豚肉のサルティンボッカ

カレンダー登録お気に入り

サルティンボッカとは、イタリア語で「口に飛び込む」という意味。ローマで使われている仔牛肉を、豚肉に替えてアレンジしました。

豚肉のサルティンボッカ

調理時間 20 分

約   267 kcal(1人分)

QRコード

材料4人分

  • 豚ロース肉(カツ用)4枚
  • 生ハム4枚
  • スライスチーズ2枚
  • セージの葉(生)8枚
  • レモン1/2個
  • ミニトマト4個
  • セージの葉(飾り用)適量
  • 小麦粉大さじ2~3
  • バター大さじ1

キーワード:主菜  

作り方

  1. 豚ロース肉は、すりこぎなどで叩き、厚みを半分にする。
  2. スライスチーズは、2等分に切る。
    レモンは、くし形に切る。
    ミニトマトは、半分に切る。
  3. (1)に、生ハム・スライスチーズ・セージの葉をのせる。
    半分に折って形を整え、小麦粉をまぶす。
  4. フライパンにバターを熱し、(3)を入れて両面を焼く。
  5. 器に盛り、レモン・プチトマトを添え、セージの葉を飾る。
ナス子さんpoint

生ハムとスライスチーズに塩気があるので、豚肉に塩・こしょうはしないのがポイントです。

レシピ印刷用ページはこちら

フライパンのこびりつきを解消しませんか? フライパンをお探しならこちら