バジル 葉菜類

バジルは芳醇な香りを持つハーブです。レモンやシナモンの香りがする物など、多くの品種がありますが、最も一般的なのはスイートバジルです。この品種は、青じそに似た甘くさわやかな香りと、かすかな刺激を含んだ味わいが特徴。なお、園芸では丈夫で育てやすいため、ハーブ栽培の入門として人気です。

収穫したバジルは、相性が良いパスタやピザにして食べるのがおすすめ。おいしそうな香りに包まれた料理を、存分に味わいましょう。

栽培カレンダー

時期の色分け:植え付けの時期追肥の時期収穫の時期
バジルの栽培カレンダー
地域の色分けについて
温暖地沖縄・九州・四国
中間地中国・近畿・中部・関東
寒冷地北陸・東北・北海道

上記の地域区分は目安としてお考え下さい。
標高や地形、年次変動によって同一地域でも気候条件が変動します。
お住まいの地域に合わせて栽培して下さい。

バジルを作るのに必要な資材
  • 苦土石灰
    苦土石灰
  • 完熟牛ふん堆肥
    完熟牛ふん堆肥
  • 化成肥料
    化成肥料
  • 黒マルチ(農業用フィルム)
    黒マルチ
    (農業用フィルム)

バジルを育てるコツ

バジルは熱帯原産のハーブで、日当たりが良い場所を好みます。気温が高くなると生育が旺盛になり、日本では夏に収穫量がグッと増えます。
また、水はけの良い土地に植えるのも健康に育てるためのポイントです。

バジルの植え付け

植え付け2週間前に、苦土石灰100~150g/㎡を土に混ぜよく耕します。

植え付け1週間前に、幅約60cm、高さ10cmの平畝を作成。畝の中央に深さ約20cmの溝を掘り、堆肥2kg/㎡、化成肥料120g/㎡を施して土に埋め戻し、溝施肥(みぞぜひ/穴や溝の底に肥料を入れる方法)を実施します。

このときに、乾燥防止のためにマルチを張りましょう。植え付け当日は、株間30cmを取って植え穴を開け、水を注ぎ、水が引いたらポリポットから苗を植え替えて、土を埋め戻します。
最後にもう一度水を与えて、作業は完了です。

バジルの管理

間引き

草丈が20cm以上になったら、主枝の先端を摘心し、わき芽の成長を促します。摘心以降はいつでも収穫できます。

追 肥

植え付け2週間後から、2週間に1回マルチの穴や株元に30g/㎡の化成肥料をまきます。

水やり

植え付け後は土の表面が乾いたら、たっぷり水やりします。乾燥しすぎると葉が固くなって食味が落ちるので注意しましょう。

除 草

雑草や枯れ葉は病害虫の温床になりやすいため、見つけたら取り除きましょう。マルチを張ると、太陽熱で消毒され雑草や害虫の繁殖を未然に防止できます。

バジルの収穫

植え付けの30~40日後を目安に、草丈が15cm~20cmになったら収穫適期です。
葉を一枚ずつ、または側枝の摘心をかねて枝先を収穫します。 葉がこすれたり、折り目が付いたりすると黒く変色して傷んでしまうので、収穫の際には優しく取り扱いましょう。

バジル

バジルの病害虫

アブラムシ

新芽や葉に集団で寄生して吸引する害虫で、ウィルス病を媒介する場合もあります。水をかけて洗い流すか発生初期に殺虫殺菌剤や殺虫剤を散布して駆除しましょう。発生前に不織布などで株を覆うことでも対策可能です。

ヨトウムシ

夜間に活動して葉を食害するヨトウムシ。葉裏に生み付けられた卵からふ化すると、群棲して葉肉部を食害します。成長すると葉を食べ尽くすようになり、被害が拡大。ふ化直後の葉裏に群棲しているときに、駆除しましょう。

栄養価

バジルは病気の予防など、様々な効果を私たちの体にもたらしてくれます。その中でも、特に注目したいのがリラックス作用とアンチエイジング作用です。
鎮静作用やアロマテラピーのようなリラックス作用があるバジルの香りは、心身の疲労や緊張を緩和するため食欲増進や消化促進といった効果が期待できます。また、バジルに含まれているβ-カロテン、ビタミンE、サポニン、テルペンなどは、抗酸化作用を持っていて、それぞれが健康や美容の維持に効果を発揮。特にβ-カロテンは、皮膚の新陳代謝を高め、肌の乾燥を抑制し、肌の老化現象を緩やかにします。バジルをたくさん食べて、若々しさを保ちましょう。

料理レシピを見る
多度農園ガーデニングブログ
東建多度カントリークラブ・名古屋にある「多度農園」では、季節の野菜を育てています。ぜひチェックしてみて下さい。