料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

こんにちは、野菜と豆腐の料理家、江戸野陽子です。

豆腐はそのままでもおいしく、調理してもおいしいですよねyes
またメインや、サブのおかずとしても合います

それもこれも、豆腐は味が淡白で、どんな調味料や素材と合わせても、馴染む懐の深さがあるからだと思います。

豆腐は万能ですね
 
 
さて、様々な料理に使える豆腐ですが、「豆腐餅」をご存じでしょうか?

豆腐の粒が残らないくらいにつぶし、片栗粉と合わせて加熱すると、やわらかい餅のような食感になります

これを「豆腐餅」と呼ぶのですが、お手軽で安いので、いろんなところで紹介されているようです
 
豆腐と片栗粉で餅になると言われると疑いたくなりますが、作ってみてびっくり
なんとわらび餅に似た物ができあがります
 

ポイントは片栗粉

片栗粉と言えば、あんかけや汁物に、とろみを付けるときに活躍しますよね。
ご存じの方もいると思いますが、片栗粉を温かい汁に直接投入すると、粉の部分が、でろんとした透明の塊になります。

なので、片栗粉を同量の水で溶いてから少しずつ汁に投入し、焦げ付かせないように混ぜながら加熱することで、とろみになります。
これは、片栗粉のでんぷんが65℃以上になると、固まる性質があるからなのです。



 豆腐餅を作るときはこの性質を利用します

sad豆腐と片栗粉を合わせて、鍋でゆっくりと加熱しながら、焦げないように絶えず混ぜます

wink豆腐餅の生地が、だんだんとろみを超えて粘りはじめたら、火からおろして氷水に入れて冷やしましょう

laughあとはちぎって、きな粉をまぶして、頂きます
 

原材料が豆腐と片栗粉なので、もち米と比べて糖質の少ない仕上がりになります
電子レンジで作ることもできますが、やわらかさの調整がしにくいので、鍋の方をオススメします。
 

話は逸れますが、片栗粉の正体をご存じでしょうか?
実は片栗粉は「馬鈴薯(ばれいしょ)のでんぷん」で、カタクリのでんぷんではありませんheart

片栗粉は、もともと野山に自生する、「カタクリの花(ユリ科)の根」から取れるでんぷんが使われていたのです。

しかし、現在はカタクリの自生が減少したことと、安く大量に出荷されている「馬鈴薯のでんぷん」の形状・性質・用途が、片栗粉に似ているため、馬鈴薯のでんぷんが使われるようになりました。
 

今回ご紹介した「豆腐餅」は、好きな物と合わせて食べてみて下さい。
ここではきな粉をまぶしましたが、しょうゆとのりでいそべにしたり、あんを添えたり、汁物に入れてもおいしいです
 


レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で豆腐餅のレシピをチェック!

江戸野 陽子先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。