料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2013年6月の記事

RSS 野上 優佳子先生 2013/06/28

夏越の祓い

こんにちは。
料理家の野上優佳子です。


我が家のそばの神社に、「茅の輪」がたちました。
ああ、本格的に夏絵文字:晴れがやって来たなあ、とそれを毎年見ると思います。

茅の輪は、竹に茅を巻き付けた輪状の物。
これを八の字を描くように左回り右回りと、絵文字:リサイクル3度輪をくぐる と厄払いになって寿命が延びる、と言われています。
これは「夏越の祓い」(なごしのはらい)と呼ばれています。

もともと、古くは1年を両分するという考え方があり、そうすると6月末が12月末と並んでもうひとつの晦日(みそか)になるということになります。
翌日の新しい期を迎える前(晦日)に体に積もった穢(けが)れをお祓いする、という意味がその背景にあります。

絵文字:本夏越の祓いの茅の輪くぐりのルーツは、 『備後国風土記』 に記された故事
貧しい暮らしをしていた蘇民将来という人が、道に迷った武塔神(実は北海の神。古事記にあるスサノオと同じ)を家に迎え入れて粟飯絵文字:おにぎり をごちそうしたそう。
その一宿一飯の礼に武塔神は茅の輪を送り絵文字:プレゼント 、そのおかげで蘇民一家は様々な災厄から逃れることができた
絵文字:走る人、という話があります。

画像

ちなみに夏越の祓いは「水無月の祓」(みなづきのはらい)とも呼ばれ、京都では無病息災を願って和菓子の水無月(白いういろう地にゆで小豆を乗せて三角に切った物)を食べる風習がある とか。
小豆はその色から魔除けの力があると言われています。

さて今回は、夏を迎えてお疲れ気味の方絵文字:落胆におすすめの、さっぱりして栄養豊富なサラダ「ホウレンソウのホットサラダヨーグルトソース」をご紹介します。
ホウレンソウをソテーして、水切りヨーグルト使用のドレッシングを添えた一品絵文字:ピカピカ
ニンニクのピリっとした辛さと香りが体を元気にしてくれます絵文字:指でOK



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でホウレンソウのホットサラダヨーグルトソースのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!
韓国料理研究家の本田朋美です。


韓国は発酵食品の宝庫絵文字:ピカピカ


キムチやマッコリ、味噌、しょうゆ、コチュジャンなどの調味料、塩辛などは発酵食品として知られていますが、食材も同様に発酵食品なのです。

特に塩辛においては、かなり種類が豊富絵文字:ウインク
そのまま食べることもあれば、調味料としても大活躍しています。
すなわち、発酵食品が毎日の食事にごくごく自然に取り入れられているんですね絵文字:ムード


そもそも、発酵食品はどのようにして生まれたのでしょう?


画像

野生の果物を採取し、容器に入れて保存したところ発酵に至った
という、自然の成り行きですね。


韓国は寒さが厳しく、野菜などを収穫できない冬に向けて、食品の保存性を高める必要があったのです絵文字:ひらめき
魚介類や野菜も長期保存するために発酵させたため、塩辛やキムチの技術が進み、種類も豊富になりました。


発酵は素材が元々持っている味や栄養を変化させます。
味の面では風味と旨味が増幅絵文字:右斜め上


また栄養的には、乳酸菌が生まれた結果、腸内環境を整える働きが加わります。
毒素排出の効果はバツグン!
よって、発酵食品はカラダの中からキレイ絵文字:ピカピカを導いてくれるのです。
みなさまも、意識して発酵食品を摂ってみて下さいね。


絵文字:ペン余談ですが、このところ韓国では日本の納豆が流行っているそうです
韓国の物よりもニオイが少なくて、食べやすいとのこと。
チョングッチャンという納豆味噌が韓国にあるのですが、こちらは、もっぱらチゲに入れる物なので、調理せずに食べられる日本の納豆が人気なのでしょう絵文字:音楽


それでは、本日のレシピをご紹介します絵文字:!
発酵のつながりで、 「セロリキムチ」です。
サラダ感覚で召し上がって下さいね絵文字:あっかんべー



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でセロリキムチのレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
料理研究家のひろろ こと 竹内ひろみです。

皆さんが大好きなお料理のひとつがから揚げ絵文字:あっかんべー ではないでしょうか?

今日はおいしくから揚げを作る、ちょっとしたコツについてお伝え致します絵文字:うまい!


画像

まずは下味からです。

基本はしょうゆ、料理酒、ショウガ(ニンニク)と言ったところでしょうか。
ビニール袋に鶏肉と調味料を入れてしっかりともみ絵文字:パー
30分から1時間以上はおきましょう。

タッパーなどでもいいのですが、ビニール袋を使うともみこむときに手が汚れないので便利です絵文字:長音記号2
お弁当のときは前の夜に調味しておいても 絵文字:OKです。


下味に使う食材にいろいろと変化を付けてみる といつもと違う味わいでいろいろ楽しめます絵文字:指でOK


例えば、塩麹
お肉もやわらかくなり、ほのかな甘み、旨みがプラスされます絵文字:うれしい顔
同じく発酵調味料の味噌漬けもおいしいです。


次にです。

中国風な唐揚げ
の場合は、卵、片栗粉、薄力粉をまぶします。
片栗粉のみの場合はさくさくっとした竜田揚げとなり、
小麦粉に片栗粉をプラスする衣だと、小麦粉だけよりも軽い感じに仕上がります絵文字:チョキ

いろいろな衣で試して、お好みの物を見つけるのも楽しいですね絵文字:ピカピカ
 

最後は揚げるときのコツです絵文字:ひらめき
 

揚げ物となるとどうしても使用する油の量が気になりますが、
鶏肉の半分より上がつかるぐらいの油の量で、上下を返しながらじっくりと揚げていきます。


温度が高すぎると中まで火が通らないうちに周りが焦げてきてしまうので絵文字:悲しい
温度は中温程度が適温です。
最後に温度を上げて、全体をカリッと仕上げていきましょう絵文字:上向き矢印
 
本日は「味噌漬けチキンの竜田揚げ」のレシピをご紹介します絵文字:ひよこ



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で味噌漬けチキンの竜田揚げのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは!
料理家の吉田由子です。

日差しがきつくなり、夏はもう間近!といった感じですね絵文字:晴れ
 
これから、夏野菜が次々と旬を迎えます。
夏野菜は水分をたっぷり含んでいてみずみずしく、たくさん汗をかく夏場の水分補給に一役買ってくれます。

夏野菜の中でも、つるにぶら下がって実る野菜(キュウリ・トマト・なす・ピーマンなど)は、身体を冷やす作用がある物が多いので、夏の暑さで火照った身体を冷やしてくれます。


今回のブログは、夏野菜の代表「キュウリ」についてご紹介します。

画像

絵文字:鉛筆「キュウリ」は、なんと90%以上が水分絵文字:たらーっでできています。
そのため、栄養価はそれほど期待できませんが、カリウムが豊富に含まれています。
カリウムは、塩分を身体の外に出してくれる効果があります。
また、「キュウリ」には、イソクエルシトリンという成分が含まれており、利尿作用やむくみを解消する働きがあります。

夏は、大量に汗絵文字:あせあせをかくので、カリウムが失われて夏バテ絵文字:悲しいの原因になるため、カリウムを豊富に含む「キュウリ」は、積極的に摂りたい野菜です。


絵文字:ひらめき 「キュウリ」を生で使うときは、洗ったキュウリに塩を適量ふり、まな板の上でゴロゴロと転がす「板ずり」をすると、キュウリのトゲが取れ、鮮やかな色になっておいしさがアップ絵文字:上向き矢印しますよ。


さて、今回は『キュウリとヨーグルトの冷製スープ』のレシピをご紹介します。
すーっと身体の中から爽やかになる絵文字:ほっとした顔、さっぱりした口当たりのスープです。
火を使わないレシピなので、暑くなるこれからの季節にはうれしい一品です絵文字:ピカピカ
ぜひお試し下さいね 絵文字:ウインク



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でキュウリとヨーグルトの冷製スープのレシピをチェック!

吉田 由子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。