料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2012年1月の記事

こんにちは!
料理研究家の吉田由子です。


年始は何かと忙しいですね絵文字:あせあせ
こんなときは、少しプラスするだけで本格的な味が楽しめる、お助け食材があると便利ですね絵文字:音符
今回は、そんなお助け食材「アンチョビ」についてご紹介します。


「アンチョビ」とは、原料の「カタクチイワシ」そのものを指すこともありますが、一般的にはカタクチイワシを3枚におろし、塩漬けにして熟成・発酵させ、オリーブオイルなどに漬けて缶詰や瓶詰に加工したものです。


切り身をオイル漬けしたものや、ロール状にしたものなどいろいろな形状で売られていますが、特におすすめしたいのがチューブに入った「アンチョビペースト」です。

画像
 
歯磨き粉と間違えてしまいそうなパッケージですが、アンチョビがあらかじめペースト状になっているので、細かく刻む手間がいらず、適量を絞り出してお料理にそのまま使えます。


また、アンチョビは塩分が強いので、ほんの少しだけ料理に加えたいということが多いのですが、キャップをしてそのまま冷蔵庫で保存が利くのでとても便利です。


パスタ・ドレッシング・ピザなど、「アンチョビ」を少し加えると、たちまちレストランの味に近づきますよ絵文字:レストラン
いろいろなお料理にお試し下さい絵文字:笑顔



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でアンチョビとキャベツのパスタのレシピをチェック!

吉田 由子先生

野上 優佳子先生 2012/01/30

節分と豆

こんにちは、料理家の野上優佳子です。


もうすぐ2月。節分がやってきます。


節分とは、字のごとく「季節の分かれ目」のこと。
冬から春に変わる立春の前日が節分の日なのは、そういうわけです。


節分には豆をまきます。
この風習は、中国から伝来した、疫病や災害を追い払う「追儺」(ついな)という儀式がルーツで、日本では室町時代から始まったという説があります絵文字:鉛筆


「豆をまく」という風習については全国各地に説話があり、その昔人々を苦しめていた鬼を退治するのに、「三石三斗の豆で鬼の目を打つとよい、というお告げを受けて鬼を追い払った」という話などが残っています絵文字:本


豆まきには大豆を主にまきますが、この「豆」というもの、とても優秀な食材です。

タンパク質が豊富で、やせた土地でも栽培しやすく、乾燥させて保存がしやすいなどの理由から、古代から重要な食料とされています。

世界各地に、様々な種類の豆があり、どれも個性を持った色合いや味わいがあります。


水に長時間浸してから下ゆでして、と豆を扱うのはちょっと面倒な感じがしますが、下処理がとても簡単なものもあります。

画像

今回使うのは「レンズ豆」という種類で、インドやヨーロッパではとても一般的なもの。

カメラの「レンズ」という言葉は、この豆の形状に似ていることからつけられました。


小粒でかわいいレンズ豆は、20分程度煮れば十分やわらかくなるので、カレーやスープなど、いろいろな料理に使って頂きたい食材です。

今回は、「レンズ豆を使ったサラダ」をご紹介します。
口当たりの楽しさを味わえます。ぜひお試し下さいね絵文字:音符



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でベーコンとレンズ豆のサラダのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!料理研究家のひろろこと竹内ひろみです。


先日、ずっと行ってみたかったお店に、仕事の打ち合わせがてら行ってきたのですが、期待を裏切らないおいしさに大満足絵文字:笑顔


おいしさもさることながら、「お待たせいたしました!」と出てくる料理の見た目が、とっても美しい絵文字:ピカピカ


どれも、これも、思わず「わーーー!素敵!カワイイ〜」と言ってしまうものばかりでした絵文字:指でOK

画像

実は、彩りってただ、見た目がよくなるだけでなく、色をある程度揃えると栄養のバランスも摂れるので、とっても大切な要素なんですよね。


そこのレストランで最初に出てきたのが、五色の前菜盛り合わせ
赤:人参のラペ、白:カリフラワーのお料理、黄:卵料理、緑:ブロッコリーのお料理、黒:しいたけのグリルマリネ。


薬膳で言われている五色(赤、白、黄、青[緑]、黒)が、きれいにお皿に勢ぞろいしていました絵文字:音符


中国の伝統医学では、食べ物の色が身体のそれぞれに対応する臓器に対して、有効に働き、色にも薬効があると考えられているのです。


ひとつ、ひとつの効果効能を覚えるのはちょっと大変なのですが 、色を少し意識することって、栄養バランスのいい献立づくりのヒントになりますね 。


そうそう、日本の精進料理も五色を基本にしているとか。
お肉やお魚など使わない、限られた食材で作る精進料理。
味や見た目で変化を付けることで、豊かな食卓が演出できます絵文字:ひらめき



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で高野豆腐の野菜マリネのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは絵文字:ムード
料理家の野上優佳子です。


毎日寒い日絵文字:雪が続きますね。
こんなときは、身体を温めてくれる根菜類が欠かせません。


1年中見かけるダイコンの旬も、実は冬。
みずみずしくて甘味のあるおいしいダイコンは、食卓でも大いに活躍してくれます絵文字:ピカピカ


画像

ダイコンは、別名スズシロ(蘿蔔、清白)とも言われ、春の七草のひとつにもあげられます。

ダイコンは、日本の食材の中でも、大変古くからあるもののひとつで、弥生時代には中国から日本に伝来したと言われています。
平安期に編纂された辞書である「和名類聚抄」(わみょうるいじゅしょう)にもその記述は見られます。

日本は白いダイコンが一般的ですが、例えばロシアなどは、皮の黒いものが一般的だったり、世界各国では白色以外のダイコンも食されています。


ダイコンと言えば。
わずか34歳で逝去した詩人、歌人の正岡子規は、食への関心がとても高かったことで有名ですが、ふろふきダイコンが大好物だったことでも知られています。


敬愛する与謝蕪村の命日に開かれた蕪村忌には、ふろふきダイコンをふるまったそうで、東京・根岸に残る正岡子規の家「子規庵」では、今も12月末にその慣習にならって蕪村忌が開かれ、来庵者にふろふきダイコンがふるまわれます。


ちなみに、私が住む杉並区のお隣、練馬区はダイコンの産地として有名。
その地名を配した「練馬ダイコン」は、江戸・元禄期からその栽培が行なわれていたそうです。


残念なことに、現在では契約農家が生産しているのみで、私たちの口に入ることは大変少なくなりました絵文字:涙


ずっと、日本人の食生活に寄り添っているダイコン。
今回は焼きダイコンをご紹介します。


ダイコンステーキ、と言ってもよい1品。
煮物とは違ったおいしさが楽しめます絵文字:レストラン



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でダイコンステーキのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。