料理家の先生がつづるお料理ブログ

料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索
ナスラックKitchen 公式Youtubeチャンネル

動画一覧はこちら

*
*
*

こんにちは!韓国料理研究家の本田朋美です。

韓国ドラマで葬儀の場面を観ると、弔問客に「ユッケジャン(牛肉の辛味スープ)」が必ず振る舞われます。
 

私は参列した経験がありませんが、ユッケジャンが弔問客への料理として一般的になったのは、それほど昔のことではないそうです。

朝鮮時代のお葬式にあたる治葬(チジャン)は、学者においては1〜3ヵ月、庶民でも3〜9日間行なわれ、弔問客は喪中の家に集まって花札をしながら夜を過ごしていたので、家人は酒や肉などの夜食を提供していました

また、階級が高くなるほど葬儀の日程が長くなり、もてなす酒や肉の量が増えるため、何十頭もの牛や豚が必要になったのです

ちなみに、この時代の料理は、豚肉のスープやゆでた牛肉で、唐辛子はそれほど浸透していませんでした。


heartそもそもユッケジャンとは、どのような料理でしょう。

牛の塊肉をじっくり煮込み、手で割いたあと、長ネギ、もやし、ワラビやイモがらなどの山菜と一緒に合わせて味付けした料理です。

現代では夏の保養食として日本のうなぎ感覚で食べる物は、参鶏湯(サムゲタン)ですが、参鶏湯が浸透する前はユッケジャンでした。


ユッケジャンが葬儀場の料理として広まったのには、いくつかの説があります。

sad大きい鍋で大量に作れるので、多くの弔問客をもてなすことができる。
wink時間が経っても色や味が変わらない。
laugh牛肉は昔から高級食材だったため、弔問客に良い材料を使ってもてなす。
frownユッケジャンのスープの色が赤いため、邪気を追い払う。



韓国で赤い料理は食欲をそそるだけでなく、深い意味があるのですね。

ただ、地域によっては特産物を使った料理が葬儀場で用意されることが多いようです。


さて、本日のレシピは、牛肉と野菜からの旨みが感じられる一品、「ユッケジャン風鍋」をご紹介致しますyes

本来のユッケジャンは、ブロック肉をじっくり煮込んで作るので時間がかかりますが、今回は牛小間とコチュジャンを使って、手軽に作れるようにしました。

冬の鍋料理としてレパートリーに入れてみてはどうでしょうか?
体が温まりますよ
 


レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」でユッケジャン風鍋のレシピをチェック!

本田 朋美先生

前へ 料理ブログトップへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。