季節に合った旬の料理や人気メニューのレシピが検索できます。簡単レシピや動画レシピ、英語レシピも盛りだくさん。ナスラックのレシピサイトへようこそ!
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ようこそ!ゲストさん

動画一覧はこちら

このページを友達に教える
  • LINEで送る
無料会員登録で「MYレシピノート」 会員限定レシピ満載!日替わりおすすめレシピをメルマガで毎日お届け!他にもレシピカレンダー・食材底値チェックシートなど、便利な機能がいつでも使えます。
  • ナスラック おすすめキッチン
  • ナスラック ブループサイト

    • もっと素敵に/もっと楽しく ナスラック

      キッチン、バス、洗面台などの水回り商品から室内建具、鉄骨建材まで。アナタの「住まい」をトータルコーディネート!

    • 通販サイトハートマークショップ

      インテリア商品から家具・家電・雑貨・IT機器まで、良質でリーズナブルな商品でアナタの生活を豊かにするオンラインショップ


  • 東建コーポレーション 新卒採用はこちら
  • ナスラック株式会社 求人情報はこちら

  • ケータイ版QRコード
  • スマートフォン版QRコード ケータイ版・スマートフォン版「ナスラックKitchen」へのアクセスはこちら

  • 東建グループ公式YouTubeチャンネル

リンクについて
当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

お役立ち情報

料理やキッチンに関する豆知識や裏ワザなどをご紹介します。

食品のパワー

菜の花の健康パワー

菜の花は、春になると黄色い花を美しく咲かせますが、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ、体にもうれしい緑黄色野菜です。健康にまつわる話や栄養分を効果的にとる調理のコツなどを知り、菜の花をおいしくヘルシーに食べましょう。

基礎知識

菜の花の歴史

菜の花は、地中海沿岸を原産とするアブラナ科の植物で、日本へは弥生時代に中国から渡来したと言われています。
菜の花その物を食べるようになったのは、意外と遅く、明治時代以降のことです。それまでは照明用の燃料である菜種油を採るために、栽培されていたと言われています。
現在では、地球に優しいリサイクル資源として注目されています。

呼び方が変わる

私たちが食用とする菜の花は、成長過程によって呼び名が異なります。
若い茎葉が食用になるときは「青菜」、花を付けているときは「菜の花」、種子ができたときには「油菜」と呼ばれています。

おいしい菜の花の見分け方

菜の花は、早春である1~3月に旬を迎えます。
購入する際には、まだ花が咲いていない、つぼみが閉じている物を選ぶと良いでしょう。また、茎の切り口がみずみずしく、葉がピンと張っている物が新鮮です。

呼び方が変わる

健康効果

菜の花は、ベータカロテンやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、カリウム、鉄などの栄養分をバランス良く含む緑黄色野菜です。
体の免疫力を高め、風邪などの感染症を予防する他、健康や美肌にうれしい様々な効果が期待できます。

免疫力を高める

菜の花には、抗酸化作用があるベータカロテンやビタミンC、野菜の苦味成分のもととなるケンフェロールなど、様々な栄養素が含まれています。これらの栄養素には、体内の活性化酸素を除去して体の免疫力を高め、がん予防や、風邪などの感染症を予防する働きがあると言われています。
また、菜の花には辛味や香りの成分であるイソチオシアナートも含まれており、これに免疫力を高める効果があるとされています。

免疫力を高める
骨を丈夫にする

菜の花は、緑黄色野菜の中でも特に多くのカルシウムを含んでいます。カルシウムは骨や歯を丈夫にするのはもちろん、イライラや肩こり、動脈硬化の改善にも欠かせない栄養素です。

高血圧を予防する

菜の花は、体内に増えすぎたナトリウムを排泄し、血圧上昇を抑える働きがあるカリウムを多く含んでいます。
高血圧の人はもちろん、血圧上昇を予防したい人にもおすすめです。

肌を美しく保つ

菜の花には、コラーゲンの生成を助けるビタミンCがたっぷり含まれており、その含有量はホウレンソウの約4倍に匹敵します。
また、豊富に含まれるベータカロテンが、体内で肌の潤いなどをもたらすビタミンAに変わることから、みずみずしい素肌を保つ効果も期待できます。

高血圧を予防する
貧血を防ぐ

菜の花には、女性が不足しがちな鉄分が豊富に含まれており、貧血予防にも期待ができます。
ただし、菜の花に含まれる鉄分は、腸で吸収されにくい「非ヘム鉄」のため、動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に摂取するなど、吸収しやすくするよう工夫をすると良いでしょう。

目の健康

ベータカロテンは、体内で網膜に含まれるロドプシン(光の明暗を感じる色素)という色素の材料となるビタミンAに変化し、夜盲症などを防ぐ効果があると言われています。

食べ方

菜の花の豊富な栄養分を効果的に摂取するためには、組み合わせる食材や調理法をひと工夫する必要があります。

調理のポイント

菜の花に多く含まれるビタミンCや、免疫力を高める効果が期待できるイソチオシアナートは水溶性なので、ゆですぎたり、水にさらしすぎたりしないようにしましょう。

相性の良い食材
からし
代表的な菜の花料理のひとつである「からし和え」は、体にもうれしい1品です。
菜の花と同様に、からしにも辛味や香りの成分であるイソチオシアナートがたっぷり含まれています。
肉や魚
菜の花は、油で炒めたり、肉や魚の脂と一緒に調理したりすると、ベータカロテンの吸収率が高まります。
肉や魚との炒め物はもちろん、天ぷらやパスタにするのもおすすめです。
相性の良い食材
上手な保存法

買ったその日のうちに食べ切るのがベストですが、食べ切れない場合には、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙に包んでからポリ袋につぼみを上に立てて入れ、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
この方法で2~3日は持ちますが、長期間保存したい場合には、さっとゆでた物をラップに包んで冷凍すると良いでしょう。

上手な保存法
注目ワード