料理家の先生がつづるお料理ブログ
料理家の先生が、レシピや料理の情報について、ブログを連載!毎週更新していきます。
レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」

ナスラックKitchenの「料理ブログ」で日々のお料理を楽しく!
「料理ブログ」では、料理の専門家による料理に関する豆知識や季節の食材などをご紹介しております。
また、ナスラックKitchenには多くの料理レシピを掲載していますので、ブログと合わせてご覧下さいね!

  • 小
  • 中
  • 大
  • 東建グループ公式姉妹サイト
  • クックドア Facebook
  • クックドア Twitter
  • クックドア Instagram
  • クックドア 写真から施設検索

動画一覧はこちら

先生のご紹介本田 朋美先生

韓国料理の母と言われた故・趙重玉先生に韓国料理を学ぶ。料理教室を主宰する傍ら、企業やメディアとのコラボイベントを行ない、食品会社、韓国料理店のアドバイザーも務める。先生のレシピへ

*
*
*
  • グルコック
  • クックドア

本田 朋美先生のブログ

こんにちは!
韓国料理研究家の本田朋美です。


韓国の代表的な調味料と言えば、コチュジャンがあります。
コチュジャンは鍋、和え物、炒め物、煮物など用途が広く、とても便利ですよね絵文字:ひらめき
また、日本と同様にしょうゆ(カンジャン)、みそ(テンジャン)もあります。


市販の物が出回るようになってから、調味料を手作りする家庭は激減していますが、
地方では軒先に吊された「みそ玉(メジュ)」を見かけることがあります。

画像


メジュしょうゆ(カンジャン)みそ(テンジャン)コチュジャン3つのジャン作りに欠かせない材料なんですよ

メジュ作りの季節は立冬絵文字:雪
茹でてつぶした大豆を塊にし、藁で結わいて天日干し絵文字:晴れにします。
絵文字:雨は大敵なので、天気の悪い日は部屋の中で干します。

藁で結わく理由は、藁に含まれる枯草菌により、メジュの発酵を促進させるためです絵文字:右斜め上

数ヵ月干したメジュは、カチコチに固くなりカビが生えます。


このメジュを塩水と一緒に大きなカメに1ヵ月程入れて置いておくと、黒い上澄みがしょうゆ になり、残ったメジュの塊がみその素になるんですね。

コチュジャンの場合は、粉にしたメジュに粉唐辛子、餅米のお粥、塩水、水飴などを混ぜ合わせ、2ヵ月ほど発酵させてできあがりとなります。


時間をかけてできあがった調味料は、深い味わい絵文字:あっかんべー
特にみそは、日本と韓国で製法の違いにより、料理での使い方が異なります。


例えば、みそ汁を作る場合、日本は最後に加えますが、韓国の物は水と一緒に加えてグツグツと煮立たせます。


テンジャンは煮込む程に、コクが生まれるのです 絵文字:複数ハート

機会があったら、テンジャンでみそ汁を作ってみて下さいね。

さて、今日ご紹介するのは「手作りコチュジャン」です絵文字:うまい!
本来の作り方は時間がかかりますので、麹みそを使った手軽な方法です絵文字:砂時計


冷蔵庫で1年間は保存が可能ですので、
市販とは違ったコチュジャンを味わってみて下さい絵文字:ウインク



レシピ検索サイト「ナスラックKitchen」で手作りコチュジャンのレシピをチェック!

本田 朋美先生

前へ ブログ一覧ページへ戻る 次へ
ナスラックKitchen
料理川柳
マイレシピノート
動画でレシピチェック
料理de英会話レッスン
多度農園ガーデニングブログ
クックドア
グルコック
ナスラック
ナスラック キッチンショールーム
ハートマークショップ
お買物ブログ
マーケットピア スーパー
グッドショッピング お買物サポートブログ
調理師 専門学校検索
栄養士 専門学校検索
製菓衛生士 専門学校検索
食料品会社検索
10の公式サイト
施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

このページのトップへ

ナスラックKitchenの「料理家の先生がつづる料理ブログ」は、料理家の先生が料理(レシピ)キッチンに関するお役立ち情報をつづるブログです。
旬の食材を活かしたレシピや、食材の活用法、料理でのおもてなし作法など、料理に関する情報を発信しています。料理家の先生方の個性が織りなす多彩なブログをお楽しみ下さい。
料理好きな方だけでなく、これから料理を頑張りたい方も、ぜひ「料理家の先生がつづる料理ブログ」をご愛読下さい。