料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2014年4月の記事

こんにちは!
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

春は、様々な花が咲き誇り、私達を楽しませてくれますね絵文字:チューリップ
子供達と一緒にたくさんの花が咲いている公園で散歩絵文字:晴れをするのが大好きなのですが、花の側には決まってミツバチがぶんぶんと飛び交っていて・・・いつも決まって子供達が怖がって大騒ぎをするという結末が待っています絵文字:あせあせ
ミツバチのおかげでおいしいハチミツが頂けるんですけどね絵文字:ほっとした顔

そこで今回は、花とミツバチからの贈り物『ハチミツ』についてご紹介します。

画像

ハチミツは、ミツバチが集めた花の蜜にハチの体内の酵素が作用し、熟成した物です。
市販の物は、さらに低温でろ過してから出荷されています。
実はハチミツにも旬があり、花の咲き誇る時期(主に春)が旬になります。
レンゲ
アカシアが一般的ですが、クローバーリンゴ・みかん・菜の花・桜・梅・栗・そばなどのハチミツがあります。
花によって香りや風味が異なり、それぞれとても味わい深い物です絵文字:あっかんべー

絵文字:鉛筆ハチミツの主成分は果糖とブドウ糖です。
これらは、すぐに消化吸収されるのですぐにエネルギーに変わり、疲労を回復してくれます。
また、オリゴ糖も豊富に含まれていますので、腸内環境を整え、便秘を解消してくれる効果も期待できます。

絵文字:ひらめき砂糖の代わりにハチミツを使う場合は、ハチミツの方が甘みが強いので、砂糖の約半量を目安に使うようにしましょう。

さて今回は、 『鶏肉のハチミツ照り焼き』をご紹介します。
ハチミツを使うとまろやかでコクのある仕上がりになります。
ぜひお試しを絵文字:ピカピカ



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で鶏肉のハチミツ照り焼きのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは、料理家の野上優佳子です。

ゴールデンウィーク絵文字:クローバーから5月末に向けては、春のお出かけや運動会絵文字:走る人など、いわゆる家族や友人で楽しむ大人数向けの「行楽弁当」シーズン !絵文字:RV車
皆さんのご家庭でも、重箱やバスケットが大活躍なさることでしょう絵文字:ピカピカ

画像

この時期の行楽と言えば潮干狩りも代表的な行楽のひとつ。
貝を拾ったり磯遊びをしたりしながら持参したお弁当や草餅などを食べる風習が、すでに室町時代でも見られたそうです。
家族で食べる行楽弁当の歴史は、とても長いのです絵文字:レストラン


絵文字:ひらめき某生活情報誌のアンケートによれば、行楽弁当の「定番の人気おかず」は、卵焼き・鳥の唐揚げ・ウィンナーソーセージ。
主食は、 絵文字:おにぎりおにぎり・サンドイッチ・いなり寿司だそうです。
どれも、作り手にとっては作りやすくて、食べる側にはつまみやすい形状で食べやすい、というおかずばかりで納得のランキングです絵文字:笑顔


作る側からすると、普段のお弁当に比べて量が増えるので、なるべく手早く作りたいところ。
同じ主材料と同じ手順でも、混ぜる具を変えるだけでバリエーションがぐんと広がります絵文字:ムード
例えば・・・。

絵文字:鉛筆「卵焼き」なら、普通の物に加えて、ウナギ入りでう巻きにしたり、ハムやチーズやパセリを加えて洋風にしたり・・・。
絵文字:鉛筆「鶏の唐揚げ」は、普通の物に加えて、ちょっとゴマ衣を付けたり青のりをふったり、野菜と一緒に甘酢に漬けてチキン南蛮風にしたりするのも良いですね。

ひとつひとつ別のおかずを用意するよりも、ずっと手軽にたくさんのおかずが揃います。
お弁当の用意に忙しくて、出かける前に疲れると絵文字:あせあせ楽しめないですよね絵文字:ほっとした顔

さて本日は、『きんぴら稲荷寿司』のレシピをご紹介します。
寿司飯にきんぴらごぼうを混ぜて、揚げに詰めます絵文字:ひらめき
いつもの酢飯にちょっと混ぜるだけで、味に広がりが出ますよ。
ぜひお試し下さいね。 



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」できんぴら稲荷寿司のレシピをチェック!

野上 優佳子先生


こんにちは!
韓国料理研究家の本田朋美です。

韓国における「お粥」は健康食として定着していて、病人食のイメージはあまりありません。
専門店やチェーン店もあり、朝食にお粥を召し上がる方も多くいらっしゃいます絵文字:あっかんべー

画像

韓国粥の魅力は、なんと言っても種類の豊富さ。
野菜・肉・海鮮などを上手に組み合わせています。高級粥にアワビがありますが、香りの良さと食感のハーモニーが絶品で、少し高いお金を出しても食べる価値があります絵文字:ふくろ
韓定食では必ず最初に水キムチと共にお粥が出てきます。
品数が多いので、消化の良いお粥から食べ始めることで、胃を優しく保護するのです。


また以前ブログに書きましたが、王様の食事は1日5回で、朝一番に召し上がったのはお粥でした絵文字:王冠
胃に負担をかけないお粥からスタートし、2食目は豪華な十二楪飯床(シビチョプパンサン)でした。
※十二楪飯床とはご飯物の組み合わせで、二汁十二菜(ご飯・スープorチゲ・キムチの基本メニューと、おかず12品の構成)のことです。

ところで、韓国粥には3つのベースになる物があるのをご存知でしょうか?

絵文字:1ピダンジュク
米粉で作るお粥。
米粒から作る物よりも短時間で仕上がります。

絵文字:2ウォンミジュク
粗く挽いた米を炊いたお粥。
米の粒が小さいので、適度な食感が残ります。

絵文字:3オングンジュク
そのままの米粒で炊いたお粥です。

これらをベースにして、様々な具材を組み合わせたら、お粥のラインナップが広がりますよね。

ナスラックKitchenで記事を書くようになって2年になりますが、過去何度かお粥をご紹介しています。
みなさまもご家庭の食卓に、お粥を取り入れてみて下さいね絵文字:笑顔

さて、本日のレシピは
『野菜粥(ヤチェチュク)』です。
今回は野菜にニラ・シイタケ・ニンジンを使用していますが、冷蔵庫にある物で構いません。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で野菜粥(ヤチェチュク)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
料理家のひろろ こと 竹内ひろみです。

寝る2〜3時間前はできるだけ食べない、飲まない方がいい・・
特にダイエット中はよく言われことですね絵文字:ふらふら

食べ物を食べてすぐに寝ると脂肪が体に蓄積されやすくなったり、就寝中にも胃が休むことなく働き続けてしまったりするので、体への負担が大きくなります
でも、お腹が空きすぎてしまっていると逆に眠れない・・・ということもありますよね絵文字:落胆
これは消化のためのエネルギーが不要となり、血液が脳に集まるため、覚醒状態になってしまうからなのです絵文字:ドン
適度に空腹感が満たされていると寝付きが良い絵文字:笑顔ということになるのですが、深夜に摂る食事にはちょっとした注意点があります。

画像

絵文字:危険・警告まずは脂肪分の摂取を控えるということ
活動量の多い、昼間と比べ、夜は寝るだけの状態。
エネルギーとして使われない脂肪分は蓄積されてしまいます。

そして、できるだけ消化の良い食べ物を適量頂きましょう絵文字:どんぶり
お粥やリゾット・うどん・具だくさんのスープなど、具が適度に入った温かい汁物がおすすめです。
深夜の食事の場合絵文字:時計、一皿で糖質類タンパク源となる物(できれば豆腐など植物性の物)・ビタミン・ミネラルを含む野菜や海藻類が摂れるご飯だと後片付けも楽です絵文字:音符

また、昼食から深夜まで何もお腹に入れないと、体は飢餓状態となり、脂肪を溜め込みやすくなってしまったり、空腹のため夕食をたくさん食べてしまったりする・・ということにもなってしまうので、夕方におにぎりやバナナなどちょっとお腹に入れておくといいですね絵文字:うまい!

さて、本日は『厚揚げ丼』をご紹介します。
タンパク質を含んだ栄養満点の厚揚げを使った丼ぶりです。
ぜひお試し下さい絵文字:ピカピカ



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で厚揚げ丼のレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。