料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2012年8月の記事

こんにちは、料理家の野上優佳子です。


先日買い物に出かけたとき、新しい箸を買いました絵文字:音楽
我が家の家族は、別々の箸を使っているのですが、その好みは、まさに人それぞれ。


画像

箸は、中国の黄河流域が発祥と言われる伝統的食具のひとつ。日本をはじめ、中国や台湾、韓国、ベトナムなど、東アジアを中心とした地域で現在も習慣的に使われています。


日本では、「古事記」に箸についての記述があり、奈良〜平安期の貴族社会が描かれた「枕草子」「源氏物語」などの書物にも、豪華な銀の箸が多数登場します絵文字:鉛筆


箸専門店に行けば、材質から削り方まで数多くの種類があり、目移りしてしまいます。


実は、箸の材料となる木は、縁起との結び付きがあります。

例えば杉の箸で有名な「利休箸」は、その名の通り、茶の大家・千利休が、客人への招きと一期一会の心遣いをもって、吉野杉の赤身を1本1本削って作ったことに由来します。

お正月の祝い箸と言えば、がよく使われますが、これは「家内喜」と当て字されます。
木肌の純白な美しさと、「柳に雪折れなし」と言われる、しなやかさゆえに折れにくいところから、縁起良しと言われるためです。


檜や杉は、長生きの木であることから「長寿」の象徴でもあります。

南天の箸
「難転(なんてん、難を転ずる)」という縁起が…と、知れば知る程、興味深い世界なのです。


毎日使う物だからこそ、手に、そして口になじむ物を。
日本を代表する食具「箸」を見直してみると、楽しいかもしれませんね絵文字:ピカピカ


さて今回は、箸でもすっと切れるやわらか豚の角煮をご紹介します。


黒酢で煮るので脂っぽさが消え、しかもコクと甘みと程良い酸味が楽しめます。
日持ちがするので、たくさん作ってお弁当のおかずにも。ぜひお試し下さい絵文字:音楽



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で豚バラの黒酢煮のレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。


韓国のスイーツ「ホットク」をご存じですか?

日本のおやきに近く、中に甘いあんが入った、油で焼いたスイーツです。

画像

                                                                                                                                                                                                      コリアンタウンの新大久保には、ホットクの屋台が人の流れとともに増え、おいしいお店はお客さんが列をなして賑わっています。


最近では日本のスーパーで、ホットクの素や完成品の冷凍が買えるようになり、身近な韓国料理のひとつになりました絵文字:複数ハート


日本人にも親しまれているホットク。
いつ生まれたのでしょう?


ホットクは、100年程前に中国から朝鮮半島に伝わりました。
漢字でホットクは「胡餅」と書き、中国もちを意味します。


伝わった当初は蒸したり、油を使わずに焼きあげたりしていましたが、現在は油で焼いた物が主流になりました。


本場のホットクは黒砂糖や蜂蜜入りがオーソドックスですが、日本のホットクにはオリジナリティがあり、あんこやチーズ入りが大人気です絵文字:上向き矢印


最近ではキムチ入りも登場して、小腹がすいたときの軽食感覚で食べられるのが魅力です。


そもそも、ホットクは小麦粉やもち粉でできているので、甘い物、辛い物、どんな具材でも合うんですね。


また、ホットクにアイスやフルーツをトッピングして、オシャレな一品に仕上げている韓国料理店やカフェもあります絵文字:音符



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でホットクのレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
料理研究家の吉田由子です。


まだまだ残暑が厳しい時期ですが、夏の疲れがどっと出るのがこの時期です。


絵文字:鉛筆 夏バテの代表的な症状
・身体がだるく、疲れが取れない
・食欲低下、下痢などの胃腸の不調


 絵文字:鉛筆夏バテの主な原因
・そうめんや冷やしうどん、ざるそばなどの糖質に偏った食事
・クーラーの温度差による自律神経系の不調
・暑さによる睡眠不足
・かき氷やアイスクリーム、冷たい飲み物の摂りすぎで胃腸が冷えている


これらの症状が思い当たる方は、要注意絵文字:ドン

そこで、夏バテ解消最強トリオ(豚肉・梅干し・タマネギ)の登場です絵文字:ピカピカ

画像
 
豚肉の「ビタミンB1」は、ウナギに匹敵する量が含まれており、夏バテ解消に最適の食材!

また、梅干しの「クエン酸」は疲労回復効果があり、タマネギの「アリシン」は代謝をアップさせます。
まさに、夏バテ解消に最適な食べ合わせです。


今回は、脂肪が少ない豚ヒレ肉を使った「豚ヒレ肉の梅風味生姜焼き」のレシピをご紹介します。

傷みにくいので、夏場のお弁当にもオススメです。
しっかり食べて、体調を整えていきましょう絵文字:指でOK



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で豚ヒレ肉の梅風味生姜焼のレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは!料理研究家のひろろこと、竹内ひろみです。


8月と言えば、待ちに待った夏休み絵文字:リゾート
子供の友達が遊びに来たり、帰省したりと、何かと人が集まることが多い季節ですね絵文字:笑顔


そんなときに出番が多いのが、ホットプレート

そのまま食卓に出せるので、みんなで料理を囲むときには、大活躍の調理器具です絵文字:ピカピカ

定番の焼肉以外にも、パエリア鍋物などバリエーションは豊富です。

画像

ホットプレートを新しく購入するときには、少し高さのある物を選ぶと、鍋物もできるので、用途が広がりおすすめです絵文字:ピカピカ


ホットプレートはテフロン加工の物が多いので、金属ベラなどを使ってしまうと、表面に傷が付いてしまいます絵文字:あせあせ
ゴムベラ(耐熱用)や菜箸など、表面に傷が付きにくい物を使いましょう。

今回は、そんなホットプレートを使った、そのまま食卓に出してもOKの中華風の炊き込みご飯をご紹介します。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で野菜と鶏肉の炒めご飯のレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。