高麗人参とショウガのハチミツ茶

カレンダー登録お気に入り

朝鮮時代の王様が愛した伝統茶です。ハチミツ漬けにすることで、高麗人参の苦味とショウガの辛味が和らぎます。

高麗人参とショウガのハチミツ茶

調理時間 - 分

約  - kcal

材料4人分

  • ハチミツ150g
  • 高麗人参(生)100g
  • ショウガ50g
  • アルコール(日本酒)適量
  • 熱湯適量
  • ナツメ適宜

作り方

  1. 高麗人参は良く洗って水気をふき取り、太い根とひげ根を切り分ける。太い根は幅1mmほどの薄い輪切りにし、ひげ根は長さ1〜2cmに切る。
  2. ショウガも良く洗って水気をふき取り、スプーンを使って皮をそぎ落としたら、高麗人参と同じ大きさに切りそろえる。
  3. 保存容器の内側をアルコールでふいたあと、(1)、(2)、ハチミツを入れて良く混ぜ、1週間ほど日の当たらない所で熟成させる。容器の蓋は空気が通る程度に軽くのせる。高麗人参とショウガから水分が出て、ハチミツがサラサラになる。
  4. カップに(3)を入れて熱湯をそそぎ、お好みで千切りにしたナツメを浮かべる。
本田先生point

高麗人参とショウガは薄切りにすることで、ハチミツ漬けをしたときに早くエキスが出て、お茶にしたときもそのまま食べられます。高麗人参とショウガを食べながらお茶を楽しむのも良いですよ。

韓国料理研究家/本田 朋美

レシピ印刷用ページはこちら

容器の臭いや色移りが気になりませんか? ホーロー容器をお探しならこちら