季節に合った旬の料理や人気メニューのレシピが検索できます。簡単レシピや動画レシピ、英語レシピも盛りだくさん。ナスラックのレシピサイトへようこそ!
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ようこそ!ゲストさん

動画一覧はこちら

このページを友達に教える
  • LINEで送る
無料会員登録で「MYレシピノート」 会員限定レシピ満載!日替わりおすすめレシピをメルマガで毎日お届け!他にもレシピカレンダー・食材底値チェックシートなど、便利な機能がいつでも使えます。
  • ナスラック おすすめキッチン
  • ナスラック ブループサイト

    • もっと素敵に/もっと楽しく ナスラック

      キッチン、バス、洗面台などの水回り商品から室内建具、鉄骨建材まで。アナタの「住まい」をトータルコーディネート!

    • 通販サイトハートマークショップ

      インテリア商品から家具・家電・雑貨・IT機器まで、良質でリーズナブルな商品でアナタの生活を豊かにするオンラインショップ


  • 東建コーポレーション 新卒採用はこちら
  • ナスラック株式会社 求人情報はこちら

  • ケータイ版QRコード
  • スマートフォン版QRコード ケータイ版・スマートフォン版「ナスラックKitchen」へのアクセスはこちら

  • 東建グループ公式YouTubeチャンネル

リンクについて
当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

お役立ち情報

料理やキッチンに関する豆知識や裏ワザなどをご紹介します。

全国の郷土料理

全国の郷土料理

日本には、各地に伝わる様々な料理があります。そこには、「特産物をさらにおいしく食べたい」、「冬の厳しさを少しでも和らげたい」、「限られた食材を無駄なく食べたい」など、先人たちの見事な工夫と食に対する強い思いが詰まっています。
ここでは、昔から大切に育まれ、愛されてきた郷土料理の数々をご紹介します。

北海道・東北

ちゃんちゃん焼き
【北海道】 ちゃんちゃん焼き

浜から上がった漁師が、大きな鉄板で作ったことが始まりです。名前の由来は、ちゃん(お父さん)が作るから、または簡単にちゃんちゃんと作れるから、という2説があります。
サケの切り身と、キャベツ・タマネギ・ニンジンなどを一緒に鉄板(ホットプレート)に乗せて焼いたあと、味噌・砂糖・酒などを混ぜ合わせて作ったたれを魚に塗り、ホイルなどを被せて蒸し焼きにします。海の男たちにふさわしい豪快な料理です。

じゃっぱ汁
【青森県】 じゃっぱ汁

じゃっぱとは、「雑把」の意味です。津軽地方に伝わる正月料理の一種で、この地方でよく獲れるタラを使い、ダイコンやコンニャク・白菜・白ネギなどと一緒に大鍋で煮ます。タラは、内臓や頭はもちろん、エラや中骨など普通は捨てられる部位もすべて使います。
自家製の味噌で料理するのが特長で、タラから出るだしが格別です。体の芯から温まるので、厳しい寒さがこたえる季節には欠かせない料理となっています。

くるみ雑煮
【岩手県】 くるみ雑煮

三陸沿岸の宮古地方で、お正月や冠婚葬祭時のごちそうとして古くからなじみ深い料理です。ダイコンやニンジン・ゴボウ・豆腐・サケなどの具を入れたしょうゆ味ベースの汁に、焼いた切り餅を入れて煮込み、いくらやセリを乗せて食べます。
一方で、クルミをすって砂糖で味付けした「クルミだれ」を作っておき、焼いた餅を付けて食べます。これがこの料理の一番の醍醐味で、とてもクリーミーな味わいが楽しめます。

はらこ飯
【宮城県】 はらこ飯

亘理地方の郷土料理で、阿武隈川で獲れるサケと、はらこ(いくら)をたっぷり使ったご飯です。江戸時代には仙台藩主はもとより、将軍家にも献上されていました。
一般的には、しょうゆや日本酒・みりんなどで作ったたれでサケとはらこを適度に煮たあと、その煮汁でご飯を炊き、炊きあがったらサケとはらこをご飯に乗せてかき混ぜながら食べます。
この地方では、手軽に作れる「はらこ飯セット」がスーパーなどで販売されています。

しょっつる鍋
【秋田県】 しょっつる鍋

秋田名物のひとつで、日本海沖で獲れるハタハタを効果的に使った郷土料理です。しょっつるは「塩魚汁」と書き、ハタハタを塩漬けにして発酵させた魚醤のことを言います。
作り方は、ハタハタ(タラやカレイなどの白身魚が代用されることもあります)、白菜・シイタケ・ネギ・こんにゃくなどを入れた鍋にしょっつるを注ぎ、さらに和風だしで調えて煮込みます。しょっつるは、保存して何度も使用できるので重宝されています。

むきそば
【山形県】 むきそば

酒田地方の各家庭で親しまれている料理で、そばの実を剥いてゆでた物に、だしをかけて食べるそばです。
この地が港町として栄えた明治初期、関西地方で食されていた精進料理を地元の料亭が取り入れ、メニューに加えたことが始まりです。その後庶民の間に徐々に広まり、家庭でも食べられるようになりました。
素材を活かした上品な味わいが特長で、四季を通じて頂きますが、暑い時期に冷やした物は特に人気です。

ニシンの山椒漬け
【福島県】 ニシンの山椒漬け

会津地方は四方を山で囲まれ、昔から海の幸には縁遠い地域でした。
しかし江戸時代に入ると、北海道と本州を結ぶ廻船経路が活性化し、運送業者が会津地方で荷降ろしをするケースが増加しました。この頃から、海の幸を使った食文化が普及していきます。その代表的な料理が、身欠きニシンを使ったニシンの山椒漬けです。
鉢にニシンを入れ、しょうゆ・みりん・酢などと一緒に山椒の葉を2~3週間漬け込んだ物で、噛む程に豊かな味わいが広がります。

注目ワード