ナッツ風味のタルトタタン

カレンダー登録お気に入り

セルクル型で作るナッツ生地をかぶせて作るタルトタタン(リンゴのお菓子)。

ナッツ風味のタルトタタン

調理時間 75 分

約   171 kcal(1人分)

QRコード

材料6個分ぐらい

  • リンゴ(紅玉、フジなどお好みの物)2個
  • 薄力粉80g
  • ミックスナッツ35g
  • 砂糖(てんさい糖使用)大さじ6
  • サラダ油(なたね油など)大さじ4
  • 豆乳大さじ1
  • ひとつまみ
  • シナモンパウダー適量
あらかじめ準備しておくこと
オーブンは180℃に温めておく。
天板は焦げ防止のため2枚重ねにし、セルクル型(底のないケーキ型)の内側にオーブンシートを丸く型抜きし、敷いておく。

作り方

  1. リンゴは芯を取り除き、くし型に(小さい物で8等分)切ってから横半分にする。
  2. フライパンにサラダ油(大さじ1)をひき、(1)をソテーしたら、砂糖(大さじ5)をふりかけて全体にからめる。
  3. 蓋をして20〜25分蒸し煮にする。途中で水分が少なくなってきた場合、水(分量外:大さじ1)を加える。
  4. リンゴを煮ている間に、タルト生地を作る。
    ミックスナッツを細かくなるまでフードプロセッサーにかけ、薄力粉、砂糖(大さじ1)、塩を加えてさらにかける。
  5. (4)にサラダ油(大さじ3)を加えて全体を混ぜ、豆乳を加えて生地をまとめる。ビニール袋に入れて20〜30分程冷蔵庫で休ませる。
  6. 蒸し煮にしているリンゴを仕上げる。
    フライパンの蓋を取って少々煮詰め、全体があめ色になったらシナモンパウダーを加えて、火をとめる。
  7. (6)の粗熱を取って天板に乗せたセルクル型に入れる
  8. (5)を麺棒で5mm程度にのばし、セルクル型で丸く抜き、(7)にかぶせ、オーブンで35〜40分程焼いたら、ひっくり返してお皿に盛る。
竹内先生point

リンゴを煮ている間にタルト生地を作りましょう。天板が2枚ない場合は、天板1枚と耐熱皿の上にセルクル型を乗せます。セルクル型がない場合は、ケーキ型で作ってもOKです。

フードセラピスト(栄養士・国際中医薬膳師)/竹内 ひろみ

レシピ印刷用ページはこちら

食材が色移りしにくいオーブン対応容器。 ホーロー容器をお探しならこちら