料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2014年9月の記事

こんにちは!
料理家の ひろろ こと 竹内ひろみです。


先日、子供から「なんで小松菜をゆでるときは、沸騰した湯に塩を入れるの?」と質問がありました。
普段、何気なくやっている調理ですが、なんでそうするのか?」と立ち止まって考えることってとても大切ですよね。
考えずにただ、言われた通りやっているだけでは、料理を覚えるのに時間がかかりますし、同じ失敗を繰り返してしまう原因にもなります。


何故?の答えは科学的に説明できるものが多く、「調理」「科学」は本当に結びつきが強いなと実感することが多いです。

画像


先程の質問にもあった緑の野菜をゆでるときに塩を加えるのは、グリーンの色をきれいに保つためなんですね絵文字:クローバー
これは野菜の色素であるクロロフィルが食塩の成分であるナトリウムイオンと部分的に置き換えられるからです。

絵文字:危険・警告 塩を加えると同時に沸騰した湯で短時間にゆでますが、これは長時間加熱すると色があせて、グリーンの色が悪くなってしまうからなのです。


また、緑の野菜に酢を加えてしまうと色が悪くなってしまいますが、レンコンやゴボウなどは酢水に浸けると色を保つことができます。 これは野菜に含まれるフラボノイドという色素が酸性で無色に、アルカリ性では褐色になると言う性質を利用した物です。


以前、子供と一緒にさやいんげんをゆがいたとき、塩を入れる手順を説明してゆがいてもらったら、それ以降、こちらから何も指示をしないのに沸騰した湯に塩を加えてゆがいていました。
何も分からず手を動かすのではなく、調理の意味を理解して料理すると身にも付きやすいですし、失敗する回数も少なくなるんですね絵文字:笑顔

さて、本日は『高野豆腐の竜田揚げ』をご紹介します。
高野豆腐も戻し方次第で、硬さが違ってきますね。
熱湯だけで戻すと煮崩れしてしまいますが、塩分をプラスすると煮崩れを防ぐことができます。
これは高野豆腐に含まれている膨軟剤が塩分に反応して軟らかさが変化するのですが、今回のレシピでは膨軟剤が入っていない素材を使用してみました。
ぜひ、レシピの方をチェックしてみて下さい。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で高野豆腐の竜田揚げのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは、料理家の野上優佳子です。

まだ夏の名残が感じられる暑い日絵文字:晴れ がありますが、つい先日、「やーきいも〜」とおおらかに響く石焼き芋屋さんの声を聞いてビックリ絵文字:ドン 
暦は9月・・・秋ですね・・・絵文字:もみじ


そんな石焼芋で使われる『サツマイモ』は1年中見かける常備野菜ですが、もちろん旬があり、その種類も様々です。

画像

品種によって時期は多少ずれますが、 「紅あずま」 「鳴門金時」などの人気品種の初物は9月頃から、ねっとりした食感と甘みが人気の「安納芋」10月頃から出回ります。
日本ではもともと「甘藷」(かんしょ)」と呼ばれ、戦国時代にはすでに沖縄や九州地方に上陸し、西日本を中心に栽培が拡大。その伝来経路から現在の「薩摩芋=サツマイモ」が定着したようです。


絵文字:本サツマイモがメジャーな作物となったのは、実は時代劇のモチーフで人気の「大岡越前」と呼ばれる江戸南町奉行・大岡忠相(おおか ただすけ)と深いかかわりがあります。
西日本では凶作対策の備荒作物としてすでに奨励されていた甘藷。
儒学者・青木昆陽
(あおき こんよう)はこれに着目して『甘藷記』 と言う農業資料をまとめていました。
この書物を忠相が当時の8代将軍・徳川吉宗に献呈したことから、江戸でも甘藷の試植が始まり、さらに書物が刊行されて世間にも広く知れ渡ることになった、というわけです。

サツマイモは、すぐに人気野菜の仲間入りをしたようで、江戸時代の屋台の天ぷら屋では、サツマイモ天は定番メニューのひとつになっています。

さらに明治維新の頃、大久保利通が内務卿時代に各地の篤農家にサツマイモの栽培方法を広め、さらに栽培地域も拡大。
こうしてサツマイモは全国区となったのです。
しかし、こうして見ると東日本では、意外と歴史の浅い野菜なんですね。


さて今回は、このサツマイモをサラダにしました。彩りも鮮やかなデリ風にアレンジ絵文字:ピカピカ
いつもと違うさっぱりしたおいしさを楽しんで頂けるはずです。
『サツマイモとクルミのサラダ』をぜひお試し下さいね!



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でサツマイモとクルミのサラダのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。


少しずつ日が短くなり、秋の訪れを感じますね絵文字:ほっとした顔
近年は残暑が厳しく、私の住む大阪では10月の初旬まで気温の高い日があります。
今の時期は、ホッとして夏の疲れが出やすくなります。

そこで今回は、『夏の疲れを取る栄養素の組み合わせ』についてご紹介します。

絵文字:鉛筆まず、夏の疲労(夏バテ)の主な原因です。

絵文字:1冷たい物を食べ過ぎ、食欲低下などによる食生活の乱れ
絵文字:2 外気と冷房が効いた室内との温度差による自律神経の乱れ
絵文字:3 紫外線による活性酸素の影響
絵文字:4 熱帯夜などによる睡眠不足
絵文字:5 上記1〜4の体調不良や休暇中の生活リズムの乱れからくるストレス


絵文字:鉛筆次に、夏バテを解消する栄養素の組み合わせです。

絵文字:1
糖質の代謝を助ける「ビタミンB1」とビタミンB1の吸収を助ける働きのある「アリシン」の組み合わせ

[例] 豚肉(ビタミンB1)+ニンニクやタマネギ(アリシン)・豆腐(ビタミンB1)+青ネギ(アリシン)
 
絵文字:2活性酸素の発生を抑制する「たんぱく質」「ビタミンA+C+E」
[例] カボチャ(ビタミンA・C・E)+鶏ひき肉のあんかけ(たんぱく質)など

その他にも、身体を温める食材(ショウガ・ニンニク・トウガラシ・シナモン)などを取り入れて身体の冷えを解消することも大切です。


絵文字:危険・警告疲労回復やダイエット、老化防止など様々な健康に関することに共通することですが、「これを食べれば必ず!」という食品はありません。
バランスが大切
です。
食事療法に即効性はありませんが『食べた物から身体は作られる』ので、日々の心がけが心身の健康につながっていくことと思います絵文字:ほっとした顔


さて、まだまだ気温が高いこの時期には、キッチンに立つ時間は短い方がありがたいものですよね。
「作りおきできるおかずの素」をまとめて作っておけばとても重宝します 絵文字:ムード


画像

今回は、消化が良く、疲労回復効果の期待ができるビタミンB1が豊富な豚ひき肉、その吸収を助けるアリシンを含むニンニクを使った肉味噌たっぷりの野菜と炒め合わせた『肉味噌キャベツ炒め』をご紹介します。
味噌とニンニクの香りが食欲を刺激し、ご飯がすすむ一品です。ぜひお試し下さい絵文字:ウインク



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で肉味噌キャベツ炒めのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは!
韓国料理研究家の本田朋美です。


昨年、著名な医学博士が取り上げたことで、『水キムチ』が注目を浴びました。
今でも美容などに良いと話題になっていますが、今回はそんな水キムチの栄養にスポットを当ててみたいと思います絵文字:ピカピカ


水キムチは、大きく分けると2種類あります。


絵文字:1丸漬けの水キムチ
主に小振りのダイコンを丸ごと漬けた物で、冬沈(トンチミ)と言います。白菜キムチとともに代表的な物で、秋の終わりになると、越冬用のトンチミを大量に漬け込みます。


昔は大きなカメにキムチを入れて、土の中に埋めていました。
低温で長期保存ができたため、翌年の春まで味わえました。現在はキムチ冷蔵庫のお陰で保存性が高まっています絵文字:左斜め上


食べるときはダイコンを一口サイズに切り、汁もたっぷり添えます。汁は辛みがなく、サイダーのような爽やかさ。冷麺のスープにも欠かせません絵文字:ウインク


画像

絵文字:2切漬けの水キムチ
白菜とダイコンを短冊状に切って漬け込んだ、ナバクキムチが代表的です。朝鮮王朝時代によく食べられていた物で、当時は漬け汁が白濁していました
唐辛子が朝鮮半島に伝来してから汁が赤く染まり、現在のナバクキムチになりました。



この2種類の水キムチは、具よりも汁を楽しむ物。そして、この汁に栄養が詰まっています。


そもそも、キムチは発酵により乳酸菌が増えますが、水キムチの乳酸菌は一般的な白菜キムチよりも倍近くの量絵文字:上向き矢印


腸に働きかけ、腸内環境を整えてくれます。
その結果、デトックス、美肌、ダイエットに効果があるんですね。


ちなみに韓国人女性の食事の量は多い方ですが、キムチや野菜の摂取が多いので、美容の面でもその恩恵を受けているように思えます。

また、食欲がないときは水キムチの汁をコップ一杯飲むだけでも、元気になります。汗をかいたときの水分や塩分補給にも良いです。


私がおすすめのアレンジレシピは「素麺入り水キムチ」です。
ゆがいた素麺を洗って水気を切り、水キムチに投入するだけ。
水キムチはたくさん作っておくと便利ですよ。


さて、本日のレシピは、『キュウリの水キムチ』です。
梨で自然な甘さを出しています。
発酵させる時間が必要ですので、残念ながらすぐに食べられませんが、味をみて程よい酸味が出てきたら、食べ頃です絵文字:指でOK


今回のレシピは、アミの塩辛のタンパク質とカルシウムなどのミネラル、野菜のビタミン、食物繊維なども一緒に摂れる優れ物です絵文字:うまい!



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でキュウリの水キムチ(オイムルキムチ)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。