料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2015年1月の記事

こんにちは、料理家の野上優佳子です。
寒さがますます身にしみてくる季節になりました絵文字:悲しい
もうすぐ節分ですね。

節分と言えば豆まき。
日本では「厄除」の意味を持っていて、『豆』が大活躍する日でもあります。

その他、おめでたいときに赤飯を炊いたり、おせちにも豆を炊いたりと、豆は古くから様々な場面でとても縁起の良い食材絵文字:クローバーとして重用されてきました。

画像

実は、日本以外にも豆を縁起食材として用いる食文化があります。

例えばイタリアのモデナという地域では、年越しに「コテキーノ」という腸詰めを乾燥させた、大ぶりのサラミソーセージを食べる習慣がありますが、ここに付け合わせとして欠かせないのが、 レンズ豆です。豆の形がコインに似ていることから、 「福を呼ぶ」「お金に困らない」と言うのだとか。年越しソバのように、深夜0時 のカウントダウンを待ちながら頂くそうです絵文字:夜


アメリカ南部では、「元旦に粗末な食事をするとその年は貧しい食事をとることになる」と言われ、お正月の食卓に欠かせないのがブラックアイドピー(黒目豆)
こちらも、形がコイン に似ていることから富を示す縁起食材となっています絵文字:ドル袋


日本では豆は甘く煮て食べることが多いですが、世界各国様々な味わい方があります。栄養価が高く食物繊維が豊富、そして保存性も高い豆、いろいろなお料理で楽しみたいですね絵文字:音楽


さて今回は、ひよこ豆を使ったレシピをご紹介します。
『ファラフェル』と言う中近東ではとてもおなじみの豆のコロッケで、ベジタリアンにも大人気。ピタパンなどに挟んで食べたりします。難しそうに見えてとても簡単に作れるので、ぜひお試し下さいね。



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でファラフェルのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!
料理家のひろろこと竹内ひろみです。


受験の季節がやってきました絵文字:メモ絵文字:鉛筆
受験は本人の努力がないと乗り越えられませんが、周囲は温かく見守りつつもサポートできることはサポートしたい絵文字:!! ですよね?


本日は、『受験生を支える大切な食の要素』についてお伝えします。


まず、大切なことは脳がエネルギー不足に陥らないようにすることです。
脳がうまく働かないと集中力や記憶力、思考力がダウンしてしまうばかりでなく、イライラしたり、気持ちが不安定になってしまいます絵文字:泣き顔


脳の栄養と言えば、ブドウ糖
糖分と聞くとチョコレートや飴などすぐにエネルギーになる物を思い浮かべますね。
これらの甘い物はすぐに脳のエネルギー源になることはなるのですが絵文字:SOON 吸収が早く、すぐに血糖値が上がるため絵文字:上向き矢印 上がりすぎた血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌され、逆に低血糖になってしまうのです絵文字:下向き矢印


一方、ご飯などの炭水化物絵文字:おにぎり は消化に時間がかかるため、徐々に血糖値があがり、脳にもおだやかに作用していきます。腹持ちもいいので集中力も持続します 。


脳のエネルギーをしっかりと補うため、炭水化物を中心とした糖質をしっかりと摂りましょう。

画像

そしてもうひとつ欠かせない栄養素がビタミンB1です。
ビタミンB1は糖質や脂質をエネルギーに代えるときに欠かせない栄養素で、ビタミンB1が不足すると、いくらブドウ糖を摂取してもエネルギー源として使えなくなってしまいます。
豚肉を始めとして、胚芽部分、ゴマ、大豆製品など日常で摂取できる食材に含まれています。


お米も白米よりも玄米、胚芽米、焼き米などにすると米本来の栄養を摂取することができるので、主食を変えてみてもいいですね絵文字:OK


絵文字:危険・警告インスタント食品など手軽に食べられる物はなるべく控えましょう。こういった食品に含まれるリンを摂りすぎると、カルシウムの吸収を阻害してしまうのです 。


おにぎりひとつを取っても、手で握った物は、購入した物とはまた違った温かみとおいしさがありますよね。
食を通してそんな温かい気持ちを伝えることも受験生を支えるひとつの方法ではないでしょうか?

さて、本日は『トマトクリームリゾット』のレシピをご紹介します。
消化も良く夜食にもおすすめです。

皆さん、受験頑張って下さいね!



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でトマトクリームリゾットのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。


韓国料理にも、食べる物は薬になると言う『薬食同源』の考えが根付いていて、それを象徴する料理があります。


甘いおこわの『薬食(ヤクシク)です。
おこわですが、食事よりもデザート感覚で頂く物です。

画像


絵文字:本歴史が非常に古い食べ物で、伝説にも登場します。
新羅時代の488年、第21代の王の命が狙われる事件が起こり、王様が鳥、ネズミ、豚に救われました絵文字:王冠 そこで、正月の最初に迎える亥、子、午日は厳かに過ごし、さらには午日である旧暦1月15日には、黒いおこわを作って鳥に捧げたと伝えられています。

旧暦1月15日はテボルムと言います。一年で最初の満月の日を祝い、その年の無病息災と豊作の願いを込めて催す行事で、韓国では重要な節日です。


そして、現在でもテボルムに作るものが「薬食」です。または、薬飯(ヤクパプ)とも言います。
新羅時代は、ご飯に鳥の好きな「なつめ」のみ入っていましたが、今ではしょうゆ・黒砂糖・栗・松の実・ゴマ油・シナモンなどが入り、漢方食材をふんだんに使った豪華な物になりました絵文字:ピカピカ

ここで、二つの漢方食材の効能をお伝えしますね。


絵文字:1なつめ
中国では「1日3粒なつめを食べると歳を取らない」ということわざがある程、老化予防に良いと言われています。
干しなつめは、鉄分、カリウム、カルシウム、食物繊維が豊富。気と血を補強するので、胃腸などの機能を調え体調を改善させてくれる上、血を増やすので貧血にも良く体に潤いを与え、さらには精神を安定させる。体を温める働きもあるので冷え性予防に良く、利尿作用によりむくみを改善する。
そんな効能から、韓国の医学では「大棗(たいそう)」と言う生薬として使用しています。


絵文字:2 シナモン
シナモンの生薬名を、桂皮(ケイヒ)と言います。
桂皮はクスノキ科トンキンニッケイや同属植物の樹皮を乾燥した物。身体を温める働きに優れています。冷え性で体力が落ちている場合、桂皮を摂取すると血液循環が良くなり、身体の機能を高めます。特に胃や下腹部に働きかけるので、食欲不振を改善し、生理痛の痛みを緩和します。


薬食は、名前の通りまさに薬になるご飯ですね 絵文字:ひらめき
もちろん本日のレシピは『薬食』 。本来は蒸し器で作りますが、炊飯器で簡単に作れる方法をお伝え致します 絵文字:笑顔



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で薬食(ヤクシク)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは。
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。


寒い日が続きますね絵文字:雪
そんな日は、鍋やすき焼きがおいしいですね絵文字:どんぶり
今回は、鍋やすき焼きの具材に必ずと言っていい程登場する『ネギ』についてご紹介したいと思います。


画像


絵文字:鉛筆『ネギ』には大きく分けて、根に近い白い部分を食べる「根深ネギ(長ネギ)葉の部分を食べる「葉ネギ」の2種類があります。
ちなみに関東では根深ネギが、関西では葉ネギが好まれていとると言われています。


『ネギ』の白い部分には、ビタミンCが多く含まれており、白い部分を食べる根深ネギのような品種は「淡色野菜」に分類されますが、葉ネギのように葉を食べる品種は緑色の部分にはビタミンAが多く含まれており、「緑黄色野菜」に分類されます。


また、ネギはニンニクやタマネギと同じアリシンが含まれていますので、疲労回復効果が期待できるビタミンB1の吸収を助けてくれます。アリシンは血行を促進し、身体を温める作用がありますので寒さが厳しい時期にはとてもありがたい食材です。


絵文字:本栄養学的には、アリシンは熱に弱いので、生で食べる方が疲労回復効果は高いのですが、アリシンは長く煮込むと甘み成分に変化する特徴があります。ネギ独特の刺激が苦手な方は煮込んで頂くのがおすすめです。


そこで、今回は煮込むことでネギの甘みを引き出した『長ネギのバター煮』をご紹介します。ネギが苦手な我が家の子供たちも、バター煮にすると喜んで食べてくれます絵文字:うれしい顔
兵庫県産の岩佐ネギや群馬県特産の下仁田ネギなど身が太くしっかりとした品種で作るのがおすすめです。
皆様も、地元特産の根深ネギを使ってぜひお試し下さいね! 



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で長ネギのバター煮のレシピをチェック!

吉田 由子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。