季節に合った旬の料理や人気メニューのレシピが検索できます。簡単レシピや動画レシピ、英語レシピも盛りだくさん。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

料理で英会話レッスン

英語の基本 [発音を学ぼう - 発音のポイント]

英語の基本 [発音を学ぼう - 発音のポイント]

英語の発音は日本語にはない発音が多く、発音を間違えると全く別の意味になってしまいます。
例えば「light」(光)と「right」(正しい)は、日本語ではどちらも「ライト」ですが、lとrの発音がうまくできないと相手には理解できません。また「apple」(リンゴ)と「attention」(注意)では、どちらも最初の音が日本語では「ア」ですが、正確な発音では違う音となります。
英語の発音は母音と子音で50種類以上もあり、それぞれを正確に発音するのは大変かと思われますが、それらを習得するにはいくつかのポイントがあります。ここでは主なポイントをご紹介します。

学び方

英語の発音を学ぶには、まず外国人の発音をしっかり聞いて、自分で声を出して真似てみることが一番です。テレビやラジオの英語放送を見たり聴いたりして外国人の話し方や音の出し方を観察し、同じような発音になるまで繰り返します。
自分が発音している声を録音して、聴き比べてみると違いもはっきり分かります。何度も繰り返し練習することで、発音のコツがつかめてくるはずです。さらにキッチンやコンピュータなど日常化されている身の回りの英語を正しく発音するように習慣化すれば、自然に身についてきます。

発音記号

英語には「a」でも単語によって違った発音をしますし、日本語の「ア」に当たる音がいくつもあります。この音の違いを目でわかるようにしたのが発音記号です。発音記号は、発音の仕方を一定のルールに基づいて表した記号で、発音記号を見ながら繰り返し練習すれば、基礎的な音を効果的に習得できます。

スペルとの関係

英語のスペル(つづり)と発音の関係は不規則に感じられますが、基本的なルールがあります。こうしたルールを知ることで、スペルと発音の関係を理解でき、単語の読み方もスムーズに習得できます。また、知らない単語が出てきても役に立ち、容易に発音できます。

注目ワード