料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2017年6月の記事

こんにちは!料理家のひろろこと竹内ひろみです。

料理のおいしさは、味や香りだけでなく、見た目にも左右されますenlightened
おいしい料理を、より一層おいしそうに盛り付けるには、使用する器も重要ではないでしょうか

いろいろなお皿を持っているけれど、普段使う食器はいつも同じ物という方、結構多いのでは
かく言う私も、よく使う食器はだいたい決まっていて、「今日はこれを使おう!」と決めない限り、いつも同じ食器を使っているような気がします

しかし裏を返せば、よく使う食器とは、使いやすくて様々な料理を盛り付けても違和感がない食器ということではないかと私は思います。

料理を盛り付けたとき、なんだか違うな??と感じたら、それは盛り付ける器が合っていないのかも知れません。
お料理と食器がマッチしていると、見た目のおいしさがワンランクアップしますよ

それでは、持っていると多岐に使えて便利な食器をいくつかご紹介します
 

sad木製の長方形のお皿
ワンプレートでお料理を出すときに、とっても便利です
サラダなどの野菜や卵料理、パンなどを一皿に盛り合わせます。
見た目がカフェ風になり、片付けも一皿で済むため、時間がない朝ごはんや、手軽に済ませたいランチにおすすめですよ

winkちょっと深めの楕円形の器
カレーライスのようにスープ(汁物)+ご飯の料理を盛り付けるのに最適です
まだ子供が小さい頃は、一汁三菜の和食スタイルのご飯を出すより、具沢山のスープ+ご飯の方がたくさん食べてくれたので、我が家では登場頻度が高い器でした。
その他、パスタやサラダを盛り付けるのにも重宝します

laugh仕切りの付いた長皿
仕切りごとにおかずを数種類盛り付けられるので、おもてなし料理の前菜などにぴったりです
仕切りの数は3つ位の物が使い勝手が良く、気に入って使っています

また、木や石などの素材でできたボード状のプレートもあると、少し雰囲気を変えたいときに良いです。
あれこれ試して、お料理のおいしさの演出に役立てて下さいね!

さて今回は、「具沢山の生春巻き」のレシピをご紹介します。
そろそろ気温が高くなり、涼感のある食べ物が恋しくなる季節ですね
生春巻きは、見た目が涼やかでこの季節にぴったり
少しだけ盛り付けも工夫して、ワンランクアップのおいしさをぜひお試し下さいyes
 

 


レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で具沢山の生春巻きのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

韓国の方は流行に敏感で、話題になるとたくさんの人が一気に飛び付き、冷めるのも早く、あっと言う間に流行が終わってしまいます

早いサイクルで流行が入れ替わることの多い中、昨年沸いた抹茶ブームは、今年もまだ続いています。
韓国語で抹茶は「マルチャ」と言い、別名の「カルチャ」と言うと、「粉茶」という意味になります。

抹茶の原料である緑茶を飲む文化は、日本と韓国双方に存在します。
両国ともに中国から伝来し、自国の土地に茶の種を植えて栽培が始まりました
とても珍重され、当初は貴族階級しか口にできなかったことも共通しています。

日本は茶葉の栽培に環境が適していたため、喫茶文化が広がります。
戦国時代に千利休によって茶道が創始され、豪商や武士の間で茶会が開催。
明治時代になって、武士の末裔たちが茶園を手放したことで、農民が茶園を受け継ぎ、庶民でも良質なお茶が飲めるようになりました

一方の韓国は、約600年前の高麗時代まで僧侶や貴族を中心に緑茶文化が発達しましたが、朝鮮時代に入ると仏教に代わって儒教が台頭し、酒を楽しむ食文化が広まりました
その結果、仏教と結び付きが強い緑茶は、一部の僧侶と貴族を除いて衰退し、その他のお茶がよく飲まれるようになりましたenlightened

ちなみに韓国にも茶道はありますが、日本よりもカジュアルな感じです。

また、韓国の土壌は南部地方を除いて茶葉の栽培には不向きで、全体的に生産量が少ないです。
それだけに韓国の抹茶は、日本よりも特別感があるのかも知れません。
 

韓国の抹茶ブームは、先日、現地のスーパーでも目の当たりにしましたbroken heart
私は韓国へ旅行した際には、スーパーマーケット巡りをするのが恒例となっています。
お菓子売り場に行くと、一面緑色に染まっているコーナーがありました。
菓子メーカー各社が、こぞって抹茶を使ったお菓子を販売しているようで、カステラ、チョコパイ、クッキー、もち菓子、ブラウニーなど種類もたくさんyes
私もいくつか買ったのですが、私がほとんど味見しないうちに家族に食べられてしまいました

その他、日本にも出店している韓国かき氷店のソルビンでは、リアルグリーンティーとグリーンティー チョコという2種類の抹茶を使用したかき氷が販売され、昨年から話題になっています。

私も話題のリアルグリーンティーを食べてみましたよ
とても細かいパウダー状の氷に、抹茶がかかっており、その上にあんこ入りのもちが散りばめられ、抹茶のアイスクリームが2個乗っていました。
別添えで抹茶ソースがあり、お好みでかけて頂きます

どこまでも抹茶づくしで味に飽きるかと思いきや、抹茶のさわやかな苦味で甘過ぎず、おもちがアクセントになってとてもおいしかったです
お腹がいっぱいでなければ、ぺろりと完食できるスイーツでした

日本にあるソルビンでは、春の限定メニューとして抹茶のかき氷が食べられたようです。
韓国へ行く機会がありましたら、抹茶のかき氷を試してみて下さい!本当におすすめです
抹茶の次は何がブームになるでしょうか?
私も楽しみながら、韓国の流行に注目したいと思います

さて、本日のレシピは「抹茶団子(ノクチャタンジャ)」です。
日本にも、抹茶味のお菓子はたくさんありますよね。
手軽に作れるお団子をおやつに、ほっと一息ついてはいかがでしょう
市販のあんを使って、簡単に作れるようにしました。
ぜひお試し下さい。
 


レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で抹茶団子(ノクチャタンジャ)のレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは!
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

雨の日が続き、カビの発生や食品の腐敗に気を付けたいこの季節enlightened
細菌による食中毒被害は、湿度が高くなる梅雨の時季に特に多くなると言われています
そこで今回は、正しく理解しておきたい「消費期限」と「賞味期限」についてご紹介します。

スーパーなどで売られているほとんどの加工食品には、「消費期限」または「賞味期限」が表示されています。
この2つの違いをご存知でしょうか?
 

一般的に、品質が急速に劣化する食品には「消費期限」を、それ以外の比較的品質が劣化しにくい食品には「賞味期限」を表示することとなっています。

消費期限は、品質が急速に劣化する食品の、安全性を欠くこととなる恐れがない期限が設定されています。
お弁当、調理パン、お惣菜、生菓子類、食肉、生めん類などです
表示された期限を過ぎたら、食べないようにしましょう。

賞味期限は、比較的品質が劣化しにくい食品の、おいしく食べることができる期限が設定されています。
スナック菓子、即席めん類、缶詰、牛乳、乳製品などです。
賞味期限を過ぎても、すぐに食べられなくなる訳ではなく、色やにおい、味などから消費者が個別に判断する必要があります

ただしどちらの期限も、袋や容器を開けない状態で、パッケージの記載通りに保存していた場合の安全やおいしさを約束した物です。
一度開封した食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。


ここまで読んでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、実は消費期限、賞味期限のどちらも表示がない加工食品もあります。
食品衛生法の基準によると、品質の劣化が極めて少ない一部製品については、「賞味期限」表示の省略ができ、アイスクリームお酒などがこれに当たります

消費期限や賞味期限は、加工食品の情報を正確に把握している製造業者が、様々なテストを実施し、独自に設定を行なっています。
具体的には、細菌の増殖を調べる「微生物試験」、味や香り、食感などを人が調べる「官能検査」などを行ない、科学的・合理的根拠をもとに設定した期限に、さらに「安全係数」をかけて算出されています。

先にお伝えした通り、その期限は定められた方法で保存した場合の安全やおいしさを約束した物ですので、購入した食品の家庭での取り扱いには、注意が必要ですbroken heart

気温・湿度ともに上昇し、細菌が増殖しやすくなる時期は特に、要冷蔵の食品を冷蔵庫に入れず長時間放置したり、食べかけの物を常温で長い時間置いてしまったり、食中毒のリスクを高めないよう気を付けて下さいねyes

また、表示された期限は未開封の状態での期限であることがほとんどなので、一度に食べきれずに取っておいた物を食べるときは、食品に異常がないかチェックすることをおすすめします

さて今回のレシピは、「梅シラスチャーハン」をご紹介します。
防腐効果の高い梅干しや大葉を使った、さっぱりとしたチャーハンです。
暑くて食欲が落ちるこれからの季節、お弁当のご飯にも活用できますよ
ぜひお試しを
 


レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で梅シラスチャーハンのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは!料理家のひろろこと竹内ひろみです。

先日のゴールデンウィーク中に、農業体験ができるキャンプ場に行ってきました
都心に住む私たち家族にとって、自然の中で畑仕事を体験することはめったにない機会。
子供たちも各々、楽しんで取り組んでいました

それぞれの野菜がどんな葉をつけ、どのように育っているのか?その野菜の旬はいつ?など、インターネットや図鑑で調べるheartことができますが、実際に体験して得た知識はより深まります。
まさに「百聞は一見に如かず」broken heart
実体験することは、本当に大切だなと感じました。
 

私たちが体験した農作業は、菜の花摘みからスタートしました。
畑一面に広がった黄色い菜の花は本当に美しく、なんだか摘んでしまうのがもったいない感じ。
この時期ならではの光景を楽しみながらの作業となりました

ちなみに、「菜の花」とはアブラナ科アブラナ属の植物に咲く黄色い花の総称で、このときは、小松菜の菜の花を摘みました。
花の部分も食べられますが、花の下に隠れている緑の葉の部分がおいしいとのこと
手で簡単にぽきっと折れるので、その部分を探して皆で時間を忘れる程収穫作業に熱中yes

農家の方から「そのままでも食べれるよ!おいしいよ!」と教えてもらい、畑の中で採れたての葉っぱ(小松菜)をむしゃむしゃ
子供たちも「おいしい!なんか甘いね〜」と、摘みながら食べていました。

野菜には本来自然の甘みがあり、生でかじるとその甘さを感じ、とてもおいしいです。
野菜嫌いの子供が多いと聞きますが、本来の味を知る機会がないからかも知れませんね
畑の中で自分が収穫した野菜をその場で頂くなんて、本当に貴重な経験です

次に体験した農作業は、白菜の苗の植え付け。
植え方のちょっとしたコツを教えてもらい、植えていきました。
土いじりって、なんだか癒されます
子供たちが土いじり(砂場遊び)を好きな理由が、分かるような気がしました

その他、ジャガイモやホウレンソウの種まき(機械を使って)なども体験させてもらい、あっと言う間に農業体験終了となりました

当たり前のことですが、野菜は苗や種を植え付けるだけでは育ちません。
このあと農家の人たちが一生懸命育てた野菜が、私たちのキッチンに届くのです。
「野菜って、こんなにたくさん、農家の人たちが一生懸命育ててるんだね」と、農業体験を終えた子供たちの感想も実感がこもっていました
食べ物への感謝の気持ちも実体験をした方が、より湧いてきますね

そして、たくさん摘んだ菜の花は、その日の晩ごはんでおいしく頂きました
菜の花ときのこ類を、オリーブオイルとニンニクでさっとソテーし、とろけるチーズをかけてフライパンのまま提供。
アツアツ野菜にとろりとチーズが絡まり、本当に美味でした!
自分たちで摘んだ野菜ということもあり、子供たちも残さず食べてくれてうれしさもひとしおの1日となりました

さて今回は、「ざっくり食べるサラダ」のレシピをご紹介します。
野菜がメインのサラダは、食べ応えに欠けて脇役になってしまいがちですよね。
野菜の他にイカやマッシュルームを入れて、食べ応えのあるサラダに仕上げました。
ドレッシングも自家製なので、作りたてのおいしさをぜひお試し下さい
 


レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でざっくり食べるサラダのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。