ゆず茶寿司

カレンダー登録お気に入り

残りがちなゆず茶を使った、ちらし寿司です!爽やかな甘酸っぱさがご飯に合います。

ゆず茶寿司

調理時間 40 分

約  - kcal

材料3〜4人分

  • ご飯(硬めに炊いた物)2合
  • エビ8本
  • 大葉6枚
  • 干しシイタケ2枚
  • 1個
  • イクラ50g
  • 新ショウガの甘酢漬け20g
  • 500ml
  • 料理酒大さじ1
  • サラダ油小さじ1
  • ひとつまみ
  • 少々
  • ソース・合わせ調味料・その他
  • A(酢 大さじ3、ゆず茶 大さじ2、塩 小さじ1/2)
    B(薄口しょうゆ 小さじ1、砂糖・サラダ油 各小さじ1/2)
あらかじめ準備しておくこと
(A)を混ぜ合わせておく。
(B)を混ぜ合わせておく。
干しシイタケをぬるま湯(分量外)でもどしておく。

作り方

  1. ご飯に(A)を加えて、切るように混ぜ合わせて冷ます。
  2. 新ショウガの甘酢漬けは、斜め切りにし、大葉は軸を切り取る。
  3. エビは、背わたを取ったら、殻をむき、鍋に水、塩(ひとつまみ)、料理酒を入れて強火にする。沸騰したらエビを入れて、2分ほどゆでたあとに、ザルにあげて自然に冷ます。
  4. 卵は、ボールに割って塩(少々)を加え、良く混ぜほぐす。卵焼き用のフライパンに、サラダ油を加えて弱火にし、卵液を流し入れる。片面が焼けたら、裏返して両面を焼きあげる。フライパンから取り出した薄焼き卵を冷ましたら、横半分に切り、錦糸卵にする。
  5. 戻した干しシイタケは、水気を絞って、軸を切り取り、薄切りにしたあと、(B)を揉みこんで味付けをする。フライパンを中火にし、味付けした干しシイタケを中火で炒める。
  6. 大きな器に(1)を盛り付けたあと、錦糸卵、大葉、エビ、新ショウガの甘酢漬け、イクラ、干しシイタケをのせる。
本田先生point

干しシイタケは、韓国スタイルの味付けをして炒めましたが、日本の方法で煮付けても構いません。具材はお好みの海鮮を使って下さい。

韓国料理研究家/本田 朋美

レシピ区分

ゆず茶寿司」のレシピをスマホで確認!

右のQRコードを読み取るとスマートフォンでレシピをご確認頂けます。
キッチンでレシピを見ながらお料理するときに大変便利です。

PC ゆず茶寿司
スマートフォン ゆず茶寿司

QRコードは
こちら

レシピ印刷用ページはこちら