白花飯(ペクファバン)

カレンダー登録お気に入り

韓国の伝統料理を、日本の食材でアレンジ。見た目は真っ白ですが、それぞれの食材が活かされています。ポイントは、コチュジャンではなく、味噌をたれに入れること。日本人の味覚に合います!

白花飯(ペクファバン)

調理時間 45 分

約  - kcal

QRコード

材料2人分

  • ダイコン100g
  • もやし100g
  • トウガン100g
  • エリンギ2本
  • 鶏ささみ2本
  • ご飯2人分
  • 1個
  • 適量
  • えごま油適量
  • ソース・合わせ調味料・その他
  • 味噌だれ(水 100ml、韓国味噌  大さじ2、砂糖・みりん 各大さじ1/2、ニンニクのみじん切り・ゴマ油 各小さじ1/2)

キーワード:ご飯・丼  

作り方

  1. ダイコンは長さ5cmの千切りにして、塩ひとつまみをまぶして5分程置く。フライパンにえごま油小さじ2分の1を引き、水気をふき取ったダイコンを入れ、焼き色が付かないように中火で炒める。
  2. もやしはひげ根を取り除き、2分程塩ゆでをしてざるにあげる。自然に冷ましたら、えごま油小さじ2分の1を和える。
  3. トウガンは皮をむいて種を取り除き、長さ5cmの千切りにして、塩ひとつまみをまぶして5分程置く。フライパンにえごま油小さじ2分の1を引き、水気をふき取ったトウガンを入れ、焼き色が付かないように中火で炒める。
  4. エリンギは軸の白い部分のみを使い、長さ5cmの千切りにする。フライパンにえごま油小さじ2分の1を引き、焼き色が付かないように中火で炒め、塩少々で味付けする。
  5. 鶏ささみは塩ゆでし、自然に冷ましたら、手で細かく裂き、えごま油小さじ1をまぶす。
  6. 小鍋に、ゴマ油以外の味噌だれの材料を入れて強火にし、沸騰したらアクを取り除き、弱火に落として15分程煮詰める。火を止めてから、ゴマ油を加える。
  7. 器にご飯、(1)、(2)、(3)、(4)、(5)、皮をむいて千切りにした栗を盛り付け、(6)を添える。
本田先生point

韓国の食材、桔梗の根やツルニンジンがあると、より本格的に作れます。生栗の食感がアクセントになりますので、手に入るときは使って下さい。韓国味噌がない場合は、日本の味噌でOKです。

韓国料理研究家/本田 朋美

レシピ印刷用ページはこちら

お鍋に付く臭いを解消します。 ホーロー鍋をお探しならこちら