料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2013年8月の記事

こんにちは、料理家の野上優佳子です絵文字:ピカピカ

まだまだ暑い日が続きますが、暦はもうすぐ9月絵文字:ひらめき
秋の気配が近づく頃です。
ちょうどこの時期は、根ショウガの旬。
1年中で口にすることができるショウガですが、実は絵文字:もみじ秋口が収穫期絵文字:もみじです。


画像

私たちにとても身近な食材で、食べているのは根っこの部分。
熱帯アジア原産ですが、古事記にも記されていると言うのですから日本でもかなり古くから薬用としても親しまれています絵文字:ピカピカ


ショウガの産地である関東地方には、この時期、ショウガにまつわる風習がいくつもあります。

例えば、埼玉の辺りでは「ショウガ節句」と言い、この時期に獲れるショウガを持って若夫婦が実家や媒酌人に挨拶に行く習わしがあったそうです絵文字:とっくり絵文字:もみじ 


また、鎮座1000年を超え「関東のお伊勢様」とも呼ばれる東京・芝大神宮の門前では、かつて秋祭りの名物としてショウガ市が盛大に立ったそうです。

東京には「谷中生姜」でもおなじみのショウガの産地があり、秋祭りが行なわれていました。
その秋祭り、実は「だらだら祭り」というユニークな呼び名がありました。

絵文字:本当時江戸はお伊勢参りが大流行絵文字:!
しかし伊勢神宮には遠くてなかなか参詣できない江戸っ子たちが、その代わりにと芝大神宮にやって来るので、最初は9月16日のみだった祭礼期間が少しずつ延び、ついには11日間に。
江戸のみならず日本一長い祭り、とも言われるまでになった
、という話があります。
気の短い江戸っ子が集う、ど真ん中でだらだら祭り、なんてなんだか面白いですね絵文字:うれしい顔


ショウガは、免疫力の向上殺菌及び鎮痛効果があるとされるジンゲロール体を温め血行促進効果のあるショウガオールなど、夏バテした体を元気にしてくれる栄養がとても豊富絵文字:晴れ
たくさん食べたいですね絵文字:指でOK絵文字:ピカピカ 

・・・というわけで今回は、
ショウガをたっぷり使った鶏肉と夏野菜のお惣菜鶏肉と野菜のグリル ショウガ漬け」をご紹介します。
彩りもきれいで日持ちもするので、ぜひお試し下さいね絵文字:音符



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で鶏肉と夏野菜のグリル+ショウガ漬けのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。


絵文字:本李氏朝鮮時代、朝鮮半島は八道(パルド)と言って、八つの行政区に分かれていました。
現在の韓国と北朝鮮は、八道(パルド)を基礎として区分けされています。


朝鮮八道のひとつ、全羅道(チョルラド)は現在、全羅北道(チョルラプクド)と全羅南道(チョルラナムド)となりましたが、双方ともに農水産物が豊富であり、韓国料理の贅沢な食が味わえます絵文字:ピカピカ


本日ご紹介したいのは、港町である全羅南道の木浦(モッポ)が産地として有名な、 「ガンギエイ」を使った料理です。

画像

ガンギエイは韓国語で「ホンオ」と言いまして、韓国料理通の日本人の間では、お刺身のホンオフェと聞いただけで顔をしかめる人も絵文字:悲しい


その理由は?


ホンオフェを作るためには、ガンギエイをワラに包んでカメに入れ、7〜10日程そのままおいて発酵させます。
できあがった時点で、独特なアンモニア臭を放っているんですね。
このにおいに苦手意識を持つ方がいらっしゃいます。


とは言え、韓国では絵文字:ピカピカ高級食材のひとつ絵文字:ピカピカであるため、全羅道のお祝い料理には欠かせないとか絵文字:上向き矢印
もし、お祝いの席に用意されていなかったら「主催側が出し惜しみした」と陰口を叩かれるという話もあります。


ホンオフェの食べ方ですが、お酢入りのコチュジャンで生野菜と和えたり、三合(サマプ)と言って、ホンオフェとゆで豚を、熟成キムチで巻いたりします。
三合(サマプ)は何度か頂いたことがありますが、熟成キムチとゆで豚を組み合わせると、エイのにおいが和らいで食べやすくなります絵文字:笑顔


韓国の地方は、珍しい料理がたくさんあります。
ソウル旅行を何度か楽しまれた方は、ぜひ地方にも足を伸ばして下さいね絵文字:ムード


それでは、今日のお料理をご紹介致します。
さすがにエイは用意できませんので・・・。
イカと生野菜を使った和え物「オジンオムチム」です。
レシピにあるお酢とコチュジャンを合わせたタレは、白身のお刺身にも合うので、レパートリーのひとつに加えて下さい絵文字:あっかんべー



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でイカの和え物(オジンオムチム)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
料理家のひろろ こと 竹内ひろみです。


先日、子供のかかりつけのお医者さまを受診しました。
食品が病の原因のひとつと捉えているお医者さまなので、そのときも、「次回までにどんな物を食べているか食日記を付けてきて下さい」と言われました絵文字:本

画像

絵文字:時計早速、1日を振り返る時間に その日の食事内容を書き出してみました。
毎日、記録しているとなんとなく習慣になり、4、5日分を振り返るといろいろな発見があり、興味深いです絵文字:長音記号2

食日記を付けてて良かった絵文字:笑顔というメリットは主に3つ絵文字:ムード


絵文字:鉛筆ひとつは、「なんとなくダルイ、イライラする・・・」というとき、ちょっとした不調の原因が分かったりするのです絵文字:ドン
例えば、体調がスッキリしない場合、動物性食品に偏っていたり、添加物が多い物を摂取していたりすることが多いんです。


絵文字:鉛筆二つめは、ダイエットには最適な方法です。
「今日の食事も記録しなければ!」と意識して食事をすれば、食べたい気持ちにブレーキがかかると思うのです絵文字:上向き矢印


空腹による食欲もありますが、あまり空腹じゃなくても「おいしそう〜」と誘惑されてつい余分に食べてしまうときがありますよね絵文字:冷や汗
そんなとき、日記を振り返ってみると、「やっぱり○○が多かったな。ちょっと○○をコントロールしよう!!」という感じで食生活を正す目安にもなるのです。


絵文字:鉛筆最後は、 お財布管理にも効果的絵文字:OK
それは、余計な物を購入=余計な物を食べている ・・ということが分かるからです。
日記を見直すとことにより、買い物のときに、必要な物だけカゴに入れてレジに直行(私だけかな??)できるのです絵文字:複数ハート


毎日記録するのはけっこう大変かな絵文字:長音記号1とも思いますが、1、2週間位続けてみられることをおすすめします絵文字:ほっとした顔


さて、本日のレシピは私の食日記の中から、暑い夏をおいしく乗り切れるタンパク質中心のレシピ「トマト煮ひよこ豆添え 魚のナッツフライ」をご紹介致します。
ぜひお試し下さいね。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でトマト煮ひよこ豆ぞえ 魚のナッツフライのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは!
料理家の吉田由子です。

まだまだ残暑が厳しいですね絵文字:晴れ
ビールがおいしいです絵文字:ビール (笑)

ビールのお供であるおつまみは、ささっと作れてヘルシーな物がいいですよね絵文字:ムード
スパイスやハーブなど、少しパンチのある調味料をプラスすると、シンプルなお料理もお酒のすすむ一品に変身します。
さて、今回はおつまみ作りにおすすめの調味料『ハーブソルト』についてご紹介します。


画像

絵文字:鉛筆 『ハーブソルト』は、岩塩や粗塩、こしょうやニンニク、バジル・オレガノ・タイム・マジョラムなどのハーブを乾燥させてブレンドした物です。
ハーブを育てていらっしゃる方は、お好みの配合で手作りしてもおいしいですし、スーパーや輸入食材店などでもいろいろな種類のハーブソルトが販売されています。


私が愛用している物は、岩塩、ペッパー、オニオン、ガーリック、タイム、セロリ、オレガノがブレンドされた物です。
舐めてみると、スナック菓子のような・・・身体に良くなさそうな・・・絵文字:冷や汗2
感じなのですが、人工的に作られた化学調味料などは入っていません絵文字:OK
ハーブや香辛料の風味で十分おいしいので、
ハーブソルトを選ぶときは化学調味料が加えられていない物がおすすめです。


ゆでた野菜やサラダなど、シンプルなお料理にプラスするとたちまちお酒の進む一品に変身しますよ。
お試し下さいね絵文字:ウインク

さて、今回は『ハーブソルトのアンチョビポテト』のレシピをご紹介致します。
ハーブソルトがアクセント!
おつまみにぴったりのレシピです絵文字:あっかんべー



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でハーブソルトのアンチョビポテトのレシピをチェック!

吉田 由子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。