料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2011年5月の記事

こんにちは!料理研究家の吉田由子です。


最近、主婦の間では、自宅でゆっくり「おうちカフェ」が流行っていますね絵文字:喫茶店

手作りのお菓子でおもてなしをするとき、豪華に見えて実はかんたんなお菓子のレパートリーを持っているといいですよね絵文字:音符


今回は、気軽なおもてなしにぴったりの「クレームブリュレ」をご紹介します絵文字:音符

「クレームブリュレ」は、フランス語で「焦がしたプディング」という意味です。


プリンは卵の白身も使って作ることが多いのですが、「クレームブリュレ」は卵黄のみを使います。

そのため、コクのあるなめらかで濃厚な味わいに仕上がります。


カスタード生地の表面には、砂糖をバーナーなどで焦がしたカリカリのカラメルが覆っています。

画像

表面のカラメルを割ると、中からトロ〜リカスタード絵文字:複数ハート


クレームブリュレって、表面のカリカリを作るのに「ガスバーナー」がないとできない!と思っている方が多いようなのですが・・・


実は、まったく同じとはいかなくても、フライパンでカラメルを作って表面にかけても、十分本格的な味にできあがるんですよ絵文字:笑顔


特別な調理器具は必要ありませし、材料も近くのスーパーで手に入るものばかりです。早速作ってみてくださいね絵文字:ムード



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でクレームブリュレのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは。料理家の野上優佳子です絵文字:晴れ


この頃、上着がいらないほど温かい日が増えました。
新しい季節が、やってきたのですね絵文字:Tシャツ


八百屋さんに行っても、夏野菜がいろいろ出回っています。
みずみずしくておいしそうな野菜がたくさん絵文字:複数ハート思わず目移りしてしまいます。


夏野菜にもいろいろありますが、ズッキーニもそのひとつ。

今では当たり前のようにありますが、私が子どもの頃は、とても珍しい野菜でした。
一般的に出回るようになったのが、1980年頃だそう。


ズッキーニって、キュウリやへちまに似ていますが、実際は、カボチャの仲間。

初めて食べたときに、なんだか意外な味でびっくりした覚えがあります。

画像

と、ここで突然ですが。皆さんは「カボチャ」の旬、いつかご存知ですか?
冬至に食べることがよく知られているので、旬は冬絵文字:雪だと思われがちですが、実はカボチャも夏野菜

6月から9月頃までが最も旬と言われているので、まさにこれからが旬になります。


このカボチャ、アメリカ大陸が原産と言われ、日本にはポルトガル人によって、カンボジアから持ち込まれたというのが定説。


カボチャという名の由来も、カンボジアがルーツ、と言われています。

大きく分けて「西洋カボチャ」「日本カボチャ」「ペポカボチャ」の3種類があり、私たちがよく食べているのは、ホクホクして甘み十分の西洋カボチャ。


日本カボチャは、甘みがあって水っぽく、ねっとりした食感のもので、京野菜の鹿ヶ谷カボチャなどが有名です。


ズッキーニは、ペポカボチャの仲間。

ハロウィンのときにランタンにするオレンジ色のカボチャや手のひらサイズの観賞用も、ペポカボチャになります。


では今週は、ズッキーニのレシピをご紹介。


熱を加えるとぐんと甘みが増しておいしくなるズッキーニを、豚肉と組み合わせておいしいフライにしてみました。

お弁当絵文字:おにぎりのおかずにも、おススメですよ絵文字:指でOK



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でズッキーニの豚巻きフライのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!料理研究家の吉田由子です。

新学期が始まり、めまぐるしく日々が過ぎていきます・・絵文字:走る人

今年度は、小学校のクラス役員をさせていただくことになり、充実した1年になりそうな予感・・絵文字:冷や汗

忙しい日々が続くと、ほんのちょっとした家事が負担になってしまうことってありますよね絵文字:考えてる顔


今回は、私が愛用している、忙しいときのお助け調味料をご紹介します。

画像

これは、ニンニクを刻んで瓶詰めにした調味料なのですが、便利ですよ絵文字:指でOK


例えば・・・


絵文字:レストランスライスしたフランスパンにバターを塗り、ニンニクをのせてオーブントースターで焼くと、たちまちガーリックトースト
(生ニンニクのピリッとした辛みがないので、子供たちにも好評絵文字:ピカピカ )


絵文字:レストラン残ったご飯とニンニクを炒めてガーリックライス
(残りご飯の匂いも、ニンニクの香りで見事に解消絵文字:ピカピカ )


絵文字:レストランパスタや炒めものを作るとき、お肉を焼くときの味のポイント
(ニンニクを刻む手間が省けるので時短に絵文字:ピカピカ )


ニンニクにはビタミンB1が含まれているので、パンやご飯などの炭水化物の代謝を助け、疲労回復に効果があります。

瓶詰めになっているので、手軽に食事にプラスできるのはうれしいですよね絵文字:ウインク


ただし、ニンニクは刺激の強い食品ですので、食べすぎには注意!
血圧を上げたり、貧血の原因になることもあります。

瓶詰めのニンニクなら1日に小さじ2杯まで、生のニンニクならひとかけまでにしておきましょう。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でもやしのアーリオオーリオ炒めのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは!料理研究家の竹内ひろみ(ひろろ)です。


キッチンで使う調理器具っていろいろと見ていると、便利そうだし、かわいいし、全部欲しくなってしまう絵文字:笑顔
なんだか「これ使うかも・・・あったら便利かも・・・」と・・・この「かも」がけっこうくせもの絵文字:!

というのも、実際に買ったはいいけれど、いまいち要らなかった!家にあるキッチンツールで代用できちゃった!などなど、私の場合、けっこうこれを繰り返してしまう絵文字:冷や汗


でも、そんな中で我が家のキッチンで大活躍なのが、フードプロセッサー絵文字:ピカピカ

画像

いろいろなタイプが出ているけれど、私が愛用しているのは、ガラス器を台にセットして使うシンプルでオーソドックスなもの。

以前、いろいろな刃がついて、「こんなことも、あんなこともできる!!」という物を頂いたことがあるのだけれど・・・・実際に使ったのはひとつの刃だけ絵文字:あせあせ
残りの刃は、残念なことに引き出しの奥に引っ込んでいて、結局日の目を見なかった・・・絵文字:げっそり


そんなこともあって、我が家のものはせいぜい、ダイコンおろしができる程度。

でも、一枚の刃でも十分絵文字:!!

液体のポタージュや果物のジュース作りに、固形の野菜のみじん切りに、ナッツ類のみじん切り・・・。
この液体〜固形まで使えるのが便利なのです絵文字:ムード


あ〜ひき肉がない!というときも、薄切り肉をガーっとかければ、すぐにひき肉になるし。


「ミキサーとどっちがいいの?」という質問をよくもらうのだけれど、
わたしのおすすめはフードプロセッサーかな(あくまでも私の視点)絵文字:指でOK
というのも、ミキサーだと水分がないと、なかなかうまく刃がまわらなくて・・・。
縦の長さもあるから、使ったあとに洗いずらいのが難点絵文字:悲しい

私のキッチンにもミキサーがあるけれど、出番が多いのは、もっぱらフードプロセッサー。

ただタマネギは、やっぱり包丁で切ったほうがいいみたい!

フードプロセッサーにかけすぎてしまうと、水っぽくなったり、変な苦みが出たりと、その後の料理にマイナスになってしまうことが多く、タマネギとの相性はいまいちかな?なんて思います。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でそら豆のポタージュのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。