料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2013年4月の記事

こんにちは、料理家の野上優佳子です絵文字:音楽


東京は桜も散り、新緑に輝く季節絵文字:クローバー
もうすぐ、「端午の節句」がやってきますね。

我が家も息子のために、毎年兜を飾ります絵文字:パー

画像

端午の節句をざっとおさらいすれば、男児の成長を祝って鯉のぼりや武者人形、兜などを飾り、菖蒲湯などに浸かり、柏餅やちまきを食べる、のが一般的。


また1948年には「こどもの日」として、国民の祝日のひとつに定められました。


古くは平安時代の「枕草子」にも、5月に臭気の強い菖蒲やヨモギを玄関先に吊るしたり燃やしたりして、厄払いする様子が描かれました絵文字:本

さらに武家の世になり、菖蒲→尚武(しょうぶ。武道を重んじること)との解釈が影響を及ぼして、男児の節句と定着した、という説があります絵文字:鉛筆


男児の祝いと定着したのは、実際は江戸時代以降とも言われています。


実はその一方で、この日を「女の家」「女の天下」などと称する伝承も、日本各地にあるのをご存知でしょうか?


近松浄瑠璃「女殺油地獄」でも登場する「女の家」が、中部地方や高知県のある地域などに見られるそうで、女性が上座に座る日だったり、軒先や屋根に菖蒲やヨモギを刺している間は軒先三寸女の権利と言ったり、この日は女性が主役の日絵文字:!


田植えは、命を生み出す女性、特に若く清らかな早乙女が行なう神聖なる行事でした絵文字:芽


田植えの時期を迎え、または山から下りてくる田の神を家に迎える巫女の役割として、女性が家に籠って身を清めた古い信仰の名残、とも言われています。


5月5日は、毎日忙しく働く家の女性たちが心おきなく休める、貴重な日でもあったのですね絵文字:ピカピカ


さて今回は、ハレの日の食卓にぴったりの華やかな巻き寿司を絵文字:レストラン

アボカドやサーモンを使った、「カリフォルニアロール」をご紹介します。ぜひお試し下さいね!



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でカリフォルニアロールのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

韓国では、料理によくもやしを使います。
もやしは大きく分けると、緑豆もやし大豆もやしの二種類があります。

韓国語で緑豆もやしは「スッチュ」大豆もやしは「コンナムル」と区別されます。

画像

日本は緑豆もやしの方が多く出回っていますが、韓国では大豆もやしの方がよく使われています絵文字:ウインク


そもそも、もやしは野菜、豆類、お米などを発芽させた物。
もやしの成分のうち、95%が水分なので、それだけ低カロリーということですね絵文字:ひらめき
 
大豆もやしは、大豆の栄養を含みながら発芽する経緯で、美容効果のあるビタミンA・C、そしてむくみを取るカリウムを生み出します。さらに、食物繊維も入っています。
 
大豆と言えば、女性ホルモンに似た働きのイソフラボン
歳を重ねていくと女性ホルモンは減少するので、イソフラボンは積極的に摂りたい物です絵文字:ピカピカ


韓国でもやしの産地は、全羅北道の全州(チョンジュ)が有名です絵文字:上向き矢印


チョンジュは韓国の食の都としても名高いのですが、質の良い大豆ときれいな水に恵まれているため、おいしい大豆もやしができるのです絵文字:ピカピカ


そのため、大豆もやしを使った料理が生まれ、その代表的な物がチョンジュビビンバです絵文字:音楽


また、大豆もやしを使ったスープ、コンナムルククも有名で、二日酔い冷ましにはぴったりです。


私もチョンジュでビビンバとコンナムルククを食べたことがありますが、今でも忘れられない味です絵文字:うまい!


本日は、豆もやしの炊き込みご飯」をご紹介します。
牛肉も加えているので、旨みもたっぷり!


日本の炊き込みご飯と違うのは、たれをかけて頂くこと。
料理教室で評判だった一品ですので、ぜひ作ってみて下さい絵文字:音符



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で大豆もやしの炊き込みご飯(コンナムルパプ)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
料理研究家のひろろこと、竹内ひろみです。


ケーキなど、焼き菓子のベースとなる食材は、小麦粉・卵・砂糖・バターなど。


これだけの材料で、香ばしいクッキーやマドレーヌ、パウンドケーキなどが作れるってスゴイっ絵文字:!と小さい頃に感動したことがあります絵文字:笑顔


甘い物を食べると、味覚に感じるおいしさだけでなく、なんだか幸せな気分になりますよね絵文字:ピカピカ


画像

そんな、スイーツですが、最近よく耳にするのが、「子供が卵アレルギーなので食べさせられない」、「母乳をあげているので、おっぱいトラブルになるような物は避けるように言われている」といった、お菓子を食べたくても(食べさせたくても)食べられないという悩み絵文字:悲しい


食材に対する反応は人によって違いがあるため、このお菓子ならば絶対大丈夫!!とは言い切れないのですが、一部を代替品にすると制限の幅が少し広がり、お菓子を楽しむことができます絵文字:ウインク


本日ご紹介するパウンドケーキは、卵・バターを使わずに作るのですが、バターの代わりになたね油(サラダ油でOK)を、卵の代わりにベーキングパウダーを使うことで、生地も膨らみ、とてもおいしいケーキを作ることができます絵文字:音符


このようなスイーツは、食材制限があっても食べられることに加え、砂糖の量を通常の半分ぐらいに減らしても、十分甘味を感じることができま絵文字:ひらめき


砂糖を悪者扱いにするつもりはないのですが、市販のお菓子やお惣菜などで、かなり甘い物を摂取しているため、おうちで作るスイーツやごはんには、必要以上にお砂糖を使わなくても良いのでは?と思うのです絵文字:ほっとした顔


ただ砂糖の量だけを減らしてしまうと、何か物足りなさを感じてしまいます絵文字:あせあせ

物足りなさをカバーし、おいしさをキープするコツは、コクのある食材や甘味のある食材を加えること絵文字:指でOK


クルミやアーモンドなどのナッツ類や全粒粉は、コクをプラスしてくれます。
また、レーズンやクランベリーなどは自然な甘みを加えてくれます


そして、塩をひとつまみ加えると、ぐっと味がひきしまり、よりおいしくなります。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でナッツのミニパウンドケーキのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは!
料理家の吉田由子です。


イチゴがおいしい時期ですね絵文字:複数ハート
今回は、イチゴをひき立てる名脇役「練乳」の豆知識をご紹介します。


画像
 
一般社団法人日本乳業協会によると、練乳は牛乳や脱脂乳などを濃縮した物を指します。

「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)では無糖練乳、加糖練乳、無糖脱脂練乳、加糖脱脂練乳の4種類に分類されています。

家庭でよく使われる物は、以下の2種類です。


加糖練乳(コンデンスミルク)は、牛乳にしょ糖を加え、約3分の1に濃縮した物です。
乳等省令では、乳固形分28.0%以上(うち乳脂肪分8.0%以上)と規定されています。イチゴとの相性が抜群です絵文字:ピカピカ


無糖練乳(エバミルク)は、牛乳を約5分の2に濃縮した物で、缶に充填したあと、加熱滅菌してあります。
乳等省令では、乳固形分25.0%以上(うち乳脂肪分7.5%以上)と規定されています。
甘くないので、お料理に使うことが多いです。


練乳は、イチゴが旬の時期は名脇役として大活躍するものの、イチゴの季節が終わってしまうと、冷蔵庫で出番がないまま潜んでしまいがち絵文字:悲しい
せっかくなので最後までおいしく頂きましょう!


今回は、練乳をたっぷり使った「ミルクコーヒーラスク」をご紹介します。
練乳とコーヒーのホロ苦い甘さがクセになりますよ。
ぜひお試し下さいね絵文字:うまい!



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でミルクコーヒーラスクのレシピをチェック!

吉田 由子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。