料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2016年7月の記事

こんにちは、料理家の野上優佳子です。
夏の暑さも本格的になり、いよいよ喉越しの良いそうめんがおいしい季節です!

私のそうめんの思い出と言えば、子どもの頃に運動会で、祖母が作ってくれた「そうめん弁当」です。
このそうめん弁当は、そうめんを一口大に丸めて笹の葉を敷いた重箱に詰めた物で、めんつゆはキンキンに冷えた物が保冷容器に詰められていました。
炎天下でのお昼に、冷たいそうめんがどれ程おいしかったことか。

多少のびてしまいますし、ツルツルっとした食感もゆで立てには敵いませんが、おろしショウガたっぷりの冷たいつゆで頂くそうめんは、格別でした。
暑くて食欲のないときでも食べやすかったことを、今でも憶えています



このそうめん弁当のポイントは、お弁当箱への詰め方です!
そうめんは、ゆでてから時間が経つとくっついて団子状になってしまうので、ゆで立てをすぐに食べないときは、一口サイズに分けておくのがおすすめですよ。

そうめんを一口大にまとめるには、以下の要領で簡単にできます。

sadゆでて水で冷やしたそうめんをしっかり水切りする。

winkひょいと一口分の量を片手(利き手ではない方:写真では下方の左手)でつまむ。


laugh利き手(写真では右手)の人差し指と中指にくるりと巻く。

 


こうしておけば、めんつゆに入れたときにほぐれやすく、食べやすいです。
ひとつずつ小分けになっているので、お弁当にも詰めやすく一挙両得 enlightened
おばあちゃんの知恵って、やっぱり素晴らしい

我が家では祖母から受け継いだそうめん弁当を、今でもたびたび作ります
食欲の落ちる夏のお弁当に、そうめん弁当はおすすめです


ちなみに、一口にそうめんと言っても、実に様々な種類がありますbroken heart
例えば富山の大門素麺(おおかどそうめん)は、現在わずか13軒の生産者のみで作られていて、麺がくるりと巻かれた丸まげ状で、しっかりしたコシの強さがあります。

熊本の南関素麺は、かつては参勤交代の折に藩主が将軍家に献上していたそうで、現在は9軒の生産者がその味と技術を守り続けています。

この他、宮城の白石温麺(しろいしうーめん)徳島の半田そうめん愛媛の五色そうめんなど、全国各地にそれぞれの個性を持ったそうめんがあります。
食べ比べしてみるのも楽しそうですね
お弁当や食べ比べで、夏のそうめんメニューを楽しんで下さいyes


さて今回は、そうめんのレシピ「冷やし担々そうめん」をご紹介します。
めんつゆで食べるそうめんももちろんおいしいですが、そればかりだと味に飽きてしまいますよね
そこで、そうめんにピリ辛の肉みそを加え、スパイシーな味わいに仕上げました。
ほんの少しのアレンジで、また違ったおいしさに出会えます。
ぜひお試し下さいねyes

 



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で冷やし担々そうめんのレシピをチェック!

野上 優佳子先生

こんにちは!料理家のひろろこと竹内ひろみです。

暑い夏は程良い酸味と塩気のある、さっぱりとした「ぬか漬け」がより一層おいしく感じられます

ぬか漬けは「ぬか床」という味噌のような物に野菜などを漬け込んで作られる、日本を代表する漬物のひとつです。
ダイコンやナスの漬物などで、皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか

このぬか床に欠かせないのが、玄米を精米する際に出る「米ぬか」です。

米ぬかは夏に補いたい栄養素が豊富なため、この時期にピッタリの食材なのです
また、米ぬかには、ぬか床にする以外にもたくさんの使用用途があり、活用しなくてはもったいない注目の食材でもあります。

そこで今回は、米ぬかについてご紹介しますenlightened

 


米ぬかとは玄米を精白(せいはく)するときに出る、果皮や表皮、胚芽のことです。
玄米にはビタミンB1をはじめとしたビタミン類や食物繊維、ミネラル類などの栄養素が含まれていますが、これらの多くが表皮、胚芽……つまり米ぬかに含まれているのです。

しかしこのように栄養価が高いと言われる米ぬかには独特の風味があり、そのままだとあまりおいしくはありません
そのため、一般的にはそれらを取り除いて食べやすい状態(精白)にし、私たちはお米を食べているのです。

ですが、食事に米ぬかを取り入れることで、玄米を常食しなくても、一物全体食(いちぶつぜんたいしょく/野菜の皮や、精白しない穀物、小さい魚を丸ごとなど、食材を丸ごと使用すること、頂ける部分はすべて頂くこと)になるので、手軽にビタミン類や食物繊維、ミネラル類などの栄養を摂ることができます。
実は米ぬかはちゃんと処理をすれば、おいしく頂ける食材なのですよ


●お料理への活用方法
香ばしい香りがするまで5〜8分程度、軽く乾煎りしてから調理するのがおすすめです。
この一手間をするだけで特有のにおいがなくなり、使いやすくなります
また乾煎りした物は、密閉容器に入れて冷蔵庫保存で1週間ぐらい日持ちしますよ

クッキーを作るときに入れてみたり、細かくしたナッツ類に合わせてサラダに振りかけたり、パン粉に混ぜたりと、少し加えると風味、甘みがプラスされ、おいしさがアップします
加えすぎてしまうと米ぬかの味が強調されてしまうので、隠し味程度に加えることがポイントですenlightened


●美容用品としての活用方法
ぬか漬けをしている方は分かるかと思いますが、ぬか床を毎日かき混ぜているとなんとなく手がすべすべしてきます。
これは米ぬかに含まれるビタミンB群が肌の調子を整え、鉄分が代謝を促し、カルシウムが肌の抵抗力をアップさせる働きがあるとされているためです。
その効果に着目し、米ぬかを利用した基礎化粧品が登場しています。

米ぬかを美容用品として使う場合は、米ぬかに小麦粉と水を混ぜてぬかパックにしたり、布で包んで水でぬらして石鹸代わりにし洗顔したりが一般的です。
肌が弱い方には刺激が強い場合があるので、必ず顔に浸ける前に手や足で試してから使用して下さい


●お掃除用品としての活用法
米ぬかには油脂分が含まれているので、食器を洗うときに使うと、油汚れをきれいに落とすことができますbroken heart
また米ぬかを布袋に入れ、ワックス代わりに木製の床や板の間を磨けば、ツルツルピカピカにもなりますよ

消臭効果もあるので、袋に詰めて冷蔵庫や靴箱に入れておくのも良いでしょうyes


この他にも米ぬかにはいろいろと使用用途がありますので、ぜひぜひ活用してみて下さい。 

ちなみに使用する米ぬかですが、農薬がたまりやすいのがぬかの部分なので、購入されるのであれば、無農薬の米ぬかがおすすめです。

我が家は玄米を購入し、用途に合わせて精米して使っているので、精米ごとに米ぬかかが出るため、いろいろなことに活用しています

家で米ぬかが出ないといった場合は、インターネットやお米屋さんなどで手に入れることが可能です。
ぜひ皆さんも、米ぬかを活用してみて下さいね


それでは今回は、栄養たっぷりの米ぬかをクラスト生地に使った、「ぬかクラストのチーズケーキ」をご紹介します。

米ぬかをクラスト生地に混ぜることで、栄養価もコクもアップしたチーズケーキは、濃厚でもったりとした味わいに
大人から子どもまでおいしく頂けるチーズケーキですので、ぜひお試し下さい。

 

 



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でぬかクラストのチーズケーキのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

韓国では生まれたときから天に召すときまで、「もち」が振る舞われる機会が多く、生活に欠かせない食べ物のひとつになっていますyes

その歴史は古く、部族国家時代(紀元前1世紀から紀元2世紀ごろ)にはすでに、もちが存在していたと言われています。
その理由に部族国家時代の遺跡から、甑(こしき)という米などを蒸すための土器が発見されていますheart

当時のもちは米、アワ、大豆、麦、キビなどからできており、天を祭る儀式のために使われました。
そのいくつかは今日(こんにち)まで継承されており、現代でも様々な儀式にもちが使用されています。

さらに三国時代(紀元4世紀から7世紀ごろ)には稲作が盛んになったことで、もちも発達していきます。
「三国史記」には年末にもちを作る風習があったという記述が残っており、さらに「三国遺事(さんごくいじ)」という史書にはもちが供物として使用されたという記述も残されています。

ときは流れ、現代では供物て使用するだけではなく、日常生活でもおやつや朝夕晩の食事などで、もちを食べるようになりました。


今でも韓国では、人生の節目や節日(せつにち)に必ず用意されるもちがあります。
今回はそのいくつかをご紹介します


【生後100日記念・ペクソルギ】
医療が発達しておらず生後100日を超えることが難しかった時代に、無事に100日を迎えられた赤ちゃんをお祝いする風習がありました。
医療の発達した今でも、この100日のお祝いは受け継がれており、そのときに食べるのが「ペクソルギ」です

ペクには「白」と「百」の意味があり、純真無垢に長生きしてほしいという思いが込められています。
ソルギは米粉で作った蒸しパンのようなもちで、米粉のもちはケーキのような形に作りやすいので、お誕生日や結婚式などのお祝いのときに、もちケーキとしてよく登場します
この米粉のもちは、歴史の中で一番古くからある物です。
 



【正月(ソルラル)・トックク】
日本と同様に、韓国でもトッククという雑煮をお正月に頂きます。
日本と異なるのは、もちがもち米ではなく米粉(うるち米の粉)からできているので伸びにくいことです。
薄い楕円形で小判のような形をしていることから、お金持ちになれるようにといった願いも込められています。

また韓国は現在でも、数(かぞ)えで年齢を数えています。
そのため、お正月はトックク(雑煮)を食べる日でもあり、必ず全員が年を重ねる日でもあるのです



【端午(タノ)・スリトック】
旧暦の5月5日にあたる端午は、太陽の光が一番強い日と考えられていたため、豊作を祈願する日でもあります。
摘んだよもぎを混ぜ込んだもちの表面に、車輪模様のような形を表面に型取ったもちが「スリトック」です。
梅雨の直前であるこの時期は、昔は病気が流行しやすかったため、厄払いの食材であるよもぎを使って災厄を祓(はら)うといった意味がありました。


【秋夕(チュソク)・ソンピョン】
秋夕は日本では中秋(ちゅうしゅう)の名月と呼ばれる日で、旧暦のお盆にあたることから、韓国ではお墓を掃除しご先祖様へ感謝する日でもありますenlightened

秋夕にはソンピョンという、米粉を練って成形した生地の中にゴマ、栗、豆などのアンを入れ、松葉を敷いた蒸し器で蒸したもちを作り、お供えをするのが昔からの習わしです。
このソンピョンは、秋の収穫に感謝する気持ちを込め、その年に穫れた早生の新米と穀物で作られます。


その他にも韓国には色々なもちや、もちにまつわる行事がありますので、またの機会にご紹介したいと思います
楽しみにしていて下さいね


さて本日のレシピは、韓国語でウォンソビョンと言う「もち入りのハチミツ水」です。
もちの中にはナツメとゆず茶のアンが入っており、爽やかな味わいのもちです。

今回は伝統的なレシピをご紹介していますが、ここに果物を入れてフルーツポンチ仕立てにしてもおいしいですよ。
夏にぴったりのデザートですのでぜひお試し下さい
 
 


 



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でもち入りハチミツ水(ウォンソビョン)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

気温が高くなってくると、調理に火を使うのは億劫になりますよね
我が家では、この時期はアルミホイルに魚やお肉、野菜を調味料と共に包んで、オーブントースターで焼き上げる「ホイル焼き」が大活躍します

朝のうちに具材をアルミホイルに包んで、ホイル包みを冷蔵庫にスタンバイしておけば、あとは仕事から帰ってきたらオーブントースターへ入れて加熱するだけでOKyes
お風呂で汗を流したり、洗濯物をたたんだりと、他のことをしている間にメイン料理ができてしまうのでとても重宝しています
しかも火を使わないので、調理の最中に暑さでバテてしまう心配もありません

皆さんにもぜひこの時期のお料理にアルミホイルを活用して頂きたいと思い、今回は「食品用アルミホイルの豆知識」をご紹介します。

 


「アルミホイル(Aluminum foil/アルミ箔)」は、その名の通りアルミニウムを薄く伸ばし箔状にした物です。
一般的には厚さ0.015〜0.02mmの薄さの物が、「家庭用アルミホイル」として販売されています


アルミホイルは、より薄くするため2枚のアルミニウムを重ね、ふたつのローラーで挟んで薄く伸ばして作られます。
そのため、ローラーに接する面は硬い面に押されることによって鏡のような光沢ができ、反対のやわらかいアルミ同士が接していた面は、アルミが押し合って細かな凹凸(おうとつ)ができるため鈍い光沢面になるそうですenlightened

なんとなく光沢のある方が表のような印象がありますが、どちらかが表という訳ではなく、どちらの面を表面にしても熱伝導率などの効果は変わりません。


ちなみに、最近では「くっつかないホイル」も販売されていますよね。
このくっつかない秘密は、アルミホイルの表面にシリコン樹脂がコーティングされているためです。
魚やおもちを焼くときにとても重宝します


調理する際の注意点としては、アルミホイルは金属ですので、電子レンジでの加熱は避けた方が良いでしょう
アルミホイルは電子レンジのマイクロウェーブを反射してしまうため、火花が散ってしまい、最悪の場合は電子レンジが壊れてしまうこともあります
加熱調理の際はオーブンやオーブントースター、直火での使用がおすすめです。


また、アルミホイルは調理以外にも、キッチンの様々な場所で役立ってくれる便利なグッズです。
その例をいくつかご紹介しますenlightened

●食材を冷凍させるときに下にアルミホイルを敷くと熱伝導率が高いので、早く冷凍させることができます。

●キッチンばさみの切れ味が悪くなったときは、アルミホイルを何回か切ると切れ味が少し良くなります。

●使い終わったアルミホイルを、小さく丸めて排水溝へ入れると、アルミホイルが水に触れて化学反応を起こして金属イオンを発生させるため、雑菌の繁殖を防ぐことができます。
臭いやぬめりの予防に効果があるので、これからの季節は特に重宝しますね


上記はほんの一例に過ぎません。
使い道が色々あるアルミホイルを、ぜひ活用して下さいね

 
それでは今回はアルミホイルを活用して、ちょっとおしゃれな「サケのオレンジ風味ホイル焼き」をご紹介します。
加熱をオーブントースターにお任せできる、暑い季節にありがたいレシピです。
ぜひお試し下さい
 


 



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でサケのオレンジ風味ホイル焼きのレシピをチェック!

吉田 由子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。