

そのままを魚焼きグリルなどで焼くと、油が適度に落ちてカリっとなり、しんなりとした油揚げとはまたひと味違うおいしさに絵文字:ウインク
クリームチーズを挟んで、しょうゆやかつおぶしをかけてもおいしいですよ〜。

レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でわかめとカリカリ油揚げのサラダのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは。料理家の野上優佳子です。

関東では、電力調整が引き続き行なわれています。
東京は、以前に比べて明かりが少なくなりました。

ヨーロッパの街並みなどを思い返せば、全然暗いわけでなく。
買い物に出かけてもオフィスでも、照明や空調は控えめ。

でも、不自由があるわけでもなく。
明かり の価値を再認識できる機会でもありました。


今まで本当に便利すぎていたのだなあ、と痛感します。
今や、節電は一時的なものではなく、私たちが生活する上でより当たり前の心がけになるのでしょう絵文字:パー

節電調理、前回は熱源を使わない料理について書きましたが、今回は加熱調理の時のポイントを少し

食材準備にちょっと気にかけるだけで、調理時間がぐんと短縮できます。

まずは、加熱する食材を常温にすること。
例えばお肉やお魚、卵、野菜など、冷蔵庫から出したばかりのときは、当然よく冷えた状態なので、その分加熱に時間がかかります。

常温に戻しておくと、時間短縮だけでなく、加熱時にムラなく火が通っておいしくできるので、一石二鳥というわけです。

次に、火が通りやすい形状にすること
例えばお肉なら薄切りやひき肉は、ブロック肉に比べて火が通りやすく、野菜も青菜などの葉物は元々火が通りやすく、そうでないものも薄切りや千切りにすれば、ずっと短時間で火が通ります絵文字:!

そのほかにも、フライパン調理も、フタを活用すれば熱を逃がさずに調理できますし、保温性の高いお鍋や、熱伝導の良い調理器具を使うことも、節電のポイントに。

そして何より肝心なのは、加熱調理を始めてから迷わないこと
下ごしらえをすべて済ませ、使う調味料も手元に用意。
完成までの手順をざっと頭の中でおさらいして調理を開始すれば、無駄な動きなく、料理も一番おいしいタイミングで作ることができ、いいことづくしです絵文字:笑顔

さて今回は、先週に続き「火を使わない」レシピ。
ホームパーティーなどでも人気のメニュー、生春巻きです。

画像

香りは冷めても味落ちしないので、ハーブやスパイスは冷たいメニューでは大活躍。
パクチーとスイートチリソースで、エスニックなおいしさがとっても簡単にご家庭で再現できます。
お酒のおつまみにもぴったり絵文字:ビール



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で千切り野菜とクリームチーズの生春巻きのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!料理研究家の竹内ひろみ(ひろろ)です。


お料理を作るとき、味の決め手となる食材があります。そのひとつがニンニク絵文字:うまい!

画像


旬は春というよりも夏ですが、一年中手に入り、少しニンニクをプラスするだけで味ぐーーんとUPする、優れものです。
けっこう日持ちもするので、我が家ではストック食材として重宝しています。

野菜料理のときは、そんなに入れなくてもOKかな?なんて思いますが、やっぱりお肉料理には欠かせませんね〜絵文字:パー
そこで本日は、ニンニクの調理ポイントについてお伝えします。

ニンニクのニオイ成分は揮発性があるので、刻んでそのままにしておくと、香りが飛んでしまいます。
調理の下ごしらえでニンニクを刻んだたら、オリーブオイルなど油につけておくといいですよ絵文字:指でOK

そのままニンニクを漬け込んでおくと、ニンニクオイルのできあがり!
唐辛子も一緒に漬け込むと、チリオイルにもなるので、けっこう使えて便利です。
スープなどを作って味にいまいち物足りなさを感じたときに、ニンニクオイルを少々加えると、意外とおいしいです。

気になるニンニクの芽は、根元を落として、ニンニクをぎゅっとつまむと芯が飛び出してくるので、竹串などでひっかけると、スーッと抜けます。

そうそう、スライスニンニクを炒めるときは、すぐに焦げてきてしまうので、冷たいオイルに加え、弱火でじっくり火を通します。

そのまま熱いフライパンに入れたままにしてしまうと、あっという間に焦げてしまうので、(実はこれ、以前やってしまった失敗談絵文字:あせあせ)他の食材を加えるか、別容器に移すといいですよ〜。

さて、ニンニクと言えば、強烈なニオイが少々!?気になりますが 実はこのニオイがポリフェノールの仲間で、抗酸化作用や殺菌・抗菌作用もあるとのこと。
ニオイは生のほうがきついので、加熱すると、それほど臭いは気にならなくなります。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でナスとトマトのじゃこパスタのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。