料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2014年7月の記事

こんにちは、料理家の野上優佳子です。


いよいよ夏休み絵文字:晴れ絵文字:リゾート
子供たちにとってはワクワクの毎日ですね!
・・・とは言え、夏休みの間は給食がないので、ママは毎日のお昼ご飯やら、お出かけやら、夏休みの宿題 絵文字:鉛筆やらと、実は普段の日よりもずっと忙しかったりします絵文字:ふらふら絵文字:あせあせ 


子供が低学年だと、結構時間がかかって悩む宿題が、自由研究。そこで、ぜひ親子で楽しめるアイディア絵文字:ひらめき をひとつご紹介します。


夏休みのお昼ご飯には丼物や麺類などの一品料理が大活躍しますが、一品物の定番のひとつ、 「焼きそば」を使って実験をしてみましょう。

<用意する物>
かんすい入りの中華蒸し麺、紫キャベツ、レモン、水またはお湯


 絵文字:1 紫キャベツをざくざく細切りにする。
 絵文字:2 フライパンに水またはお湯を入れて沸騰させ、紫キャベツを加える。
 絵文字:3 お湯に紫色が十分溶け出したら、麺を加える。混ぜているうちに緑色に!
⇒ここでソースを加えると、もとの色に戻ります。
  緑色の麺にレモンをふりかけると、今度は「ピンク色」になるよ絵文字:!

絵文字:ピカピカ
緑色の焼きそば絵文字:ピカピカ
画像

なんだか楽しそうでしょう?絵文字:笑顔
これは、食品の酸性とアルカリ性と性質を利用した実験です
紫キャベツの紫色は、ブルーベリーなどにも含まれる「アントシアニン」と言う色素
中性のときは紫色ですが、酸性が強くなると赤色に、逆にアルカリ性が強くなると青色になる性質があります。
麺に含まれる「かんすい」はアルカリ性物質と組み合わせることで、様々な色の変化を目で確かめることができる、
というわけです。


絵文字:ひらめきちなみに、かんすいが水に溶け出した麺にカレー粉を加えると、麺が赤くなるんです!これもカレー粉の黄色が酸性アルカリ性にとって変色するためです。


実はこれ、10年以上前にとあるテレビ番組に出演させて頂いたときに、麺が赤くなることを知らずにカレー風味焼きそばを生放送で作っていて、麺の色がどんどん変わってきて、麺は赤いが私の顔は真っ青に 絵文字:げっそり絵文字:! というハプニングがあり…。
その経験から、焼きそばでの変色実験を知ったのでした。今では楽しい思い出です絵文字:冷や汗


さて今回は、しょうゆ味の「しょうゆ焼きそば」をご紹介します。すっきりしていて香ばしい風味は、ソース味とは全然違うおいしさが楽しめます。焼きそばのバリエーションも広がるので、ぜひオススメです。お試し下さいね。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でしょうゆ焼きそばのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

いよいよ、夏本番ですね絵文字:リゾート
毎年、この時期になると家庭菜園をしている父や祖父母からたくさんのモロヘイヤを頂きます。
祖父母曰く「どんどん、どんどん伸びてくる」らしく、とても生命力の強い野菜であることがうかがえます。

絵文字:本古代エジプトの王が重病に陥った際、モロヘイヤのスープを飲んだら治ったと言う伝説があるそうです。かのクレオパトラも好んで食べていたとも言われていますね。
そんな話からモロヘイヤは王様の野菜絵文字:王冠という意味があるそうです。

そこで今回のブログは、旬の夏野菜モロヘイヤについてご紹介します。

画像
 
絵文字:鉛筆 『モロヘイヤ』には、ビタミンA・B1・B2・C・カリウム・カルシウム・鉄分が豊富に含まれています。

「モロヘイヤを初めて料理するとき、どこの部分が食べられるの・・・?」
「どうやって料理すればおいしく食べられるの・・・?」
と疑問に思う方も多いようです。

絵文字:ひらめきモロヘイヤは、太い茎から枝分かれしている部分をポキッと折って、細い茎と葉の部分を食べます。苦味が少ないので、塩ゆでしておひたしにしたり、スープの具材したりするなど、ホウレンソウや小松菜など他の青菜と同じような食べ方ができます。

絵文字:クリップモロヘイヤの保存方法は、短期間であれば葉だけを選んで密封容器やファスナー付きの保存袋に入れ、冷蔵庫で保存できます。長期間保存する際には、さっとゆでたあと、使う分だけ小分けしてラップに包み、冷凍庫で保存しましょう。

それでは、本日のレシピをご紹介します。
もちろん、モロヘイヤを使った料理で モロヘイヤのうなとろろ丼をご紹介します。
スタミナ食材を使ってますので、夏バテ解消効果が期待できる一品です。
土用の丑(2014年は7月29日)にいかがでしょうか?
今年の夏も元気に乗り切りましょう絵文字:あっかんべー



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でモロヘイヤのうなとろろ丼のレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは!
韓国料理研究家の本田朋美です。


韓国では7月中旬から夏本番絵文字:晴れ
湿気が少ないのでカラッとした暑さです。
今日は夏にオススメの韓国グルメをご紹介致します絵文字:笑顔


画像

以前にもブログでお伝えしましたが、韓国にも「以熱治熱(イヨルチヨル)」と言って、熱い物を食べて熱さを治めるという考え方があります。


そこで登場するのがサムゲタン
7月中旬から8月中旬にかけて、暑気払いに滋養食を食べると言う「伏日(ポムナル)」が3日間あり、この日はアツアツのサムゲタンを食べて、夏バテを予防します。
サムゲタンはヒナの丸鶏のお腹に、高麗人参、ナツメ、ニンニク、もち米などが詰めてありますが、これらが体の調子を整え、スタミナアップ絵文字:上向き矢印に働きかけます。


冷たい物ですと、デザートのパッピンス(かき氷)
かき氷の上に、あずき、餅、フルーツ、アイスなどがトッピングされています絵文字:さくらんぼ


そして冷麺
本来は暖かいオンドル部屋(床暖房の部屋)で頂く冬の料理ですが、やはり夏になるとお店で飛ぶように売れます。
冷麺には、スープのある水冷麺と、お酢を加えたコチュジャンベースのたれがかかったビビン冷麺(スープ無しの混ぜ冷麺のこと)の二種類があります。


水冷麺は牛ベースのだしに水キムチの汁を合わせたスープで、すっきりとした味わいが人気です。韓国では、ビビン冷麺の方が好まれているようです。


絵文字:どんぶり 冷麺の他にも冷たい麺料理がいくつかあります。


豆乳麺(コングクス):豆乳ベースのスープに素麺を入れた物。お好みで、白菜キムチを加えます。


水キムチ麺(トンチミククス):水キムチをスープにした素麺。たくさん水キムチを作っておけば、素麺をゆでるだけでさっと食べられます。


酢鶏湯(チョゲタン):鶏で取っただしにお酢を加えた、酢鶏湯という冷たいスープがベースになっています。使用する麺は、冷麺用の麺でも、素麺でも、お好みで絵文字:ウインク


キムチスープ麺(キムチマリグクス):白菜キムチを浸けたときに出る汁と牛肉ベースのダシを合わせたスープに、素麺を入れています。麺の代わりに冷やご飯を加えてもいいですね


また、韓国にも「そば料理」があります。
そこで本日は「ビビンマッククス」と言う「辛味そば」をご紹介します。
本来はスライスした牛肉のかたまりが具になりますが、手軽に作れるようにしゃぶしゃぶ用の牛肉を使いました。野菜たっぷりなので、辛味がやわらいでおいしく頂けますよ絵文字:うまい! 



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で辛味そば(ビビンマッククス)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
料理家のひろろこと竹内ひろみです。


以前、 「テーブルコーディネイト絵文字:チューリップを習ったことがあるのですが、食卓に少し手をかけるだけで、テーブルが華やかになり、食事をするのがなんだか楽しくなりそう絵文字:複数ハートと思ったことがあります。


でも、忙しい日常でテーブルセッティングをし、きちんとコーディネイトして食卓を演出するとなると、なかなかハードルが高くなってしまいますよね 絵文字:落胆
そんなとき、ちょっと食器を変えて、小物を変えるだけで、食卓が豊かになるんです 絵文字:ムード

画像

先日、朝食のとき、パンに添えるジャムやバター、クリームチーズ、豆のディップなどを小さめのカップに入れ、ミニスプーンを添えてカゴに入れて出したところ・・・。
子供たちから、「なんかこういうのいいよね 絵文字:笑顔絵文字:笑顔」と嬉しい一言がありました絵文字:ピカピカ
バターやジャムを容器ごと食卓に並べるのでなく、器に入れ替えるだけでもオリジナリティが味わえますね。


私は、テーブルをコーディネイトするときは、 「季節感」を出すように心がけています。 
食器類は夏場であれば透明感のある物、冬場であればほっこりと温かみのある色合いの物を選ぶなど、季節に応じて使い分けるようにしています。


中でも皿や器は収納場所の関係上、増やすのは限度があると思うので、箸置きやランチョンマット、コースターなど小物類を数種類揃えておくといいですね絵文字:OK


ランチョンマットは布製の物も素敵ですが、どうしても汚れるので、さっと濡れ布巾で拭き取れるビニールタイプの物をいくつか揃えています。
我が家では、ランチョンマットを並べて、箸置きやお皿をセッティングすることを子供に任せているのですが、毎回セレクトが違うので、見ていて面白いですよ 絵文字:音符

さて、本日のレシピをご紹介します。
フォーを使った夏野菜たっぷりの麺料理『フォーのそぼろがけ』です。
ぜひお試し下さい。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でフォーのそぼろがけのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。