季節に合った旬の料理や人気メニューのレシピが検索できます。簡単レシピや動画レシピ、英語レシピも盛りだくさん。ナスラックのレシピサイトへようこそ!
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ようこそ!ゲストさん

動画一覧はこちら

このページを友達に教える
  • LINEで送る
無料会員登録で「MYレシピノート」 会員限定レシピ満載!日替わりおすすめレシピをメルマガで毎日お届け!他にもレシピカレンダー・食材底値チェックシートなど、便利な機能がいつでも使えます。
  • ナスラック おすすめキッチン
  • ナスラック ブループサイト

    • もっと素敵に/もっと楽しく ナスラック

      キッチン、バス、洗面台などの水回り商品から室内建具、鉄骨建材まで。アナタの「住まい」をトータルコーディネート!

    • 通販サイトハートマークショップ

      インテリア商品から家具・家電・雑貨・IT機器まで、良質でリーズナブルな商品でアナタの生活を豊かにするオンラインショップ


  • 東建コーポレーション 新卒採用はこちら
  • ナスラック株式会社 求人情報はこちら

  • ケータイ版QRコード
  • スマートフォン版QRコード ケータイ版・スマートフォン版「ナスラックKitchen」へのアクセスはこちら

  • 東建グループ公式YouTubeチャンネル

リンクについて
当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

お役立ち情報

料理やキッチンに関する豆知識や裏ワザなどをご紹介します。

キッチン豆知識

キッチンのリフォーム

キッチンのレイアウトや収納に困っていませんか?キッチンリフォームによくある質問にお答えします。

レイアウト

最近のキッチンは、LDK(リビングダイニングキッチン)と言われるように、リビングと一体化した作りが主流になりつつあります。リフォームの要望としても、別々だったリビングとキッチンをLDK仕様に変えたいという家も多くなりました。
主婦が明るく家事ができること、そして家族が集う空間として生まれ変わらせる、それがキッチンリフォームの一番のメリットでしょう。

レイアウト
Q1.独立型キッチンから対面式に替えたい

ただ単に壁を抜くだけでなく、壁側に付けられたキッチンを反対側に付け替えるということになるため、給排水もすべて移動しなくてはなりません。よって、費用がかかるといった覚悟も必要になります。
調理台の移動に伴い、今まで見えなかった傷みや汚れの目立つ床や壁、天井などの内装も替える必要があるでしょう。
当初の見積もりプラスアルファのゆとりを持った、予算計画を行なわなくてはいけません。

Q2.アイランドキッチンにしたい

アイランドキッチンは、最近人気となっているキッチンスタイルです。アイランドとは「島」という意味からも想像できるように、壁から離れて調理スペースやシンクが独立して配置されたキッチンです。
家族全員で食事を作ったり、お友達とホームパーティーの準備をしたりと、キッチンを中心としたオープンなスペースとして注目されています。

キッチンを重要視し、より自由な空間作りをしたいなら、既製品のシステムキッチンよりオーダーキッチンがおすすめです。
スペースや調理器具、料理スタイルに合わせて、使い勝手の良い収納や設備を配置することができます。
さらに、オープンスタイルのキッチンは、リビングの雰囲気にもつながるため、キッチン・リビングでイメージを統一し、トータルでコーディネイトしましょう。
また、小物での演出やインテリアにもこだわりたいもの。リフォーム費用の他にも、予算は多めに見積もっておいたほうが良いでしょう。

キッチン収納

つい、物が増えてごちゃごちゃしてしまいがちなキッチン。毎日使う場所だからこそ、収納はたっぷり確保したいものです。
家事効率向上の決め手は「収納」と「動線」、キッチンリフォームを行なうのであれば、使い勝手を考えた収納スペースを作るようにしましょう。

キッチン収納
Q1.収納部分がスライドタイプのキッチンに替えたい

キッチンに付いた両開きの扉は、取り出す度にかがんだり、背伸びしたりと体に負担がかかるもの。そこで最近では、引出しタイプの収納に人気が集まっています。レールが付いているので、引出すのに力もかからず、収納した物が一度に見渡せ、奥にしまった物でも楽に取り出せます。
こうなると、「システムキッチンに替えなくては?」と思われがちですが、わざわざシステムキッチンに替えなくても、収納の問題だけなら機器のみの交換でも十分に対応できます。その場合、内装工事が必要なければ、費用を安く仕上げることができます。

Q2.床下収納を付けたい

デッドスペースを活かしたキッチンの床下収納は、構造体の大梁を避ければ、どこにでも設置できますが、マンションの場合、床下に余裕がないため取り付けられない場合もあるので注意が必要です。
工事自体は設置部分のフローリングを剥がして、床補強をしてから取り付けるだけなので、LDKの床部分の張り替えとセットで行なうなら、費用は割安に収まるでしょう。
最近では、スイッチひとつで収納庫が床下から上昇し、楽な姿勢で出し入れできる電動式の商品も登場し、これからもキッチン収納を意識したセット商品が続々と出てきそうです。

注目ワード