料理家の先生がつづるお料理ブログ
料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

三年前の話になりますが、ソウル在住の知人から「ゴーヤを使った料理を教えて欲しい」と、連絡が来たことがありました。
そのとき教えたのは日本の一般家庭でもよく食べられている料理、「ゴーヤチャンプルー」

もともとゴーヤは、朝鮮半島の南部地域でも栽培されていましたが、韓国ではあまり知られていなかったそうです。
しかし三年前に放送された情報番組をきっかけに、栄養成分とその効果が注目され、韓国でも注目されるようになったということです。

韓国のスーパーでも日本の食品や調味料が売られているので、現在、韓国の家庭でも、日本でお馴染みのゴーヤチャンプルーが、家庭料理として広がっているようです。
 

韓国語ではゴーヤのことを「ヨジュ」または「ビタメロン」と呼ばれています。
「ビタメロン」という名前は、ビタミンCが豊富であることから名付けられたそうです。
そのビタミンの含有量はなんとレモンの倍以上broken heartyes

ビタミンCは加熱に弱いので栄養効果を最大限発揮するには生食が良いと言われていますが、ゴーヤのビタミンCは加熱に強いので、ゴーヤチャンプルーのような炒め物はそのゴーヤの特性を活かした料理とも言えるのですenlightened

mail何と言ってもゴーヤは、糖尿病に効果があると言われています。
ビタミンB1は糖質の代謝を高め、そして、糖質の吸収を抑える食物繊維が血糖値の上昇を防ぎ、体内の塩分を排出させるカリウムは高血圧との合併症を予防します。

ここで、韓国でのゴーヤの食べ方をご紹介します

「漬物」
薄くスライスをして、しょうゆベースの漬物に。
または、キムチに仕上げることもあります。
どちらも保存食品なので、作り置きできるので便利です。


「チヂミ」
輪切りにして小麦粉と卵液をまぶし、ピカタのように焼きます。
少し手が込んだ物は、種を取った真ん中にひき肉ダネを詰め、衣を付けて焼きます。


その他には、スライスしたゴーヤを乾燥させて、お茶として飲用します。
ゴーヤーは種に植物インスリンが含まれていて、血糖値を下げる働きがあります
毎日手軽に摂取したい場合は、お茶をお勧めしますよ

さて今回のレシピは「ゴーヤとジャガイモのチヂミ」です。


ゴーヤの苦みが気になる方は、下ごしらえのときに砂糖多めにいれると良いですよenlightened

ぜひお試し下さいね

レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でゴーヤとジャガイモのチヂミのレシピをチェック!

本田 朋美先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。