料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

2018年4月の記事

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

最近の韓国では、日本料理に注目が集まっていますbroken heart
昨年の日本から韓国への旅行者数が300万人に対し、訪日する韓国人はその倍の約600万人。
韓国の総人口は日本の半分以下ですから、関心の高さがうかがえますよねyes

首都ソウルの街を歩いていると、日本語の名前を掲げている商店が増え、韓国にいながら日本にいるような感覚に襲われます。

日本スタイルの居酒屋も増え、日本料理のおいしさが分かる人が間違いなく増えましたenlightened

韓国の人たちは和食を塩辛いと表現しますが、塩の使い方にそれ程の違いはありません。
食べ慣れた韓国料理と日本料理では調理法が違うので、塩味の感じ方が異なるのだと私は思います

そんな違いを乗り越えて、ここ数年韓国で流行っている日本料理をご紹介します


●寿司
韓国では数年前まで、生のマグロやサーモンはあまり食べられていませんでしたが、和食の流行により専門的に扱う店が多くなりました
日本でおなじみの回転寿司店も増え、寿司の人気も広がっています

●トンカツ
韓国のトンカツは、薄切り肉を重ねて揚げ、デミグラスソースをかけて頂く物で、日本のトンカツとは異なります
韓国の方たちは自国の物と、日本の厚切りトンカツの違いを食べ比べて楽しんでいるようです

●ラーメン
韓国でラーメンと言えば、インスタント麺。
お店でも、インスタントラーメンを調理した物がメニューにある程です。

ここ数年、韓国では日本旅行を特集したテレビ番組が多く放映され、生麺のラーメンが徐々に浸透し、インスタントではないラーメンを提供する店が増えてきました。
韓国では、しょうゆや塩味よりも豚骨スープが人気のようです

●サンドイッチ
これまでの韓国のサンドイッチは、甘いソースがかかったホットサンドが主流でしたが、日本で人気のある卵サンドが食べられるようになっています。
特に、だし巻き卵のサンドイッチが注目を浴び、カフェのメニューに入っていることもありますよ。

また、フルーツを挟んだデザートサンドイッチが、見た目の良さとおいしさで女性たちに評判となりました
近年、コーヒーショップやカフェが増えている韓国では、どの店も新しいメニューの開発に一生懸命なのだと思います

日韓の料理は、だんだんと垣根がなくなってきました

さて今回のレシピは、韓国や日本で人気の「厚焼き卵サンド」をご紹介します。
調味料には和食の定番・薄口しょうゆを使っていますが、代わりに韓国の魚醤を入れると、また違ったおいしさが味わえます。
ぜひ作ってみて下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で厚焼き卵サンドのレシピをチェック!

本田 朋美先生

こんにちは。
管理栄養士/フードコーディネーターの吉田由子です。

2月に行なわれたピョンチャン五輪で、大活躍した女子カーリングチームの「おやつタイム」が大きな話題を呼んだことは、記憶に新しいと思います

身体が資本のアスリートにとっては、食事もトレーニングの一環
運動で消費する栄養を間食で補い、パフォーマンスをアップするのが狙いです。

実は、スポーツをしない方にとっても、間食はメリットのある習慣なのですbroken heart
そこで今回は、パフォーマンスアップのための間食についてご紹介します。


「間食」で食べる物と言えば、スイーツやスナック菓子、ジュースなどをイメージする方が多いかと思います
しかし間食の本来の役割は、朝・昼・晩3回の食事で補い切れない栄養を補う「補食」です。

適切なタイミングで必要な栄養素を補えば、スポーツにおけるパフォーマンスアップ、また病気の予防や、美容に良い効果も期待できます

補食の役割を持つ間食は、以下のような人々にとって有効です。

1.激しい運動をする人
エネルギー消費量が多いスポーツキッズやアスリートにとって、間食は非常に大切です
間食を取り入れて食事回数を増やすことで、十分な栄養を確保することができます。

運動の前後で必要な栄養素は異なりますので、その点を意識して、効果的に間食を摂ると良いでしょう。

2.夕食が遅くなってしまう人
昼食と夕食の時間が空きすぎるビジネスパーソンにも、間食はおすすめですよ

お腹が空いた状態で食事をはじめると、必要以上に食べてしまいがち。また、空腹時間が長くなると、血糖値が下がりすぎ、次に摂った食事の際に、急激な血糖値上昇を招きます。

こういった食習慣は、内臓脂肪の蓄積を促進してしまうため、生活習慣病予防の観点からも、見直すべき習慣と言えます。
食べ過ぎによる体重の増加や、血糖コントロール不良を防ぐためにも、夕方に少し間食を摂ると良いでしょう。

3.健康や美容に気を付けている人
たんぱく質や食物繊維、ビタミンC、カルシウム、鉄、マグネシウムなどは、1日3回の食事をしっかり摂っていても、不足しがちな栄養素です。

これらを間食で補うことで、免疫力アップや代謝力アップにつながり、身体のコンディションが整うと考えられています。

では、実際にどのような物を食べると良いのでしょうか?
状況によって適切な間食は異なりますが、不足した栄養を補うという考え方は共通です

例えば、運動をするときは、運動に必要なエネルギー源が不足しないよう、すぐにエネルギーになる炭水化物を中心とした間食を運動前に摂るようにしましょう。
具体的には、おにぎりやバナナなどがおすすめです

昼食に外食をする人は、毎回バランスの良い食事を摂るのは難しいもの。
外食の内容に合わせて、摂れなかった栄養素を間食で補えると良いですねenlightened

例えば、「パスタとサラダのセットでたんぱく質が足りない場合は、チーズやヨーグルトの間食でたんぱく質を補給」、「ラーメンやうどんなどの一品料理で野菜が不足した場合は、フルーツでビタミンCや食物繊維を補給」などというパターンが考えられます

そして、一般的に不足しがちなビタミンCはフルーツ、カルシウムはチーズやヨーグルトなどの乳製品、食物繊維は甘栗や干し芋などを間食に取り入れてはいかがでしょうか

特に女性が不足しやすい鉄分は、ココアやプルーンなどのドライフルーツ、マグネシウムはアーモンドやクルミなどから摂ると良いでしょう。

補食の考え方を理解し、パフォーマンスアップの間食習慣を身に付けて頂ければと思いますyes

さて今回のレシピは、手軽に鉄分や食物繊維が摂れる「ドライフルーツとナッツのハチミツ漬け」をご紹介します。
チーズやプレーンヨーグルトにかけるなど、乳製品と合わせるのがおすすめです。
ぜひ、食事だけでは足りない栄養の補給に活用してみて下さいね!



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でドライフルーツとナッツのハチミツ漬けのレシピをチェック!

吉田 由子先生

こんにちは。野菜と豆腐の料理家、江戸野陽子です。

屋外でピクニックシートを広げて、お弁当を食べるシーズン到来です
子供たちやお友達、仕事場の方々など、皆でわいわい楽しいひとときを過ごすのに良い季節

私は花粉症で、目と鼻につらさがあるものの、春の陽気の中で皆と一緒に食べるお弁当は格別なので、いつもこの時期を楽しみにしています

そこで今回は、豆腐製品で見映えのする、お弁当にもぴったりな一品を紹介したいと思いますyes
それは肉厚な油揚げを照り焼きにして、ベーグルに挟んで作るサンドイッチ
以前料理教室で作ったところ、見た目も味も大好評だった一品です

ポイントは肉厚な油揚げ探しこれがすべてです。


油揚げを照り焼きにするときは、油分が少なくて、分厚い物がベスト
油分が少なければ下ゆでする必要がなく、仕上がりが水っぽくなるのを防げます。
そして厚みがある油揚げは、味をしっかり含んで食べ応えがあり、サンドイッチに向いているのです。

実は油揚げは、種類や用途によって形や油分が異なりますenlightened
例えば、うどんの上に乗せるお揚げや、いなり寿司用の油揚げは、油分が多めです。
調理するときは、しっかりと下ゆでしてから甘辛く煮含めると、フワフワでジューシーなお揚げになります。

また、京都でよく食べられているような、汁物に使う薄い油揚げだと、サンドイッチの具としてはボリュームが足りません。

今回使うのは、厚みがあって油が少なめの、「手揚げ」という名前で販売されていることが多い油揚げ。
なかなか条件が細かいですが、肉厚で油気の少ない油揚げを見つけて頂けたらと思います

「肉厚お揚げのベーグルサンド」は、油揚げをフライパンでこんがり焼いたあと、調味料を加えて照り焼きにします。

パンはベーグルやバゲットなどの、噛み応えのある物が好相性
レタスや千切りキャベツなどの葉物野菜も一緒に挟むと、満足度の高い一品になりますよ。
ぜひ作ってみて下さい



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で肉厚お揚げのベーグルサンドのレシピをチェック!

江戸野 陽子先生

こんにちは!料理家のひろろこと竹内ひろみです。

年度が替わる4月は、進学や就職など、新しいスタートの月angel
普段の生活スタイルを見直す、良い機会でもあります。

心も身体も元気な状態を保つためには、生活の中に食養生、運動養生、休養生をバランス良く取り入れることがとても大切ですenlightened

養生とは読んで字のごとく「生命を養うこと」。
すべてを変えるのは難しいかもしれませんが、自分のペースで、日常の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか


食養生で大切なことは、旬の食材をその季節に合わせた食べ方で食べること。
そして、世間で評判の健康情報に振り回されずに、自分の身体が何を求めているのか?を基準に食を選ぶことです

例えば、動物性の食品(肉・魚・卵など)を抜く食事をしている場合、やりすぎると血虚(けっきょ)という血中の栄養が不足した状態になります

手足が冷えやすい、イライラした気分が収まらないなどの症状があるときは、食事の中に少し動物性食品を取り入れましょう。
0か1かのストイックな選択ではなく、身体の状態を見ながら、試してみるのが良いと思います

運動養生で大切なことは、少しでも運動する時間を習慣付けること。
私は、夜のくつろぎタイムにヨガを実践しています。
身体は適度に動かして、ほぐしてあげた方が、疲れが取れるように思います。

日常的にジムに行く時間がなくても、家でできる簡単な運動で十分。ちょっとしたエクササイズを習慣化すると、それ程苦になりませんよ
毎日、少しずつで良いので、運動する時間を作るのがおすすめです。

休養生に関しては、眠る(身体を休める)ことが一番ですが、足湯をしたり、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったりと、身体を温めることで、疲れた身体をリフレッシュさせましょう

季節によりますが、お風呂にゆずやみかんの皮を入れて、香り風呂にするとリラックス効果が高まりますよ

お風呂上がりの水分補給には、体調に合わせたハーブティーやお茶がおすすめです
最近では、身体の症状に合わせたブレンド茶なども市販されているので、お茶を購入するときに、「お風呂上がりに飲みたいお茶」を選んでみるのも、楽しいかも知れませんね

さて今回のレシピは、「チキンと野菜のざっくり和え」をご紹介します。
グリルした鶏むね肉と、焼いたり揚げたりした旬の野菜を、合わせ調味料で和えたお惣菜。
お肉も野菜もバランス良く食べて、食養生を実践してみて下さいねyes



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でチキンと野菜のざっくり和えのレシピをチェック!

竹内 ひろみ先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。